Galaxy S22 Ultra 5Gを入手!2022年版Galaxy Noteの実力に迫る|カメラや各種性能、購入した保護フィルムやケースもレビュー

Galaxy S22 Ultra外箱

Galaxy S22 Ultra 5Gをうっかり購入してしまいました。

おサイフケータイも使いたいので国内発売まで待つ予定だったんですが、まだまだ時間がかかりそうなのでやっぱり既に売ってるやつを買ってみようかということでイオシスから購入。

「Samsung Galaxy S22 Ultra 5G Dual-SIM SM-S9080 Green【12GB/512GB 海外版SIMフリー】」、184,800円とかなり高かった…!

512GBの大容量版+最新モデルということで、必然的に普通のショップで買うと高くなってしまいますね。でもよく使ってるサイトなので信頼感という点では多少高めでもやむを得ない。

2022年5月末時点ではAmazonでも色々売ってますね。

Galaxy S22 UltraはいわゆるGalaxy Noteの最新版みたいなやつで、画面を操作できる専用スタイラス・Sペンを内蔵していたり大画面だったりカメラ性能が高かったりします。

私もドコモで大変苦労して購入した昨年のGalaxy S21 UltraはSペンが別売り・外付けだったので、やっぱりあんまりペン使わなくなっちゃったんですよね。

はたして今回のGalaxy S22 Ultraはどうでしょうか!

Galaxy S22 Ultra 5Gの外観をチェック!

Galaxy S22 Ultra一式

付属品はとくになしだ!

画面には一応保護フィルムが貼ってありますが、左右の端はがらんどうな仕様。まぁ新しく保護フィルム買えってことですね。

Galaxy S22 Ultra背面

Galaxy S22 Ultraの背面はサラサラ。佇まいがGalaxy Note 20 Ultraっぽいぞこいつ…!

Note20 Ultraはクソでかいカメラがすごかったですが、Galaxy S22 Ultraは土台部分が飛び出してないのでアウトカメラレンズの主張抑えめ

Note20 Ultraはなんかカメラからカラカラ音がして微妙だったな…。

Galaxy S22 Ultra充電端子
透明なシート剥がすの忘れてたなこれ

Galaxy S22 Ultraの充電端子は例によってUSB-C、SIMスロットも本体下部に用意されていますね。

そして向かって右にあるのが例の…

Galaxy S22 UltraのSペン

Sペンなのだ!

Sペンはつや消しボディみたいになってて高級感がありますね。いつもの安っぽい感じではない。

Galaxy S22 Ultraボタン

保護フィルム貼った直後の撮影なので気泡がめっちゃ入ってるのは気にするな。(見栄え悪いのでそのうち画像差し替えるかも)

Galaxy S22 Ultraのボタンは右側面に電源と音量のが付いてます。

Galaxy S22 UltraのSIMスロット

そしてSIMスロットですが、これは海外版なのでデュアルSIM仕様です。国内版はどうせ今年もシングルだぜ!

Galaxy S22 UltraのSIMスロット2

なおmicroSDカードには非対応。また対応してくれりゃいいのにな…

注意!S22 Ultra 5Gの保護フィルムや保護ケースは別売りになっている

S21までは保護フィルムあり、S20までは保護ケースや色々な付属品も付いてたGalaxyなんですが、大変残念なことにGalaxy S22シリーズではどっちもなしになってます。

iPhoneが付属品減らすとだいたいAndroidも追従する法則。

ということで、仕方ないのでAmazonから買ってきましたよ保護フィルムとケースを。

ケースはSpigenのウルトラ・ハイブリッドにしたんですが、改めて調べてみるとこれ頑丈さ重視の高いやつでしたね。

低価格で軽量なリキッド・クリスタルのほうが良かった気がしてきた…!

