Galaxy S20+ 5Gを約半年使って感じたメリット・デメリット|画面の発色や音質に満足!カメラ性能には不満あり

Galaxyシリーズをこよなく愛する電子レンジマンです。

今回は、先日購入したGalaxy S20+ 5Gの半年間使用レビューです。

Galaxy S20+とGalaxy Note10+を使い比べてみる

購入当初にはNote10+との比較を行いましたが、あれからさらに長期間使って気づいたことも色々あります。

早速、解説していきましょう!

なおこの記事は、3月に執筆した1週間仕様レビューのリライトとなっております。

5ヶ月の間にS20に乗り換えてみたりS20+の国内版を買い直したり、S20 Ultraを買ってみたりと色々ありました…。

今手元に残っているのは、国内版のGalaxy S20+ 5Gです。

国内au版Galaxy S20+ 5G購入レビュー!おサイフ対応がやはり嬉しい

つまり正確には、タイトルにある「5G対応かつS20+」の機種を使っているのは約2ヶ月だけになるんですが…

基本的に解説している内容はどのS20シリーズでも共通なので、細かいことは気にしないでくれ。

Galaxy S20+を半年間使ってみて感じたメリット

付属ケースの出来がかつてないほど良い

S20+ケース

GalaxyシリーズではS9くらいからケースが付属するようになりましたが…

正直これまでのケースって、悪くはないもののちょっと安っぽいのが多かったんですよね。

例えばS9シリーズやNote10+のケースは、見栄えは良いんだけど使ってるとすぐにベタベタしてきました。

S10シリーズで付属していたのは、プラスチックでやや手触りの悪いケースでした。

私はSpigen大好きマンなので、今まで基本的にSpigenのシン・フィットとかを購入して使って対処してきてます。

S20+では今使ってる付属ケースが普通に良いので、正直買わなくても良いのでは…?と思ってしまってるレベル。

S9などの付属ケースのようなべたつく嫌な手触りはなく、透明で見栄えも良い感じです。(指紋はけっこう付いちゃいますが)

無駄に分厚かったりもしないですよ。

今後もS20シリーズ仕様のケースを付けてくれると嬉しいな…!

それはそれとして、Spigenのケースも購入してたりします。

以下の記事でレビューしているので、合わせてご覧いただければ。

SpigenのGalaxy S20+ケース「シン・フィット」購入レビュー

スピーカーの音の満足度の高さ。

私がスマホを買ううえでおそらく一番気にしているのがスピーカー音質で、Galaxy S20+を1週間使ってしまうともう他のスマホに戻りたくないと感じさせられました。

Galaxy S20+が届いた|開封して本体外観や初日の使用感をレビュー

購入当初からスピーカーの音は良いと言ってきましたが、やはり良い。

Galaxy Buds+を先日買ってますが、家では洗いものする時くらいしかアレ使ってないですからね。本体スピーカーの音が良いから。

画面の発色が良く、使っていて楽しい

この半年でXperia 1IIを買ったり、Find X2 Proを買ったりなど色々なハイエンドスマホを使ってきましたが…

Galaxy S20+の画面の美しさは最高です。

発色が良くて、色がはっきりしているんですよね。

iPhone X以降に近い、目が覚めるような鮮やかさです。

正直他の端末のほうが優れてる部分も色々あるんですが、画面のキレイさとスピーカー音質の良さのおかげで、Galaxy S20+はずっと持ち続けられています。(途中でバリエーション変更は色々しましたが…)

過不足なく使えることのありがたみ

ハッキリ言ってS10持ってるなら、そこまで大きな進化はないのが事実ですが…

S10持ってないなら、Galaxy S20+を買ってがっかりすることはまずないんじゃないかと。

スマホって高ければ絶対快適に使える!というわけでもないので、普通に使えていること自体がまず素晴らしいのです。

ゲームとか動画アプリはちゃんと動いていますし、アプリの切り替えもめっちゃサクサクしてます。

Galaxy S20+の輝度を上げて明るく使う!|Bixby Routinesで自動的に明るさを変更!

