2021年に買ったスマートフォンまとめ|Pixel 6 Pro、iPhone 13 Proなど良かった機種ランキングも発表の巻

電子レンジマン(@Denshirangeman)です!

最近おもちゃ紹介が多い当ブログですが、あくまでメインコンテンツはガジェットレビュー。

今年もなんだかんだでけっこうな量のスマホを買っているということで、2021年に買ったスマホのレビューをまとめつつ良かった機種ベスト3も発表していこうかなと。

2021年に電子レンジマン氏が購入したスマホ記事一覧

早速、買ったスマホをまとめてみますか。端末名とかからレビュー記事にも飛べるぞ。

やたら古い機種を買ってた1月

調べてみたら、初っ端に買ったのがNexus 5でした。

なんかこの時期は最新機種がとくに出てなかったのもあって、古い機種を買いまくって遊ぶのが流行ってたんですね。

年始は収入が減るので(フリーランスの宿命)、新しいスマホを買いづらいというのも多分あったんだと思います。

Xperia XZ2 Premiumも買ってましたね。

クソデカくてやたら重い、カメラと指紋センサーの位置が近くて押すのを間違いやすいといった問題を抱えているけど形状が独特で面白い機種でした。

新年一発目のハイエンドスマホがXperia 5IIでした。

多分前年に色々買ってたハイスペックスマホを売った金で買ってるんだと思われます。

Xperia 5IIは、良いは良いんだけど細長い形状がコンパクトなんだかでかいんだかどっちつかずな印象はありましたね。

Sony Tablet Pも入手してました。これはもはや現代では買っても何もできないレベルで、「買った」という事実に満足した感じでした。

2012年頃にヤマダ電機でめっちゃ欲しいと思いながらトランペットを眺める少年状態になっていた日々だったので、ほぼ10年越しに手に入れられて満足でした。

1月最後に買ったハイスペックスマホがiPhone 12 Pro。

「iPhoneも飽きたわ」みたいな傾向に3年くらいあったわけですが、12Proがなかなか良くてiPhoneもやっぱり良いのでは?となり始めましたね。

まぁ11シリーズもわりと買って満足してたんですが、12 Proは新時代突入的な満足感を得られました。

2月はRedmi Note 9T

1月はわりとスマホ買ってましたが、2月はRedmi Note 9Tでした。

ソフトバンクが専売で出してきたおサイフケータイ対応Xiaomiスマホ。

あんまりしっくりこなくて、1週間くらいで手放してます。

なんつーかCPU性能以外の価格相応感が強い機種で(当たり前なんですけど)、もう一声でしたね。

3月はiPhone 8のみ購入

iPhone 8買ってたのか…(記憶なし)iPhoneって古くてもそこまで使い勝手に変化がないので、8もこの時点からさらに1年近く経った今買ってもそこそこ快適かと。

そしてUQ mobileを一回解約してドコモに乗り換えて2ヶ月で即戻ってたのが衝撃。

iPhone 13 mini格安購入しようと思ってたんだけど、露骨に短期解約してたということはダメかもしれんな。まぁダメならダメでいいけど。

4月はGalaxy S21とかS21 Ultraとか買いまくり

2〜3月にあんまりスマホを買ってなかった一方で、4月は新機種多くてかなりたくさん買ってました。

まず初っ端に買ったのが、海外版のGalaxy S21でしたね。

S21は本体デザインがかなり好みだったし性能・サイズは文句なしだったんですが、カメラの色合いがやたら濃いのがちょっとイマイチに感じたり色々あって「まぁメインスマホにはしなくていいか」くらいの感じになりました。

Redmi Note 10 Proは、サイズがデカいのでちょっと持ちづらかったのとMIUIが使い勝手悪かったけど他はとくに不満なし。

110円だったRedmi 9Tは、ゲームこそ厳しいものの激安スマホでここまで普通に使えれば何も文句言えないよねみたいな感じでしたね。

Galaxy S21 Ultraは、後で話すぜ!夏頃までメインスマホでした。

Xperia 1IIをahamoで買ったりもしてました。

Xperia 1IIは2020年の発売時にも買っていて、Photography Proが楽しいからたまに触りたくなる機種って感じでした。

なんだかんだでほぼ毎年買ってきたXperiaの最新モデルを今年は買わなかったんですね。そういえば。

1IIIは値段が高すぎてキツいのでスルーしちゃったんですが、1IV(仮)は13万くらいなら欲しいです。多分安くはならないと思うので、来年もスルーかな…

5月はNECのタブレットのみ購入

5月に買ったのはLavie T11のみでした。

文字の表示だけはなんか微妙でしたが、他は取り立ててデメリットなしの良端末でしたねこれは。

6月はReno5 AとかAQUOS R6とかを購入。

6月はまず、Fire HD8 Plusを買ってました。どうしても解像度がしっくりこなくて、早めに売却してたと思います。

Reno5 Aは良機種でしたね。使っていてストレスのない性能と機能で。2022年の新機種にも期待です。

今年出たスマホで、安い機種どれがおすすめ?と言われたらReno5 AかPixel 5aになってくるかと。

なんかRedmi Note 10 Proも買い直してました。

カメラのマクロ機能とかがけっこう気に入っていたので、また触りたくなったという。

問題作のAQUOS R6。

これは1眼レンズだけど1インチセンサーでカメラ性能が高い!みたいな変わった機種で、とても期待して買ったけどめっちゃしっくりこなくて翌日売却というなかなかな事態になりました。