まぁでもクソ高いスマホだからしっかりガードできるウルトラ・ハイブリッドの方が良かったのかもしれない。この辺は各々お好みで選ぶのが良いかと。

保護フィルムは「chenxinkai」というブランド?のForだかいうTPUフィルムにしてみました。

2枚入りなので高確率で貼りミスをする私的には安心、安いので万が一全滅しても買い直しやすいぞ。

あと自動修復があるということで、多少傷とか付いても勝手に消えるはず。この「自動修復」ってほんまかいなって思いますけど、今までいくつかのスマホで同じ性質のやつを使いましたが確かにちょっと付いた傷なんかはいつの間にか消えてたりしますね。

Galaxy S22 Ultra保護フィルムと保護ケース

注文した翌日には届きました。素晴らしい。

Galaxy S22 Ultra保護フィルム貼り付け済み

というわけで保護フィルムとケースを装着してみたぞ!

気泡がめっちゃ入ってますが、多分1~2日あれば抜けます。貼った当初は気泡多くても大丈夫。

Galaxy S22 Ultra保護フィルム気泡抜け

1日で気泡は抜けました。(白いのはチリです)

Galaxy S22 Ultra保護フィルム付属品

chenxinkaiの保護フィルムですが、非常に良いですコレ。

滑り止めとフィルムを固定する用のプラスチックパーツが付属。

ただしこのパーツでフィルム固定してもわりとズレるので、ちゃんとインカメラ部分を見ながら位置決めをする必要あり。

あとフィルムは3層くらいになってるんですが、一旦位置決めをする際に本体画面に当たる一番下の剥離紙にわりとチリ付着しまくってます。

位置を決めたら一旦フィルムをまとめて上に上げてチリを除去→剥離紙を剥がして貼るみたいな手順を気をつけて行う必要あり。

貼ってしまえばこっちのもので、指紋認証は気泡だらけの現時点でも問題なく出来てるし画面の綺麗さや指すべりの良さを損なうこともなし。大満足でした。

チリは1箇所入ったが…まぁ目立たないのでしばらくはこのままいくか!

Galaxy S22 Ultra保護ケース背面

ウルトラ・ハイブリッドケースはまぁ…なんとも言えないですねコレ。

見ての通り背面だけプラスチックっぽい素材なんですが、結果として面が強調された変な感じになってるというか。

思ったより重量が軽いのは良いですけど。

Galaxy S22 Ultraケース端子

各種ポートやスピーカー部分は空いてます。

端の部分が衝撃吸収仕様みたいになってる。

Galaxy S22 Ultraウルトラ・ハイブリッド側面

ボタン部分をしっかりガード。

Galaxy S22 Ultra端

画面端部分はかなり出っ張ってます。落下時の画面割れ防止という点ではナイス。

Galaxy S22 Ultraウルトラ・ハイブリッドカメラ

カメラレンズも周りが高くなってるので落下時のダメージを抑えられるかと。総合的にはそこそこ良いケースだとは思います。

でもなんかなぁ…?私の好みには合わないかも。

あと気になったのが、画面下部の出っ張りが大きいのでそこで指が引っかかる結果ゲームからホーム画面に戻るときとかにうまく反応しづらいことがあったりも。

ウルトラ・ハイブリッドは頑丈さ重視の人向けで、見栄えや使いやすさ、より軽量なのを重視するなら多分リキッド・クリスタルを選んだほうが良いです。

う~むこのまま使うかリキッド・クリスタル買うか迷うな。

Galaxy S22 Ultra 5Gのカメラで色々撮ってみる|Pixel 6 Proとも比較してみよう

Galaxy S22 Ultraのカメラ

ということで、Galaxy S22 Ultraのカメラで写真を撮ってきたぞ!

Pixel 6 Proとの撮り比べも行ってみています。

ズーム写真を撮ってみよう|最大100倍ズームの実力は?

Pixel6Pro1倍
Pixel 6 Proの1倍写真

私のメインスマホ・Pixel 6 Proは最大20倍ズームに対応しているわけですが、Galaxy S22 Ultraは最大100倍対応。

S20 Ultraとかの頃は正直かなり厳しかったですが、S22 Ultraはかなり強化されてるらしいぞ。

Galaxy S22 Ultraの1倍ズーム

というわけでこれがGalaxy S22 Ultraでの1倍時写真。

Galaxyは鮮やかさが強調された写真が撮れやすい印象、空の青さが際立ってますね。

Pixel6Pro20倍
Pixel 6 Proの20倍ズーム写真

Pixel 6 Proで最大倍率の20倍ズームにしてみた。

まぁちょっとぼやけ感はありますが、ガラケー時代の普通の写真程度の綺麗さは確保できてて悪くない印象です。

Galaxy S22 Ultraの100倍ズーム
Galaxy S22 Ultraの100倍ズーム

Galaxy S22 Ultraの100倍ズームがこちら。

ここまで寄れるとは!

