iPhone 12(無印)が届いたので開封・外観チェックと初日の使用感レビュー|カメラ作例や購入したケースも紹介

iPhone 12外箱

iPhone 12が発売日翌日のタイミングで届いたので、ちょっと使ってみました。

外観を眺めつつ、カメラ性能や購入したケース紹介、初日の使用感などまとめていきたいと思います。

iPhone 12外箱薄さ

それにしてもiPhone 12は箱が薄い、これなら宅急便コンパクトの薄型の箱にしっかり入るから、買い替えの際にメルカリで売る送料を抑えられるぞ!(地味に嬉しいポイントです)



iPhone 12を開封!外観をチェックしてみよう

iPhone 12アイキャッチ

今回はPRODUCT(RED)を購入しました。理由はこちらの記事に書いてます。(要は在庫の都合ですね)

PRODUCT(RED)は薄めの赤

iPhone 12本体開封

こんなん赤じゃないだろみたいな声もネットでよく目にしましたが、ちゃんと赤には見えます。

しかし色が薄めで、朱色に近い赤だよねと言われればまぁそうかも。

iPhone 12リンゴマーク

個人的にはiPhone 8とかのやたら濃い赤より、鮮やかなiPhone 12の赤のほうがどちらかというと好みかもしれません。

フレームがiPhone 5時代の平型に戻った。ボタン類は配置含めいつもどおり

iPhone 12電源ボタン

iPhone 12は、iPhone 5時代の平らなフレームに戻ってます。

色は背面カラーに合わせてるみたいで、PRODUCT(RED)では赤でした。アルミ製的な作りも5sっぽい。

iPhone 12ボタン

ボタン類は相変わらず電源、音量、サイレントモード用のスイッチが搭載されてます。

なんというか…悩ましいですよね。

個人的には4sでiPhoneを初購入し、5シリーズやSEも全て触ったのでこの形状のiPhoneには思い入れがありますが…

5→6でデザイン変わったのを戻しただけなので革新的な感じはなし、これを進化みたいに扱ってもてはやしていいのかはかなり疑問があります。(先祖返りですからね)

平らなフレームに戻った+年々のサイズ大型化により手に当たる面積が広くなったので、ややゴツくなった気もする。

しかし手にしっかり握られるので、6以降のフレームが丸いiPhoneと比べるとなんか滑りづらくて良いようにも思います。

充電端子はLightning

iPhone 12充電端子

「いい加減諦めろ」と言わんばかりのLightning端子搭載!

もう今回はこういう仕様なので、諦めるしかないです。Lightningケーブルをガジェット入れから引っ張り出してきました。

今写真見てて気づきましたが、ネジの色とか端子の色は普通に銀なんですね。

画面はいつものノッチあり

iPhone 12本体保護

余談ですが、画面保護のシートが紙になっててコスト削減感ありました。実際いつもの透明なやつとどっちがコストかかるのかはわかりませんが。

iPhone 12電源オン

電源をオンだ!

やっぱりスマホの初回起動はワクワクしますね。

iPhone 12ノッチ

で、iPhone 12は11より高解像度になったり有機ELディスプレイになったりしましたが、画面の形状自体はいつものままです。

いい加減パンチホールなりしずく型ノッチなりにしても良くない?とは思いますが、iPhoneて画面のサイズ変わってもアプリ側がなかなか対応しなくて変な表示が何ヶ月も続いたりするんですよね。

来年あたりの革新には期待しますが、とりあえず今年はコレということで私的には許容範囲ですかね。実際上端ってそれほどフル活用するわけでもないし。

付属品は充電ケーブルのみ、Type-C端子なので注意

iPhone 12付属品

USB-CとLightningの端子用充電ケーブルのみが付属してます。

このケーブル普通に買うと1800円くらいするので、別途購入しなくて良いのはまぁ良いんじゃないかと。

余談ですがゲオはiPhoneの付属品バラして売る店が多いので、iPhone充電器コーナー漁るとこのケーブルが800円くらいで安く手に入るときがあります。

今回はレイアウトの透明ケース「RT-P27TC3/CM」を購入!装着してみた

iPhone 12ケース外箱

レイアウトのTPUソフトケース・ウルトラクリアをiPhone 12のケースに選びました。(RT-P27TC3/CM)

