SpigenのGalaxy S20+ケース「シン・フィット」購入レビュー

スマホケースはもっぱらSpigen製のを買ってるので、Galaxy S20+のケースもSpigenにしてみました。

Galaxy S20+_ケース

今回はSpigenのシン・フィットを買ってみたので、Galaxy S20+に取り付けていきます。

シン・フィットのメリットとは?

私がSpigenのケースを買う際は、シン・フィットというシリーズを選ぶことが多いです。

Spigenでは頑丈さ重視のケースや透明でシンプルなケースなどを多数展開していて、シン・フィットは中でも「軽さ」を重視しているのが特徴。

スマホは日々大型化が進んでいて、本体だけでも結構重いですよね。

シン・フィットなら薄くて軽いので、本体サイズがさらに大型化したり重くなったりするのを防いでくれるのが良いんですよ。

Galaxy S20+_本体

今回のS20+モデルは、カメラの高さに合わせるのでなくカメラ周りはケースも出っ張らせることで厚みの増加を防いでます

レンズを保護できつつ無駄に持ちづらくならない、新設設計だ。

ただ落下に関する耐久性はどうなのか微妙なところ(S10シリーズは何度か落としたけど一応問題なかったが)なので、頑丈さ重視なら耐衝撃系のバリエーションを選んだ方が良いかと。

シン・フィットのケースをGalaxy S20+に装着してみる

セットガード・プロテクション!

Galaxy S20+_シン・フィット装着

おお、いい感じ。

全部黒いので、本体カラーが何色でも関係なくなることには注意。

ケースはけっこうサラサラした素材でできていて、手触りが良いです。

透明なケースってべたつきがちなので、特に夏場はサラサラしたシン・フィットみたいなケースのが使っていてストレスを感じない印象。

Galaxy S20+_カメラ周り

とがった石の上に運悪く落としでもしない限りは、カメラが割れることはないかと。



Galaxy S20+_ボタン周り

ボタンは潔いむき出し仕様。

使ってると将来的には擦り傷とか付きそうなので、心配な人はちゃんとフレームを全部覆ってくれるケースを選ぼう。

Galaxy S20+_端子周り

角部分は分割されてます。

なお昨年のS10+用シン・フィットは、何度か着脱しつつたまに落としたりもしながら使ってたら充電端子周りの細くなってる部分が割れました。

やっぱり薄さの代わりに耐久性はちょっと低めな印象はありますが、今回はどうでしょうか。

今年もよろしくシン・フィット

Galaxy S20+_ケース前面

正面から見るとちょっとフレームの黒い部分が見える程度。

というわけで、新しいケース買ったよという報告と外観チェックでした。

しばらく使ってみて、どこかで使用感をまた述べていく予定。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です