画面の色が妙に濃くて見づらかったり、スピーカー音質が最悪レベルに悪かったりと、メインスマホとして使うにはあまりに厳しいカメラ以外の各部分。

カメラも、全然寄れなかったり正直そこまで凄さを体感できなかったり。比較対象がGalaxy S21 Ultraだったのも良くなかったかもしれません。あるいは私の撮影能力が、AQUOS R6を使えるレベルに全然達していなかったと。

7月はMi 11 Lite 5G地獄やFind X3 Proなど

7月は話題作のMi 11 Lite 5Gを買ってました。この辺の時期はけっこうアクセス数が多くなってて、Mi 11 Lite 5Gの人気がうかがえましたね。

なんか使えば使うほど主にゲーム面での悩ましさが発揮されてくる、悩ましい機種でした。詳しくは後ほど。

OPPO Find X3 Proは良いスマホでしたね…。

結局売却はしましたが、一時期完全にメインスマホになってました。(メイン回線をUQに戻すにあたって、ドコモのGalaxy S21 Ultraがお役御免に)

格好良い本体に充実の性能、カメラも良くて、おサイフケータイ非対応くらいしか難点はなし。

moto g100は重量の重さが難点でした。

8月はPixel 5aが登場

8月に買ってたのはPixel 5a。

防水性能も上がってたりスピーカーの音がマシになってたりで、Pixel 5に全然負けないというかこっちの方が良くない?みたいな機種に仕上がってました。

この辺からあんまりスマホを買ってない記憶があります。理由は、ダンバインやザブングル、ガンダムなどのプラモやおもちゃを死ぬほど買う地獄に突入し始めた+それほど気になるスマホが出てこなかったみたいな感じ。

9月はiPhone 13を買ったけどしっくり来ず

9月は、「毎年買ってるし」みたいな雑な理由でiPhone 13を買ったけどそんなに気分盛り上がらなかったし記事のアクセス数も伸び悩んだりで、「テキトーに買うもんじゃないな」と感じさせられました。

12の時は無印モデルがminiより満足度高かったので「今年も無印モデルがいいだろ」みたいな感じだったんですけど、結局私を満足させてくれるのはProなんですね。最新機能とかが増えてる分。

無印モデルはあんまり目立った最新機能がないので、あんまり盛り上がらない感じでした。物自体は悪くないというか、良いんだけど。

スマホはiPhone 13しか買ってませんでしたが、PS5も9月に買っておりました。

PS5、ゲームはろくなのがないので遊んでませんが、ブルーレイ再生機として活躍してくれております。

しかしメニューの操作が大幅に改悪されておりまして、正直PS4や3のが再生機としては良かったとも思ってます。

10月はZenfone 8とPixel 6 Pro!

自宅のネット回線とFind X3 Proの相性が悪いと感じ、Zenfone 8を導入。のちに、悪いのはネット回線の方だと判明しました。

Zenfone 8はバッテリー持ちだけ悪いんですが、あとは満足な良コンパクトスマホでしたね。

そして現在もメインスマホとして活躍してくれている、Pixel 6 Pro。

2ヶ月経ちましたが、Android 12の新機能とか新レイアウトがパッとしないというか11より使いづらくなってること以外は最高。

11月はiPhone 13 Pro登場、12月はパソコンやタブレットを買う。

11月はiPhone 13 Proだけ、最後に買ってました。

11月とにかくプラモばっかり買ってましたが、これではガジェットブロガーとしてダメなのでは?と思いiPhone 13 Proを導入。

非常に良くて、他のサブスマホは全部手放してこいつがサブスマホとして君臨しています。

12月はスマホを執筆時点で買ってませんが、iPhone 13 miniを実質23円(2年後返却時)で買えたら買うかも。

12月に買ったのは、まずブラックフライデーのFire HD 10

動作はサクサクで画面もそこそこ綺麗と、値段を考えると文句なしの良機種でしたねこれは。

唐突に貯金を崩してMacBook Proも購入、ここまではこのMacBook Proで執筆してたりします。

電子レンジマン的2021年買って良かったスマホベスト3

というわけで、ここからは買って良かったスマホベスト3のコーナーです。

専門的な知識とかは薄いから、完全に使用感の体感とか主観によるランキングとなっております。

今年はわりと低価格帯のスマホを買ってなくて、ランキングのラインナップも高めの機種ばっかりになってますね。

AQUOS senseの新機種がほぼ4のマイナーチェンジみたいなやつだったからスルーしてたり、おサイフ・防水対応機種がわりと増えた結果「今更おサイフor防水非対応の機種買うのも」みたいになって思いとどまった機種が多かったりみたいなのが低価格帯をあんまり買わなかった理由ですね。

