iPhone 12(無印)用のSpigen製薄型・軽量ケース「シン・フィット」を買ったので装着【スマホカバーレビュー】

iPhone 12用シン・フィット外箱

先日購入して透明なケースで使っていたiPhone 12ですが、ちょっと手触りがもう一声だったので今まで何度も購入しているSpigenのシン・フィットを買い足してみました。

シン・フィットは軽量・薄型が特徴で、しっかり本体を守りつつ重量の増加も抑えてくれます。

使ってみた感想をまとめていきます。

なおiPhone 12の本体レビューはこちら。↓

iPhone 12(無印)が届いたので開封・外観チェックと初日の使用感レビュー|カメラ作例や購入したケースも紹介

iPhone 12用シン・フィットを装着してみる

iPhone12用シン・フィット本体

シン・フィットはプラスチック系の素材(ポリカーボネート)でできていて、マットな仕上がりで表面もサラサラしてるのが特徴です。

しかしiPhone 11 Pro Max用のシン・フィットケースと比べると、12用は若干しっとり度が高い気がします。

以前使っていた11用のはサラサラでゴミとかも付きづらかったんですが、12のはなんかめっちゃ空中待ってるチリが本体に付着する…!

上の画像見ればおわかりかと、10回くらい拭いたんですがどうしてもどんどん付着するので最終的に諦めました。

ちなみに11で使っていたのはグリーン、今回買った12用のはブラックです。

気になって手持ちのシン・フィットケースを色々触ってみたんですが、Pixel 4用のホワイトのもサラサラ度高くて他の機種用のブラックは12と同様ややしっとり度高めな印象でした。

カラーによって少し差があったりするんですかね…?



真っ赤なiPhone 12に真っ黒なシン・フィットのケースをセットガードプロテクション

シン・フィットとiPhone12

分身合体

シン・フィット装着時iPhone12前面

装着完了!

iPhone 12の前面はどのカラーでも黒ということで、正面から見ると黒一色になりました。

11の時は赤とか緑とかも出てたので、待てば12や12Proのカラーに合った色のモデルも出るかも。色を揃えたい人はちょっと待ってみるのもおすすめです。

iPhone12シン・フィットフレーム部分

iPhone 12は画面が平らなので、サイズが合ってれば保護フィルムを貼ってもおそらくケースに干渉したりはしないかと。

そしてシン・フィットはケースのフチ部分が少し高くなっているので、落としても画面へのダメージは軽減されると考えられます。(尖った石の上に落としたら防ぎきれないのでアウトですが)

シン・フィットの端部分は、Galaxyのエッジディスプレイなど画面が本体端まで広がってる端末だと手のひらの肉が当たることによる誤操作を防ぐ役割も果たしてくれます。

Pixel 5用のスマホケース!Spigen シン・フィットを買ったので装着して使ってみた|滑りづらく手に馴染む

iPhone 12に関しては元々画面が平ら・端は画面外、さらにフレームが平面で手のひらの消費面積が大きいので元々誤操作は起こりづらく、そこまで操作関連での恩恵はないかも。

シン・フィットカメラ周り

背面はカメラ部分だけ本体のカラーが見える状態。

黒と赤だとバランス良い感じで、けっこう格好良いです。

iPhone12シン・フィットボタン

側面の電源ボタンもしっかり保護してくれてます。

こういったスマホケースってボタンは保護してくれないパターンもあるので(PITAKAのやつとか)、ボタンも守れるのはありがたいですよね。

というか11Pro Max用のシン・フィットも、ボタン類は保護できてなかったような。1年の間に進化したんですかね?

シン・フィット音量ボタン周り

流石にマナーモードのスイッチだけは隠れてません。このスイッチ、別にあってもいいはいいんですが…いい加減なくなっても良い感じはありますよね。

シン・フィットiPhone12充電端子

充電端子とスピーカー部分も出てます。

黒と赤なので比較的色の違和感は薄いですが、色を揃えたい場合はiPhoneも黒のモデルにしたほうが良い感じはありますね。

iPhone 12の薄さ・軽さはしっかり維持されている

やはりシン・フィットは薄型・軽量、本体をしっかりガードしつつサイズアップは抑えられてます。

12無印は背面がガラス的な素材でめっちゃ傷つきやすそうなので、ケースはあったほうが安心。

11シリーズは本体自体が重かったので、「今更重量増えたところでどっちにしろ重いし」みたいな感じはありましたが…

12無印は本体が162gと軽めなので、軽さを打ち消すような重いケースは使いたくないと私は思います。(重いケース装着しても11より軽いよね、みたいな考え方もありますが)

傷つきやすそうなフレームや背面を保護しつつ、サイズや重量の増加は抑えられるシン・フィット、やはり良いケースですわ…(珍しく絶賛です)

握りやすさも向上している

12用のシン・フィットは若干背面がしっとりしてるので、握った時の滑りづらさもナイスですね。

スマホケースって、たまに着けたらかえって不安定になって落としやすくなるものもあるんですが…

SpigenのGalaxy S20 Ultra用ラギッド・アーマー開封レビュー|スマホをしっかり保護・滑りやすさは難点

↑シン・フィットと同じSpigenのラギッド・アーマー系は滑りやすい印象

シン・フィットはいつも滑りづらく、使いやすいですね。

気になった点:手垢が付きやすい

ホコリとかチリがめっちゃ付着するのは前述のとおりですが、ブラックカラーだと手垢もけっこう目立ちます。

人に見せるもんでもないので私はあまり気になってませんが、気になる人は気になるかと。装着から1日でもうだいぶ目立つようになってます。

グリーンの11Pro Max用やPixel 4で使っていたホワイトでは手垢も目立ちづらかったので、手垢やチリが目立たないほうが良い方は他の色のモデルが出るのを待ってみても良いかもしれません。

まとめ

シン・フィットとiPhone12アイキャッチ

安心と信頼のシン・フィット、今回もなかなか良いです。

軽量・薄型が魅力、iPhone 12の魅力であるコンパクト・軽量さをしっかり維持できます。

一方で埃と手垢が付きやすいのは難点なので、ご注意を。

iPhone 12 mini用モデルも出てるので、mini買った人はそっちを選びましょう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です