リボルテック リガード(超時空要塞マクロス)を約10年越しに入手!【フィギュアレビュー】

リボルテックリガード箱

ずっと欲しいと思っているものの、なかなか購入の機会に恵まれないフィギュアってありますよね。

単純に中古ショップなどで見かけないものもあれば、欲しいは欲しいけど今が買うタイミングではないかな…みたいに先延ばしにしているものも。

今回手に入れたリボルテックのリガードは、この2つの複合技的な感じで今まで入手に至っていなかったものです。

まず発売当時はどこでも売ってましたが、学生時代の潤沢ではないおもちゃ購入資金であえてリガードを買うのは気が引けたんですよね。どうせ買うなら主役級の重要なやつが欲しいみたいな。(当時はTV版の一条輝用バルキリーを入手)

同様の理由で、ザクとかも昔はあんまり買ってませんでした。

いざ学生を捨てておもちゃを買う資金をある程度気軽に用意できるようになると、今度はなんかリガードが市場に全然出回っていない!

20軒に1軒くらいの極稀な頻度で見かけるものの、3,000円とか4,000円みたいなプレ値。

これはもうリガードを手に入れることはできないのか…?最近再販されてたプラモ作って茶を濁すしかないのか…?

と思いきや、駿河屋の通販でROBOT魂ターンエーガンダムを買う時にリガードも2,400円くらいで売っているのを発見!送料無料なので、定価よりちょっと高いくらいでリガードを手に入れられる!

ということで入手したので紹介です。

リボルテックリガードを開封

リガード前面

リガードです。

腕がなくて中に巨人が頑張って入って操縦してるという非常に変わったメカですね。

リガード背面

この時期のリボルテックはダルめの塗装やちょっと変わった造形のものも色々あった印象ですが、リガードは何もかも完璧な印象。

リガード顔

ツルツルの光沢塗装になっている部分があんまりないので、ベタつきも発生していないぞ!

リガード可動

可動するのは前面のキャノン砲と胴体?部分、あと足です。

腕がない分動かせる部分はどうしても少ない(実質キャノン砲部分が腕と考えればそうでもないんだけど)ということで、学生時代の購入ハードルが高かったんですよね。

背中ランチャー

背中側の武装はミサイルポッドにも変えられるぞ!こっちのほうがリボ球使われてて色々動かせて楽しいです。

リガード1

弱点は…この時代のリボルテックでありがちだったやつですが、自立させづらいところですね。

リボ球がふんだんに使われているのでよく動くんですが、胴体の重さで足がへたってしまったり、単純にバランスとりづらかったり。

まとめ

リガード2
バルキリーが手元にない

というわけで、リボルテックのリガードでした。

いつか手に入れたいと思っていたフィギュアがミクロマンのアクロメダルグに続いて手に入り、満足です。

ユニファイブの大巨神辺りも手に入らんかな…。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です