スーパーミニプラの無敵超人ザンボット3を入手したので紹介【食玩レビュー】

ザンボット3前面

最近はもっぱら富野監督のロボットアニメを見てるんですが、ザンボット3も現在YouTubeで配信中(そろそろ一旦中断みたいですけど)ということで熱が高まってます。

ザンボット3は中学時代にツタヤでレンタル落ちのビデオを1つ10円だったかで入手してたり、小学生時代に同じツタヤでビデオ借りてみてたりしたので馴染み深い作品ですね。

ザンボット3、キャラクターが明るくて絵柄も愉快な感じなのが余計に展開の辛さ際立たせてるというか、なんならTV版のイデオンより視聴時の体力消耗激しい気がします。

お話が陰鬱な一方で戦闘シーンもかなり工夫をこらした感じで、「絶対にムーンアタックでとどめ」みたいになってないし分離形態の出番も多くて見ごたえある印象。

ということでスーパーミニプラが欲しくなってきてたんですが、2月に青森で見かけたのは「組み立て済み・フル可動のザンボエースなしで3000円」というもの。

ザンボット3って合体前の各メカの出番がかなり多いロボットアニメなので、ザンボエースなしはちょっとダメですよね。

そんなこんなでネットを数ヶ月うろついた結果、4,000円でフルコンプ・組み立て済みのが出回ったので入手しました。

今更過ぎるアイテムなので詳細なレビューは割愛、かんたんに遊んでみたいと思います。

合体前の各メカ

ザンボット3合体前

ザンバード、ザンブル、ザンベースです。

これ分離が差し替えによる再現なんですけど、付け足したり取り替えたりするパーツがかなり多くてしんどめでした。

イデオンよりは壊れる危険性薄いものの、多分もう分離させることはないな…。

ザンバード/ザンボエース

ザンバード

ザンバードのつま先~腹にかけては全部付け替えパーツ、腕部分と頭もザンボット3にする時は取り外す仕様。

ザンバード側面

派手に付けかえる割には色足りてない感じありますけど、税抜き950円で一応食玩的な値段だからこんなもんか。

ザンボエース

ザンバードからザンボエースに変形するのは流石にこの値段だと無理だしどうせ変形してもアクションできないからだと思いますが、ザンボエースは別途アクションフィギュアとしてラインナップ。

ザンボエース

やっぱりこれもないとダメですよね。

1話のサブタイトルがまず「ザンボエース登場」だし、最終回のラストもザンボエースだし、本編中も「他2人は別行動なのでとりあえずザンボエースで戦う」みたいな場面めっちゃ多いですから。

ザンブル

ザンブル前面

腕がそのまま砲塔みたいに扱われてる斬新な見た目のザンブルです。

ザンブル側面

キャタピラは付け替え式で、あとは胴体部分のパーツを変更する感じ。一番組み立てやすいぞ!

ザンベース

ザンベース前面

後ろの背負いもの部分が分離してザンボット3の背中に張り付くバンクが印象的ですよね。でもミニプラでは、キャタピラを外して付ける感じなのでちょっと気分が削がれるのだ。

ザンベース側面

羽根部分とか差し替え多くて、ちょっと面倒でした。

ザンボットコンビネーション

ムーンアタック

というわけでザンボット3です。

可動は形状とか考えると十分な感じですね。

しかし腰とか脚のパーツがやたら外れやすくて、マジでしんどいぞ!あと手も人差し指~小指部分が付け替え式でうまくハマりづらい。

ザンボットブロー

ザンボットブロー!(この辺の武器の名前と見た目が混ざってわかんなくなりやすい)

ザンボットカッター

ザンボットカッター!

武器もたせるときに手がもげまくるので辛い。

ザンボット3

まとめ

というわけで、スーパーミニプラのザンボット3でした。ちょっと高かったですが、机にザブングルとかイデオンと一緒にならべられて満足です。

ダイターン3は出ないのか…?

ダイターン3はプライズで良い感じの変形できるやつが出てるので、アレを並べればいい感じでしょうか。

ザンボット3のプライズのやつは昔持ってたんですが、アレもパーツ取れまくるうえに可動もほぼしないから置き物だったな…。

ところでトライダーG7がスーパーミニプラで出たので欲しいんですが、買うタイミングで悩んでます。なんか安くなりそうな気もする。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です