流石にちょっとディテールはぼやけてますが、S20 Ultraとかの頃と比べるとだいぶキレイにはなってる印象。

Galaxy S22 Ultraの30倍ズーム

30倍ズーム程度ならかなりキレイです。Pixel 6 Proよりはっきり撮れてない?

看板とか100倍ズームで色々撮ってみた

Galaxy S22 Ultraズーム前

もう少し色々撮ってみますか。

Galaxy S22 Ultraの30倍ズーム

やはり30倍ズームくらいまでなら全然キレイに撮れてると思います。

Galaxy S22 Ultraの100倍ズーム

100倍もうまく行けばなかなか良い感じ。ダブルストーンの馬を100倍ズームで撮った人は多分国内初だろう。

Galaxy S22 Ultraズーム前2

神奈川クリーニングの看板も撮ってみよう!

Galaxy S22 Ultraの神奈川クリーニング

すげぇーーーーー!

昔から思ってますがこのラッコ微妙に怖いですよね。ずっとこのままでいて欲しい…と思いながら画像検索したら怖さが減ったリニューアル版もいるっぽい

Galaxy S22 Ultraカモ

川にいたカモを50倍ズームくらいで撮ってみた。

50倍でもギリギリ許容できる程度にはキレイに撮れてる印象。1~2年前はもっと絵画度高かったような。

室内でフィギュアを撮ってみよう

続いて、室内でフィギュアを撮影してみました。例によって電気スタンド1つのみ使用。

Pixel 6 Proはマクロ撮影機能がないので2倍ズームを活用する感じでしたが、Galaxy S22 UltraはS21 Ultraと同様マクロ撮影機能があるのです。

Pixel 6 Proの通常撮影

Pixel 6 Proだと室内でのフィギュア撮影はこんな感じ。

Pixel 6 Pro2倍ズーム

2倍ズームで寄れます。ズームでもとくに画質面での違和感はなしだけど、ズームボタンを押す手間はかかる。

Galaxy S22 Ultraの通常撮影

Galaxy S22 Ultraもかなりキレイ。どちらも自動で撮ってますがやや明るいか?

Galaxy S22 Ultraのマクロ撮影

Galaxy S22 Ultraでは近づいて撮れば自動でマクロモードになります。フォーカスエンハンサーみたいな名前。

ピントがPixel 6 Proよりちょっと合ってる範囲広いかな?

他にもGalaxy S22 Ultraで撮ってみた。上の写真は3倍ズームを使用して遠くから全体を撮影。

GalaxyのズームはS20世代だと室内撮影時にけっこうな微妙さだったんですが、S22 Ultraは全く問題なしですね。去年のS21 Ultraも良かったけど

これは普通に1倍で撮ってみた。

ええやん!

食事写真

こんなクソ高いスマホ買ったら昼飯は袋ラーメンくらいしか食えないよ!

といってもせっかくだから料理写真は検証したいので、かつやに行ってPixel 6 Proと撮り比べてみました。

Pixel 6 Pro料理写真
Pixel 6 Proで撮影

全部何も設定せず撮ってます。

Pixel 6 Proはこんな感じ、ちょっと端のほうがボケててイマイチですかね。

Galaxy S22 Ultra食事1
Galaxy S22 Ultraの場合

Galaxy S22 Ultraはこれおそらく自動でフォーカスエンハンサーになってますね(ちゃんと確認してなくてすいません)、ピントは合ってるけどやや乾いた感じになってます。

Pixel 6 Pro料理写真2
Pixel 6 Proで撮影

全体図。

まぁ…高いスマホで500円のロースカツ定食撮ってる状況のなんとも言えなさが写真から漂ってくる。

Galaxy S22 Ultra食事2

Galaxy S22 Ultraの方が全体的に色が濃い目でうまそうかも。

Galaxy S22 Ultra 5Gのスペック・価格|当然ながら高い性能

Galaxy S22 Ultraのスペックや価格は以下の通り。

型番SM-S9080
価格(イオシスでの購入価格)184,800円
CPUSnapdragon 8 Gen1
メモリ12GB
ストレージ容量今回買ったのは512GB
画面6.8インチ、3,088×1,440
重さ228g
カメラアウトカメラ1億800万画素+1,200万画素+1,000万画素+1,000万画素/インカメラ4,000万画素
バッテリー容量5,000mAh

