Galaxy Fold長期使用レビュー|これが未来の「タブレット」だ!

3月に購入して2ヶ月ほど使ったGalaxy Fold。

今回はレビュー完結編ということで、私の生活においてこいつがどう役立ったか、そしてイマイチに感じた点も併せてまとめます。

Galaxy Foldは折りたたみスマホでなくタブレットだった

Galaxy Foldは折りたたみスマホで、折るとコンパクトスマホ、開くと7インチ台の画面を持つタブレットのようになるのが特徴。

この2ヶ月間使って感じたのは、こいつはスマホでなくタブレットなんじゃないかということ。良くも悪くも。

私の場合、メインスマホとして一緒にGalaxy Note10+やiPhone 11 Pro Maxを持ち歩いてしまっているのも理由としてありますが…

折りたたんだ状態で操作することってまずなかったですね。最初の1週間くらい以外は。

移動中のちょっとした待ち時間とかに片手で持って操作するには心配な本体価格と、落としたら即壊れるであろう重量感(263g)。

よって両手でしっかり握って使える喫茶店とかで、開いてタブレットとして使うことがほとんどでした。

タブレットとしては最高に使いやすい

iPadシリーズが好きでよく使っている私ですが、こいつらは外でとにかく使いづらい。

iPad Proは当然ですが、miniであってもポケットの中には入らないので、カバンに入れて持ち歩くことになります。

一旦カバンに入れてしまうと、取り出すのが超面倒くさいんですよ。

Galaxy Foldは折りたためば服のポケットに普通に入るので、さっと取り出して使い終わったらすぐ閉じて仕舞う…とスムーズ。

この快適さ、他の何物にも変えがたかったです。

スマホとしては激重だし価格も高いしで厳しい面が目立つGalaxy Foldですが、「最先端タブレット」としてはかなり面白い端末でした。



スペック文句なし、インカメラとスピーカーは残念

ストレージ512GBやSnapdragon 855搭載など、スペックは2019年秋時点の最高クラスなGalaxy Fold。

動作はサクサク、旅先で撮った動画の編集も大画面で快適に行えてよかったです。

惜しむらくは昨今のウイルス騒動で、買ってからぐに出かけられない生活に変わってしまったこと。

そして本体設計で気になった点は2点で、インカメラの大きさとスピーカーの位置。

インカメラがやっぱりでかいわ。

インカメラは三眼で性能が高いのは良いんですが(私は自撮りしないけど)、デカすぎてYouTubeとかの画面が欠けます。

アプリによっては表示を調整できたのもあったと思いますが、YouTubeは強制的に画面の下一部が欠けてしまうという。

せっかくの大画面なのに一部が見えなくなるのはかなり残念、次期モデルではいっそインカメラは1つでもいいので、なんとかして欲しい。

スピーカーが指で覆われる

スピーカーがちょうど指で覆われる位置にあるので、横持ちすると音が聞こえづらくなります。

上下逆に持って画面の向きが調整されるアプリなら調整すれば良いですが、されない場合けっこう厳しい感じ。

上下の向きをひっくり返せるアプリも、いったん持って「あぁスピーカー上にしないと」みたいに思って持ち変える工程はだるいです。

もっとちょうど良い位置にスピーカーが設置されるように、次期モデルではなんとかして欲しいところ。

8インチタブレットって良いね。

8インチというサイズが、やっぱりちょうど良かった。

朝起きてプリコネの武器素材集めとかをやる際、表示が見やすいし(タブレットとしては)軽いから腕が疲れないし。

電子書籍を読んだり、動画を見たりするのにも手軽かつそれなりに大きな表示。

iPad Proだと大きいので、みやすさではもちろん上だけどなんか置き場所に困ることが多いんですよね。



画面分割はあまり使わなかったが…

Galaxy Fold3画面分割

最大3つくらいアプリを同時表示できるGalaxy Foldですが、意外と使わない機能でした。

せいぜい2画面まで、3画面にすると上下に分割されたアプリが見辛すぎた。

あと3つ以上の作業を同時にこなすことってあんまりなかった。

iPadみたいに、左右にアプリを1つずつ表示できれば十分でしたね。

Galaxy Fold画面分割

こんな感じで。

ピクチャーインピクチャーは便利だった

YouTube Premiumの会員はAndroidスマホで動画を小窓表示できるんですが、これはほんと便利。

iPadだと画面分割で左にYouTube動画、右にSafariみたいな使い方ができますが、動画って横長なのでスペース無駄に余るんですよね。(前項の2画面分割みたいな感じ)

ピクチャーインピクチャーだと1つのアプリを大きく表示しながら、小窓で動画を眺められます。

スペースを無駄なく使えている感じで便利、iPadでもピクチャーインピクチャー使えるようにしてくれ。

というかiPadでも機能としてはピクチャーインピクチャーがあるのに、YouTubeアプリでは解放されていないんですよね。(Safariから開くとかで一応できるらしいが)



まとめ&手放すに至った理由

というわけで細かい問題はあったものの、総合的満足度は高かったGalaxy Fold。

2ヶ月ほど使ったので、そろそろ手放そうと思います。

実際かなり満足しているので、本当はもうしばらく持っていてもいいんですが…

結局高い買い物なんで、どうせいつか売るなら売値がまだ10万オーバーになる今のうちかなと。相場は日々下がっていくし。

実際私が買った時より、既に10万くらい相場下がってますからね。(調べてあまりの急落にショック受けた)

ほぼタブレットとしてしか使わなかった関係上、「じゃあiPad miniなりFire HD8なりを持ってれば概ねOKなのでは?」という思いも。
タブレットに買い換えると折りたたんで気軽に持ち運べなくなるのはかなり悩ましいですが…。

Galaxy Foldは後継機に期待しつついったんサヨナラ、売った金でiPad miniとFire HD8 Plusを買いつつ、余った金はなんか他のもの買うようにキープしておこう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です