Galaxy Note20 UltraのRingke製薄型ケース(Air-S Black)を装着!【ケースレビュー】

RingkeNote20Ultraケースパッケージ

Galaxy Note20 Ultraはカメラが飛び出していてアレなのでケースが必須。

本体重量が重くてサイズも大きいので、できるだけ軽量・薄型なケースを使いたいところ。

今回はRingkeというブランドの、Air-S Blackというケースを買ってみました。

なおGalaxy Note20 Ultraの本体レビューは、以下の記事で行ってます。

Galaxy Note20 Ultraを買ってみた!外観やNote10+と比較しての初日の使用感をレビューしてみる

RingkeのAir-S Blackは薄型で軽量

Ringkeケース背面

Air-SはSpigenのシン・フィットに近い、薄型のケースです。

すべすべで手触り良し。購入前に希望してた商品がそのまま届いた感じ。

Ringkeメーカーロゴ

メーカーロゴが背面に書いてあるのもSpigenっぽいですね。

Ringkeケースボタン

電源ボタンや音量ボタンもちゃんと覆われてます。

Ringke底面部分

底面もスピーカーやペン周りなどを除いてしっかりガード、ストラップホールもあります。

Galaxy Note20 UltraにRingkeのAir-Sを装着してみる

Ringkeケースを装着

黒一色のケースなので、残念ながら背面の銅色は隠れてしまいます。

Ringkeケース画面

画面の周りは少し出っ張っているので、落とした時に画面は守ってくれそうですね。

Spigenのシン・フィットより、ちょっと高さがある印象。端部分を頻繁に触ることはないので問題ないですが…

<10月8日追記>

頻繁に触ることはないと思ったんですが、ジェスチャー操作だとホーム画面に戻る際に、画面の下端から上にスワイプすることになります

結果として、けっこう誤操作してしまいやすかったです。

3ボタン操作をする方なら大丈夫ですが、ジェスチャー操作を使う方はちょっと注意。

Ringke Note20 Ultraのカメラ周り

 

カメラ部分も高めに盛り上がっています。

盛り上がり方が大きいので、机に置くと本体を裸で置いたときと変わらないくらいグラグラするぞ…!

保護できるのは良いけど机に置いてペン操作するのは厳しめ。

かといってカメラ部分の厚みを緩和できるような厚いケースだったら、携帯性が下がっちゃいます。これがやっぱりベストでしょう。

Ringkeケースよりペン取り出し

ペン周りもちょっと厚めに覆われてるので、若干ペンを取り出しづらいかな…?

でもまぁ、指の先で押せばちゃんと出てくるので大丈夫でしょう。

まとめ

Ringkeケースカメラ周り

というわけで、RingkeのAir-Sでした。

軽量で厚みが増すこともなく、Galaxy Note20 Ultraの重量・サイズを最低限の増量で持ち歩けます。

とりあえず今から軽量なケースを手に入れたいなら、Ringkeのケースを買ってみるのがおすすめだと思います。

本体カラーを重視したいなら、本体付属のケースがちょうど良さそう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です