たいそう高いスマホなので、性能的には文句なしの最強です。まぁでもCPU以外は「以前の機種よりめっちゃ数値が良くなってる!」みたいなことはないかも。(そして今回は512GBにしたので高めなノートパソコンクラスの価格ですが、多分これ256GBならもう1~3万円くらいは安いと思われます)

重量が軽くなるとか、なんかもう少し進化を感じさせるポイントが多かったらなお満足度が高かったですね。

AntutuベンチマークテストとGeekbench5をしてみた

お馴染みのAntutuベンチマークテストだ!

GOS問題とか話題になってますが、Antutuベンチマークは普通に計測できるんだったかな。

Galaxy S22 UltraのAntutu結果

Galaxy S22 UltraでAntutuベンチマークテストをしてみた結果は990192点。ついに100万点が近づいてきたか。

前書いたレビューで確認してみたらPixel 6 Proは693028点、Galaxy S21 Ultraは755844点でした。

だいぶ向上してるんじゃないでしょうか。

しかしSNSとかでも言われてますが、Twitterとか一部アプリのスクロールの挙動はそれほど良くないですね今のところ。アップデートとかでの改善に期待。

Galaxy S22 UltraのGeekbench5

Geekbench5もしてみた。

シングル1211、マルチコア3562とのこと。

とりあえずプリコネとウマ娘とポケモンGOで遊んでみる

例によって私が遊んでいるゲームはプリコネとウマ娘とポケモンGOくらいなので、この3本で検証だ。

まぁ、このハイエンド上位モデルで動かないわけないんだが…(Mi 11 Lite 5Gのような例外はたまにあるけども)

S22 Ultraのプリコネ

プリコネは尋常じゃないくらいサクサク動いてました。戦闘でのキャラの動きがとにかくキビキビしてて衝撃。

シナリオパートでキャラのボイスがやや乾いた感じの音、スピーカー性能はもう一声な印象…というかプリコネのボイスってiPhoneじゃないと基本ちょっとイマイチな音質になる印象があったり。

あと途中一旦ウマ娘やってからプリコネに戻ったんですが、アプリが落ちてませんでした。(普通はiPhoneでもない限りタイトル画面に戻される)Androidなのに凄いな!

Galaxy S22 Ultraのウマ娘

ウマ娘の動作も今のところ問題なし。普通に遊べてます。

画面が大きいのでキャラが大きく表示されるのが良いね。

Galaxy S22 UltraポケモンGO

ポケモンGOも普通に動いてますね。

GOS問題でゲームなどの性能は抑えられてるらしいので現時点では注意が必要

Galaxyはなんでもゲームとか色々なアプリであえて性能を抑える制限をかけているらしい。それがGOS問題というやつ。

まぁ実際とくに使っててストレス感じるような場面って私はないんですけども、黙って制限かけるのは良くないですよね。やっぱり。

特にハイエンドのGalaxyなんて性能の高さを最大限に発揮できなければ意味がないし。そんなに使わないにしても、性能の高さに値段を支払っているわけですから。

アップデートでなんとかするらしいので、今後の改善に期待したいところ。

日本版の発売までにはなんとかして欲しいですね。

その他、Galaxy S22 Ultra 5Gを使ってみて気づいたこと

というわけで、ここからはGalaxy S22 Ultraを使ってみて気づいた色々なことをまとめていくぞ!

本体サイズはやはりデカい、重量も重い

Galaxy S22 Ultra、デカイし重いぞ!

完全にGalaxy Note系のサイズ感というか、Note 20 Ultraに近いですかね。雰囲気は。

まぁでも私はNote8時代からずっとGalaxy Noteを使ってきているので、とくに違和感なし。

最新版のGoBeltも買ったので、装着してバリバリ使っていこうと思ってます。

ただ今回のケースに装着していいのか若干悩ましいので、とりあえず100均のスマホリング着けておくか…

スピーカー音質は悪くないけどもう1ランク上を望みたかった

Galaxy S22 Ultraのスピーカー音質は悪くないんですが、感動するレベルの良さでもない印象。というかS21 Ultraの方が音良かったような…?気の所為?