3位:iPhone 13 Pro

第3位は、iPhone 13 Pro。

年明け2月頃に買った12 Proとどっちを3位にするか迷いましたが、まぁ素直に最新モデルにしとくかなといった感じです。

12 Proと13 Proを比較すると、12 Pro側が優れてるのって重量が軽いことくらいですし。

ただ、買った時の盛り上がりは12 Proの方が正直上ではありましたね。1ヶ月くらいメインスマホとして使ってたし。

iPhone 13 Proはとりあえずサブスマホとして使ってるんですが、Lightning端子と顔認証のみ対応であること以外の欠点はとくになくて、ほぼパーフェクトな機種だと思います。

重量は200gオーバーですけど、goBelt着けたら全然気にならないし。

マクロ撮影ができる、画面のリフレッシュレートも改善、カメラの望遠性能も高い、さらにバッテリー持ちも良いみたいな感じで、使っていてストレスがとにかく少ない。

あとこれはiOSの話ですけど、YouTubeがPIPに対応したおかげで、ブラウザ見ながら動画流しとくみたいな「ながら作業」をしやすくなったのもありがたい。

「これができないからAndroid使う」みたいなことになってた要素がほぼiPhoneでもできるようになって、最近は素晴らしいです。

それはそれとして、安定した機種って感じで革新的なことはあんまりないかな(Androidで見覚えある特徴が多いというか)ということで3位に落ち着きました。

ちなみに今回の記事、前半の買った機種リスト以外iPhone 13 Proで書いてます。

2位:Galaxy S21 Ultra

購入がとにかく大変だったGalaxy S21 Ultra。ブログのネタ的にはとてもおいしい存在でした。

後に家電量販店でのスマホ単体購入はかなり改善され、SIMロック解除とかも問題なくできるようになりました。

Galaxy S21 Ultraって正直1位でいい高性能機種ではあるんですが、「ドコモでしか買えない(ドコモ回線でしかまともに使えない)」という点がイマイチなので第2位となりました。

カメラは20倍とかにズームしてもキレイ、マクロも対応、画面はデカくてペンにも対応など、マジでドコモ専売以外は非の打ちどころはなかったですね。

1位の機種よりスピーカー音質も良かったし。

私はメイン回線をUQモバイルにしているので、どうせ専売ならauが良かったというか…どっちでも売ってくれれば良かったのに。

第1位:Pixel 6 Pro

1位となったのは、現在メインスマホとして使っているPixel 6 Pro。

内容的にはGalaxy S21 Ultraとほぼ同じようなもんなんですが、本体だけで気軽に買えるしUQで使えるのが良いですね。反対にドコモの5G回線と相性悪いけど。

カメラが気に入っていて、このブログで紹介しているフィギュアの写真は、最近はほとんどPixel 6 Proで撮影してたりします。

マクロ撮影機能はないけど、2倍ズームで寄れるので問題はとくにない感じ。

性能もテンサーだかいうCPUにまったく不満はなく、プリコネとかも快適に遊べております。ストレージも256GBモデルを選んだから十分。

Pixelシリーズはほぼ毎回気に入ってますが(4だけ怪しかったけど)、今年の6 Proも大満足となりました。指紋認証も使えるし。

一番惜しかったスマホは…Mi 11 Lite 5G

大量に買った中で一番「惜しい」と感じたのはMi 11 Lite 5Gでした。

この機種、本当に惜しかったんですよね。

残念枠として取り上げはしてるけど、良いところも多いのでべつにワーストバイとかじゃないです。単純なワーストはRedmi Note9Tとかその辺の値段以外そんなに面白味なかったやつになってくるかな…。

Mi 11 Lite 5Gはなんと言っても発売当初、ウマ娘とかプリンセスコネクト!Re:Diveといった私が遊んでるゲームの挙動が極端にダメだったのが残念でした。

ゲームを除けばほぼサクサク、薄くて軽いしおサイフケータイ搭載、スピーカーも最低限の許容範囲には達しているし、カメラもマクロ性能が高かったり満足度が高い機種でした。

CPU性能がウリなのにゲームが極端にダメで、「高性能を謳ってるのにこれはないだろ」になってしまったのがとにかく残念だったんですよね。

他はメインスマホにもなれる逸材だったので、実に惜しかった。

ゲームの挙動は後にアップデートで改善されたらしいので、今後は発売時点からしっかりゲームについてもうまくやってきて欲しいところ。

ちょっとMi 11 Lite 5Gで懲りてしまったので秋の新機種とかはスルーしちゃったんですが(ちょっと高めだし)、来年4万円台くらいで同じような充実モデルがまた出たら購入を検討したいです。

まとめ

というわけで、2021年に買ったスマホ話でした。

買ってないと見せかけてそれなりに買ってましたね。

直近の秋〜冬がやや少なめで、プラモ買いまくってたせいであんまり買わない年だった感を醸し出してた感じでしょうか。

来年は、とりあえず今年スルーしたAQUOS系の低価格スマホとかなんか買ってみたいかなと思ってたりします。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です