1100円くらいで安かったのと、せっかくカラフルなREDカラーを買ったので色が見えなくなるのは惜しいということで。

iPhone 12ケース本体

ケースは本当にただの透明なやつですね。

iPhone 12ケース電源ボタン

ボタン周りもしっかり覆われています。

iPhone 12ケース装着時背面

うん…可もなく不可もない感じですね。ドット加工でケース内部のにじみみたいなのが抑えられてるのは好印象。

iPhone 12ケース装着時カメラ

カメラはしっかり保護されます。

iPhone 12ケース装着時ボタン

フレームのメタリックな格好良さがわからなくなってしまうのは、やはり惜しいですね…

iPhone 12ケース装着時端子

端子周りはしっかり保護、スピーカー部分は穴が空いてます。

角はエアクッションになっていて、落とした時の衝撃を保護してくれるらしいです。ちょっと外観が犠牲になってる感はありますが。

iPhone 12ケースアイキャッチ

安くてそれなりに頑丈なケースを使いたい場合は、こちらのレイアウト製ケースを使ってみても良いかと。

若干フレームの端がザラザラしてる感あるのはいまいちですが、衝撃吸収してくれるし本体カラーも隠れません。

<追記>

Spigenのシン・フィットも買ってみました。以下の記事でレビューしています。

iPhone 12(無印)用のSpigen製薄型・軽量ケース「シン・フィット」を買ったので装着【スマホカバーレビュー】

室内カメラ撮影検証

iPhone 12カメラ

iPhone 12はデュアルレンズで、標準レンズと超広角レンズが搭載されてます。

望遠レンズを使いたかったらProを選ぶ必要あり。

当ブログは基本的にインドア派、フィギュアばっかり撮ってるのでひとまず今日はフィギュアを撮ってみました。

iPhone 12写真2

うん、良い感じですね。照明2つで横から照らしてる感じです。

iPhone 12写真1

接写における近づいてピントが合う距離の限界は上の写真くらいで、一応定規で確認したところ被写体から10cm離れた位置まで近づけます。

寄れる距離はGalaxy Note20 Ultra程度ですね。

iPhone 12の2倍ズーム

しかしそこからの2倍ズームでかなり近づけますし、2倍ズームなら画像の劣化は感じませんでした。

iPhone 12、フィギュア撮影にも良いぞ。

食事写真はこんな感じ。盛りすぎず自然な感じです。

風景写真も良い感じ。

(追記)

Pixel 5とのカメラ比較をしてみました。

iPhone 12とPixel 5のカメラを比較|望遠、超広角、フィギュア撮影、風景・食事写真を検証!

初日の使用感レビュー

iPhone 12画面点灯

最後に少し使ってみた感想をまとめていきます。

11より明らかに画面はキレイに、そしてコンパクトで軽くなった

iPhone 11はフルHD未満の解像度に液晶ディスプレイ搭載と、やや時代錯誤な設計でした。(十分綺麗ではありましたが)

iPhone 12は有機EL画面にフルHD以上の解像度(2,532×1,170)となり、上位モデルと同じようにキレイな画面になったわけです。

実際に手にとって使ってみても、11の時の「キレイだけどちょっとぼやけ感あるな」という感じが明らかになくなってますね。

そしてサイズのコンパクト化と重量の軽量化のおかげで、明らかに持った時のストレスもなくなりました。

iPhone 11 iPhone 12
解像度 1,792×828 2,532×1,170
サイズ 150.9×75.7×8.3mm 146.7×71.5×7.4mm
重さ 194g 162g