Pixel 6 Proと同程度~少し上でボリュームが大きめに出せるみたいな感じでしょうか。

なんか音楽に関しては良い音だと思うんだけど、人の声が透き通ったようにきれいに聞こえないと言いますか…高いスマホだしiPhoneくらいクリアーな音質のスピーカーを望みたい。

あと本体下部のスピーカーの位置が悪いです、横持ち時に手で覆ってしまいやすい。

スピーカー位置の悪さはGalaxy Note 20 Ultraを思い出しますね。

45W対応で超急速充電!バッテリーの充電スピードは速い

Galaxy S22 Ultra、バッテリーの持ちはまぁとくに良くも悪くもない印象。

フル充電からほとんど使ってなくても2時間位で93%までは落ちてます。また夜にちょっとブラウザと動画見てから寝て起きて約13時間ほどで68%。まあ購入直後なのでちょっと減りが早いということもあるかもですが、やっぱり電池持ちはiPhone系に敵わないと思われる。iPhone 13 Pro Maxとか延々持ちますからね。

しかしながらバッテリーの充電速度は速い!

19時5分に残り15%の段階でバッテリー充電を開始!

50分後の19時55分、Galaxy S22 Ultraはフル充電に!

これだけ充電スピードが速いなら、まぁ減りが多少早くても許せますね。

Sペンで絵を描いてみたぞ!

Sペンは相変わらず良い挙動で画面を操作したりメモを取ったりできます。

私はSペンで暇つぶしに絵を描いたりするのが好きなので、久々に本体内臓で手軽にSペンを使えて楽しいですね!

Galaxy S22 UltraSペン

画力は気にするな

指紋認証のスピードは速い

Galaxyの指紋認証はS10の時点で私としては文句なしでしたが、S22 Ultraは今まで以上にスムーズになった感じがあります。

それでもたまにエラーにはなりますが。

とりあえずセンサーの位置に指を置けば画面ロックが解除されるので、素早く使い始められるぞ。

画面が明るくてキレイ

非常に鮮明かつ明るいディスプレイも満足度高いです。

iPhone 13 Pro Maxに負けないレベルだと思う。

まとめ

Galaxy S22 Ultra端子

というわけで、Galaxy S22 Ultraです。

まぁ~~~新鮮さはあんまりないですねコレ。カメラ性能がS21よりちょっと上くらいになったGalaxy Note20 Ultraのマイナーチェンジ版みたいな感じ。

新鮮さがないものの、機種としての満足度は非常に高い。値段も高いがな!

Sペンは使えるし画面はキレイ、動作もサクサクです。(あとはゲーム動作の制限だかをなんとかしてくれれば完璧かと)

バッテリー充電の速さもやっぱり良いですね。OPPO Find X3 Proはさらに速いんですけども…それでも1時間以内にフル充電になるのは凄い。

一方でスピーカーが手で覆われる位置にあるという、Note20 Ultraの弱点がそのまま残ってるのはちょっと痛いです。

スピーカー部分が上になるように、右に傾けて下寄りに持てば覆われないんですけど意識して特定の方向に傾けて横持ちするのは面倒。

とまぁ不満もあるもののとりあえず当面のメインスマホはこのGalaxy S22 Ultraになる予定、どんどん使っていくぞ!

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

5件のフィードバック

  1. はるたま より:

    お早いレビューありがとうございます! SD8Gem1は発熱すごいと聞いたんですが、そのあたりはどうですか? アプデでGOSは自分で制御解除できるようになったようですが……
    あと、各カメラの最短距離がかなりきっちり決まっていて、10倍カメラ起動して被写体との距離が65cmより近くなると、カメラ画面上は10倍カメラの位置からのアングルなのに、3倍カメラの位置からのアングルで撮影されてしまう(撮れた写真を見るまでわからない。画面表示されていたアングルと実際に撮影された写真に、カメラ位置の違いの分、ずれが生じる)というのが気になっています。フィギュア撮る時にありがちな距離感だと思うので……
    アプデで直るならいいんですが、このままなのは困るので、秋に出るであろうPixel7Proまで待つべきか……また気持ちが揺れています(笑)
    いろんな方のレビューを見て、U22Ultraは熟成的なものがまだ足りないなと思う箇所が多くて、あと2世代くらい待てばものすごく好みのスマホに仕上がってくれそうな気がするんですが、コロナに続いてウクライナ情勢で半導体の材料に影響でまくって、今年スマホ買わなかったら来年の半導体供給によっては望む機能のスマホを買えないんじゃないかと不安です。
    難しいですね(´・ω・`)

    • 電子レンジマン より:

      コメントありがとうございます!

      Snapdragon 8Gen1の発熱ですが、私の使い方だとAntutuを動かした時にちょっと熱かったものの普段は普通に許せる範囲な印象です。
      なお発熱はSnapdragon 810搭載のXpeira Z4のやけどしそうなレベルの熱さがあまりに強烈過ぎて、私としては世間的には発熱が不評だったSnapdragon 888でも全然許容範囲だったりはします。

      カメラはちょっと試したところ、私の環境では10倍ズーム使用時に3倍でのアングルになるような不具合は起こりませんでした。(もしかしたらなんか撮り方を間違えてるかもですが)
      そしてフィギュアの場合撮影時はそもそも3倍ズームが限界な印象、10倍だと締まりのないざらついた質感になってしまう感じです。

      Pixelはマクロ機能が今のところないものの2倍ズームで普通にキレイなので、価格が安ければ今年の新モデルは十分アリな選択肢だと思います。
      とりあえず国内での発売までS22 Ultraの機能改善を待ってみて、行けそうならS22 Ultra、微妙そうであればPixel 7 Proを待ってみてもいいかもしれません。
      ただしPixelはAndroid 12で変更されたクイック設定パネルなどが正直かなり使いづらく、普段の使いやすさ重視なら従来のメニュー構成のままになっているGalaxy系の方が良いかもしれないです。(Android13で各種メニューの使いやすさが改善されることに期待したいところです)

      • はるたま より:

        すごくわかりやすいレスありがとうございます!
        カメラと被写体の距離については、リンク貼っていいのか迷いましたが、こちらの動画の「望遠カメラで気になる点」で紹介されています。
        https://www.youtube.com/watch?v=Ed4HpsY8MfA
        URL貼り付けがNGだったら、申し訳ありません(レス削除お願いします)
        フィギュア撮影は自分のフィギュアを自室なり外なりでゆっくり撮影する場合は良いのですが、ワンフェス等のイベントで展示されているフィギュアを、撮影待機列に並んで自分の順番が来たらサッと撮って移動、という使い方もするので、画面に見えているものと実際に撮れている写真が違うと致命的なので、怖いな……と思っています。
        当方幸い東京在住なので、近いうちに原宿に出向いて実機に触ってきて、そのあたりをチェックしてみようと思います。
        UPされているフィギュアやプラモのお写真、U22UltraもPixel6Proもどちらもすごくきれいなので、そこも迷うポイントです(笑)食べ物の写真はiPhone圧勝だなと思います! GalaxyはAI切らないと黄色が強く出すぎるし、Pixelはぼやけすぎる印象ですね。
        いつも本当にすばらしい情報ありがとうございます!

        • 電子レンジマン より:

          情報ありがとうございます!

          ちょっと動画を確認しつつまたテストをしてみたんですが、撮影時点と撮れた写真の構図のズレはほぼなかった(もしかしたら改善済みかも?)ものの、撮影後にカメラアプリに戻ったらそこには全然違う場所が写ってる…みたいな状況は頻発してました。

          また近づいて撮っていると、撮影時に明らかに10倍ズーム使用中にレンズが切り替わってることは何度か確認できました。

          とりあえずこんな感じです!

  2. はるたま より:

    うわわ検証まで! ありがとうございます!!!
    近距離撮影はなかなかチーキーな部分があるみたいですね。ううむ迷う!
    でも撮影前の画面と撮影後の画像にズレが無いなら大丈夫そうですね。
    すごく参考になりました! ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。