Galaxy FoldとiPad miniを比較してみる~サイズ・使い勝手の違いは?~

iPadmini

先日の記事で書いたとおりGalaxy Foldはそろそろお役御免と言うことで、代替機としてiPad miniの2019年モデルを導入してみました。

メインタブレットとしてiPad Proの256GBモデルがあるので、64GBで。

Galaxy Foldを手放す前に、最後にiPad miniとGalaxy Foldの比較をしてたいと思います。

iPad miniとGalaxy Fold、サイズ感の違い

Galaxy FoldiPad miniサイズ比較1

iPad miniとGalaxy Foldを並べてみました。

似たような画面サイズですが、けっこうサイズは違います。

明らかにiPad miniの方が大きい。

画面サイズ比較

こんな感じで、iPad miniの画面にちょうどGalaxy Foldが入るくらいのサイズ感ですね。

上下のベゼルが広いかつ左右もGalaxy Foldよりかは広いから、iPad miniを久々に触ってみると「なんかデケェなこれ!?」と思っちゃいました。

iPad mini Galaxy Fold画面裏比較

裏面も、Galaxy Foldは画面があるのでキカイダーみたいになってると言う大きな違いが。

私の場合Galaxy Foldもほぼタブレットとしてしか使っておらず、裏画面は印象薄かったり…。



使用感の違いまとめ

順不同で気づいたことを挙げていきます。

Galaxy Foldの方が明らかに未来感ある

Galaxy Fold3画面分割

Galaxy Foldは3つのアプリを同時起動できたり、画面を折ってコンパクトにできたりと未来っぽさがすごいですね。

価格がiPad miniの5倍くらいするだけある…。

この5倍の差に納得できるかどうかが重要ですが、そもそもGalaxy Foldを買おうか悩んでる時点でかなり強い興味を持ってると思うので、納得はできると思います。

私は最終的に手放しているものの、24万くらい出して買ってみて良かったと心から思ってます

安定してサクサク動く、良い意味で可もなく不可もないiPad mini

iPad miniは実はこれで買うの3回目なんですが、やっぱりちょうど良い端末といった印象。

使っていてイライラさせられる場面は一切なし、Galaxy Fold特有の画面の折り目も当然ありません。(折り目、意外と目立たなかったですけどね)

64GBモデルなら5万円しない程度で手に入りますし、単純に7インチ台のタブレットが欲しいだけならどう考えてもこっちのがコスパは高い

しかし2012年くらいに出たiPad miniからほぼデザイン変わってないので、古めかしさはありますよね。

iPad miniはLightningケーブルなのが悩ましいが…

iPad miniはLightningケーブルを使用しなければいけないのが超面倒ですが、幸いiPhone 11 Proを最近導入しているのでダメージ小さいです。

iPhoneとiPadを両活用するなら、Lightningケーブルを使う場面自体が増える=ケーブルをまとめられるので独自端子も使いやすいと言えば使いやすい。

しかしさらに最近買ったMacBook AirはUSB-C、ほんとなんとかしてくれ。

Galaxy FoldはUSB-Cなので、MacBookやiPad ProやGalaxy Note10+、各種イヤホンといった私が持っている色々な機器とケーブルが共通。

7インチ〜8インチくらいの高性能Androidタブレットがもっと色々あれば良いんだけどな…。

スピーカー音質は意外とどちらも変わらない

iPad miniは本体下部からのみ音が出る仕様、Galaxy Foldは上下から音が出ます。

Galaxy Foldはスピーカーを指で塞ぎやすいデメリットがあるかつ、意外と音質はiPad miniと変わらない気がしてます。

iPad miniも比較的指で塞がれやすいですが、なんぼか塞がず持ちやすい気はする。
iPadの方が大きくて聞き取りやすい+片側のみからとはいえいい音で、「Galaxy Foldから乗り換えて音が悪くなった…」みたいな感じはしてません。



ファイル管理のしやすさはGalaxy Fold

iPad、iTunesに繋いでアプリにデータを転送…みたいなファイル管理が超だるい。

AndroidならWindowsにつなげてファイルブラウザからドラッグ&ドロップするだけなので、やっぱりGalaxy Foldのが手軽かな。

ただMacBookだとAndroidにデータを転送するアプリがめっちゃ挙動不安定で落ちやすいので、iPadの方がファイル管理楽かも。

持ち運びやすいのはGalaxy Fold

Galaxy Foldはほんと持ち運びやすくて良かったな…と、iPad miniを見ていると思います。

いや、iPad miniも小さいんですが、画面の大きさは確保されつつひとまわり以上小さい+折りたためるGalaxy Foldの携帯性が圧倒的でした。

iPad Pro miniとか言って、画面サイズをminiに合わせたコンパクトiPad出してくれ…

ただiPad miniのサイズってOfficeとかの活用にはあまり向いてないので、出なさそう。

Apple製品の連携は便利…AirDropで写真を楽々転送

私はこのブログの運営や普段の仕事で写真データをパソコンに送ることが多いですが、iPhoneやiPadからMacへの写真転送はほんと楽。

まぁGalaxy FoldからもGoogleドライブ使ってすぐデータ送れますが、AirDropなら「いったんクラウドにアップロードしてからパソコン側に同期されるのを待つ」みたいな二度手間感が薄い。

iPhoneで撮った写真をiPadの大画面で編集!みたいなことも、AirDropならささっとデータ転送して出来ますからね。

まとめ

Galaxy Foldと比べてしまうと、iPad miniもでかいタブレットになるという事実がちょっと面白いですね。

しかしGalaxy Foldは本当に面白かった、今年買った機器ではベストですね。

画面を折ってポケットに入れられるタブレット(スマホ)、まさに新時代だった。

正直満足度の高さはGalaxy Foldの方がiPad miniより上ですが、今後の機材購入予算のやりくりの都合によりここでお別れ。

Smart Cover

ヤマダ電機でSmart Coverも買ってきたので、とりあえず今後は当分8インチタブレットをiPad miniで運用していきます。

性能自体はどっちも最先端の高性能なので、「Galaxy Foldの小ささ良かったな…」と思いながらiPad miniと生きていこう。

…ここまでApple製品増えたなら、AirPodsも買いなおしてもいいな…

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です