Galaxy S20+の輝度を上げて明るく使う!|Bixby Routinesで自動的に明るさを変更!

Galaxy S20+を毎日使っていてふと思ったのが、「なんか画面が物足りないな」ということ。

Galaxy S20+は2020年時点で最高クラスの明るく発色の良い有機ELディスプレイを搭載しているのに、なんか妙に画面がくすんでいるように感じたわけです。

購入当初のあのワクワク感が、なぜか感じられない。

これはどういうことだろう…と思いながら日々を過ごしていたわけですが、ようやく理由がわかりました。



部屋が暗いとスマホの画面も暗くなる

現在梅雨シーズンで、雨が降る時間が長いため室内に籠る時間も長くなっています。

私の住んでいるマンションは、この前に住んでいた物件よりは日差しが入るものの基本的に暗め。

暗い室内ではスマホが自動の輝度調整を行い、画面を暗くして必要な分だけの明るさにしているわけです。

バッテリー消費は抑えられるが…

せっかく13万くらい出してGalaxy S20+を買っているのに、画面の輝度が下がったら(当然ながら)画面が暗く沈んだ感じに。

暗すぎてよく見えないレベル。

これでは事実上、金の無駄なのでは?

もちろん、画面の明るさを下げればその分バッテリー消費も抑えられるわけですが…

やっぱり綺麗な明るい画面でスマホを使いたいぞ!

自動輝度調節をオフにしてみる

常時綺麗に感じながら快適にGalaxy S20+を使うため、自動の明るさ調節をオフにすることに。

スマホの明るさ調節

↑の「明るさ自動調整」をオフにすれば設定完了。

これで明るさを最大級に固定すれば、いつでもGalaxy S20+の画面に満足できるぜ。

手動調節の手間はかかるようになるが…

自動で明るさを調整するようにしていれば、夜に部屋を暗くした際に自動でスマホ側の輝度も調整されます。

結果として、自動調節にしていれば「暗闇でちょっとSNSとかを確認しようとしたらスマホの明るさで目が!」みたいな問題が生じづらくなります。

そして私が使っているGalaxy S20+には、この問題を回避できる手段がありました!

Bixby Routinesで指定の時間帯に明るさを自動変更!

Bixby Routines

Bixby Routinesは、指定の場所や時間になったら特定の設定をオンにできる機能。

時間指定により、終了のタイミングも決められます。

私は「動画を見るときだけ自動回転にする」とか「自宅に着いたらWi-Fiをオンにする」みたいな設定を使ってました。

この機能で、夜になったら明るさを下げるようにすれば良いわけです!

Bixby Routinesで明るさ調整

ブルーライトフィルターをオンにしつつダークモードをオンに、さらに明るさを下げます。

これを22時30分〜6時30分くらいに設定しておくことで、寝る前の消灯〜カーテンを開ける起床手前くらいまで目をやられずに済みます。

まとめ

バッテリー消費は犠牲にしてでも、スマホは明るい画面で楽しく使いたい。

そんな時は明るさの自動調整をオフにすればOK!

そしてGalaxy S20+なら、Bixby Routinesで輝度を下げる時間の指定も可能。

朝から晩まで、ちょうど良い明るさでスマホを楽しく使っていこう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です