特定の場所や次官になると、自動で設定を適用してくれる「Bixby Routines」にも大満足。

軽量で持ちやすい

S10+の170g台からは重くなりましたが、S20+も186gでまだまだ軽いです。

Find X2 Proなど200g台のスマホを触る機会も増えた結果、Galaxy S20+は非常に軽く感じています。

6.7インチの大画面で180g台、さらに画面が本体サイズギリギリまで広がっているため、画面の大きさのわりには手に馴染むサイズ。

手で持った時のバランスも良い感じで、操作しやすいです。



Galaxy S20+を半年使ってイマイチだった点・デメリット

最初から貼られてる保護フィルムが傷つきやすい

Note10+やS10シリーズもそうだったんですが、標準搭載の保護フィルムは傷つきやすいな…!

無料で貼ってくれてるだけでもめっちゃありがたいからあまり悪く言いたくないんだけど、傷つきやすいのは事実。

ただしGalaxyシリーズって、原宿のGalaxyStoreに行けば無料で保護フィルムを貼り換えてもらえるんですよね。

S20シリーズも国内で発売されれば、おそらく対応してくれるようになると思われます。

東京近郊に住んでるなら、交通費出せば新しくなると考えるとそれほど大きなデメリットではないでしょう。

私は宮城に住んでるのでアレですが。



ちなみに原宿のGalaxyのお店、テーマパーク的なVRとかも駆使した未来感あふれる施設になっててけっこう楽しいですよ。(陰キャはあまりのテンションの高さにちょっと引くかもだが)

バッテリー持ちはやっぱり悪い

バッテリーは使えばすぐ減っていく、Pixel4的な仕様。

うん、7時過ぎにフル充電して16時30分時点で60%くらいしか残ってないですわ。

S20バッテリー残量

とりあえず旅行に行く際は、モバイルバッテリーがないと破滅すると思う。

カメラ性能にはどうしても不満あり

Galaxy S20+などのS20シリーズは、ハイブリッド3倍ズームや高画素撮影に対応しています。

Galaxy S20+のカメラで写真を撮影〜Note10+と比べてどうなの?

※単体でのカメラレビューも行ってるので、合わせてご覧ください。

Galaxy S20+等のカメラは私が主に利用する「室内でのフィギュア撮影」と非常に相性が悪いと感じています。

Galaxy S20+の3倍ズームはフィギュア撮影に不向き?|ズーム機能をP40 Pro等と比較検証レビュー

ズームするとガサガサした質感の微妙な写真になるし、1倍で撮るとしてもピントが全然合いません。

ピントを合わせようと画面をタップしても、ずれてしまいます。

食事写真などでもズームするとちょっと乾いた感じの微妙な出来栄えになりがちで、カメラ性能には大いに不満あり。

ズームしなければ、食事写真はボケがやや過剰なものの良い感じに撮れますが…

Reno AやGalaxy S20+、P40 Pro、Redmi Note 9Sのカメラで牛丼を撮り比べる

食事とか風景を撮る人ならある程度満足できると思いますが、室内写真重視の方は他の端末を選んだほうが良いかと。

これまで使ってきた中ではFind X2 Proがマクロに強くて最高でした。

OPPO Find X2 Proの国内auモデルを入手!開封・初日の使用感レビュー|カメラのマクロ・ズーム撮影も検証

まとめ:Galaxy S20+、カメラ以外は良いぞ。

細かい部分のバージョンアップがメインなので目新しさは薄いGalaxy S20+ですが、総合的にはかなり良い機種です。

S10やS10+が快適に使える良機種だったんだから、それがパワーアップしたS20+が悪いわけないっちゃないか…。

とくに画面のキレイさと、スピーカー音質の良さは2020年春スマホで最強クラスでした。

付属ケースのパワーアップは地味に良かったです。

本体価格が日本版だと10万オーバーだから、できるだけ追加出費は避けたいところでしょう。

ただしカメラ性能については、私の用途にはどうしても合わない印象。

Galaxy Note 10+の方が、フィギュア撮影では優れてた気がします。

まとめとしては、Galaxy S20+は「とにかく快適に・楽しく使える高性能スマホが欲しい人」におすすめです。

おすすめできないのは、室内でフィギュアのような小物を撮影する機会が多い人です。(ピントが合いません)

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です