11シリーズってデカくて重いので、ずっと触ってるとずっしりきてうんざりだったんですよね。

最近はAndroidスマホも180~200gくらいが主流になってきちゃいましたが、iPhone 12は突然方向転換でコンパクト・軽量に。

11(無印)というバリエーションの欠点が的確に解消されていて、向かうところ敵なしな最強スマホになってます。(あとはLightning端子だけなんとかしてくれ)

Pixel 5とあまり変わらないサイズ感

iPhone 12Pixel 5比較

Pixel 5と並べるとこんな感じ、意外と本体・画面のサイズは変わらないんですわ。

Pixel 5 iPhone 12
解像度 2,340×1,080 2,532×1,170
サイズ 144.7×70.4×8.0mm 146.7×71.5×7.4mm
重さ 151g 162g

12 miniでなく無印であの小さいPixel 5と似たようなサイズだったのも、今回12無印でいいやになった理由。

より軽いのはPixel 5ですが、iPhone 12も十分軽いぞ。

iOS14の良い点と悪い点の話|YouTubeのPIP表示ができるようになってた(iOS14)

既存のiPhoneもそうだと思いますが、iOS14はYouTubeをブラウザで一旦全画面表示してからPIP用ボタンを押せば画面内に動画を小窓表示できるんですね。(ピクチャ・イン・ピクチャ)

iPhone 12PIP通常サイズ

ただ「小窓というわりに画面デカくて邪魔だな」と思ってしまったわけですが…

iPhone 12PIP縮小

ピンチインで縮小できました。

微妙に位置の調整に制限がある感じで、Androidほど自由な位置に置けないっぽいのはイマイチですが、iPhoneの欠点「動画見ながら他の作業できない」が解消されたのは嬉しいです。

そしてYouTubeアプリからこの機能使えないのは何なんですかね、せっかくの便利機能なのに埋もれてるぞ。

そんな感じで動画再生が便利になったiOS14ですが、ホーム画面にAndroidのようなウィジェット置ける機能は対応アプリがほとんどなくて今のところ活用できてないです。

アプリ一覧

あとこのAppライブラリというアプリ一覧表示が追加されたのは良い感じ。自動でジャンルごとに仕分けしてくれるのが便利です。

電池持ちはOK!

初日なのでけっこうバリバリ使ってたんですが、17時に100%にしてから半日以上経った翌日9時時点でもまだ74%残ってます。今夜までは電池持ちますね。

夜寝てたとは言えアプリめっちゃ入れたりプリコネ遊んだりしてもけっこう残量残ってるので、電池持ちは良さげです。

【追記】

iPhone12バッテリー残量100%

土曜日の17時時点でバッテリー残量100%で…

iPhone12バッテリー残量20%時点

ゲームとか動画再生も度々やって残り20%になったのが…

iPhone12バッテリー20%

月曜の11時前。やはり長持ちです。

やはり顔認証のみはイマイチ

このウイルス時代に顔認証のみという仕様のiPhone 12。

蔓延してなかった時点から開発が進められていたわけで、蔓延したタイミングではもう搭載する余裕もなかった感じですかね?

ここが面倒なので、なかなかメインスマホにはしづらい…(そもそもウイルスなくても花粉症なので、ほぼ一年中マスクしてるし)

外で使ってると毎回ロック解除のパスコード入れないといけないのが難儀。

Antutuベンチマークテストの結果は?

Antutuベンチマークテストをしてみた結果が587601点。

以前レビューしたPixel 5は284161点だったので、30万点ほど差があります。

もっともどちらも十分な高得点なこともあり、体感で動作の違いとかないですが…。

まとめ

iPhone 12アイキャッチ

というわけで、iPhone 12でした。

目新しい新機能とかはないですが、全体的に手堅くパワーアップしてるので満足感はなかなか高いiPhoneですね。

11にあった「妥協感」がほぼなくなり、迷ったら12を選んでおけばOKと断言できる仕上がりです。

しかし相変わらずLightningだったりノッチでかかったりみたいな、「まだ行けただろ」という残念ポイントもあります。

イマイチだったらすぐ手放す予定でしたが、思ったより満足度高かったのでしばらく使ってみたいと思います。



電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です