スマホのカメラレンズの種類や特徴についてざっくり解説|望遠と超広角とマクロはどれが重要なのか考える

カメラレンズが沢山搭載されているスマートフォンが増えてきておりまして、いい加減どれが優れているんだか意味がわからなくて困っている方も少なくないんじゃないかということで…今回は、スマホ選びにおけるカメラレンズの種類について考えていこうと思います。

機種によって搭載されているレンズの数や種類、あるいは性能も異なっているので、「自分はどれを選べばいいんだ」と悩んでいる方は参考にしていただければ。

なお専門的な知識によるプロの解説とかではなく、死ぬほどスマホを買っているけど素人の私の体感とかをもとにした話になります。

スマホカメラのレンズ、主な種類と特徴

スマートフォンのカメラで使われているレンズは、主に以下の6種類ですよね。

  • 広角レンズ(通常レンズとか標準カメラとか色々書かれているやつ)
  • 超広角レンズ
  • 望遠レンズ
  • マクロレンズ
  • 被写界深度測定用のレンズ
  • モノクロレンズ

だいたいこのうち2~4個くらいが搭載されている傾向にあります。

広角レンズはいわゆる普通・標準のカメラレンズ

iPhone 13 Proズーム前
iPhone 13 Proの標準レンズで撮影

広角レンズとか標準レンズとか言われてるやつは、本当に普通のレンズですね。

広くもなければ狭過ぎもしない、それなりの範囲を撮影できるやつです。

標準なので基本的に全部のスマホに採用されていますが、同じ標準レンズでも機種によってわりと写せる範囲の広さは違ってたりもする印象。

一昔前の印象としては、iPhoneの標準レンズよりAndroid系のスマホの方がより広角で広い範囲が写っていた感じ(画角が広い的な表現をするらしい)。現在もそんな感じじゃないですかね?

当時何も知識がなかった私としては「Androidは余計な部分まで写っちゃうから調整が難しいなぁ」とか思った記憶があります。

自撮りしながらなんか風景とか小物見せたいみたいな場合は、標準レンズでもある程度画角が広くて広範囲を写せるスマホカメラのほうが良いんだと思います。私は机の上の人形とかしか撮らないので、あんまり広くないほうが余計な端に置いてる家具とか映り込みづらいから助かる感じ。

超広角レンズはかなり広い範囲を画面内に入れられる

moto g100超広角写真
moto g100の超広角写真

超広角レンズは、標準レンズと比べてより広い範囲を撮影できるレンズですね。

左右や上下・手前も含めて広い範囲を撮影できるので、集合写真とかデカい建物の撮影とかで役立つ感じです。

moto g100通常写真
こっちが標準レンズ

ただ端のほうが標準のレンズ以上に歪みやすいので(標準レンズでもフィギュア並べて撮影したりする時端が妙に丸くなったりします)、けっこう使い方が難しい印象。

私は1年に2~3回くらいしか使わないレンズですが、人によってはかなり使うんだと思われます。

望遠レンズはズーム撮影をキレイに行える

Pixel 6 Pro4倍
Pixel 6 Proの4倍ズーム写真

望遠レンズは、ズーム撮影専用のレンズです。

注意したいのは、望遠レンズが搭載されていない=ズーム撮影ができないというわけではないこと。

望遠レンズがないスマホでも、標準レンズを使った「デジタルズーム」はできます。

iPhone SEデジタルズーム
iPhone SE第2世代のデジタルズーム

デジタルズームというのは、撮影した写真の一部分を切り取ってズームのように見せかけるみたいなしくみですね。

望遠レンズは専用のレンズを用意することにより、デジタルズームよりもキレイだったりより遠くを拡大して写せたりするのが特徴。

例えばiPhone 13 Proなら光学3倍ズーム対応、Pixel 6 Proは光学4倍ズーム対応で、基本的にズームは○倍の数字が大きいほど遠くを大きくキレイに写せる感じになります。

2倍とか3倍くらいまでならデジタルズームでもそんなに違和感ないんですが、もっと大きな倍率で撮るならちゃんとした望遠レンズがある機種のほうが有利。

Pixel 6 Pro20倍ズーム鳥
Pixel 6 Proの20倍ズーム

ただ、10倍とか20倍以上になってくると望遠レンズありのスマホでもけっこう厳しめな印象。遠くの鳥とかをめっちゃきれいに撮るなら、ちゃんとしたカメラを買ったほうが良いです。

マクロレンズは近くのものに寄って大きく撮影する用

OPPO Find X3 Proマクロ
OPPO Find X3 Proのマクロ撮影

マクロレンズは、近くのものに近づいて写真を撮れるレンズですね。

最近だと2~4万円くらいのスマホによく採用されています。

またiPhone 13 Proなど、機種によっては超広角レンズにマクロモードが搭載されていて、超広角レンズでマクロ撮影ができるケースもあります。

私は買ったおもちゃとか路上に落ちてる残骸を撮影することが非常に多いので、マクロ機能はかなり重視してます。

その他・被写界深度センサーとかモノクロレンズとか

その他の被写界深度センサーとかモノクロレンズは、写真のクオリティアップ用に付いてるやつですね。

被写界深度センサーは、背景ボケのある写真(ポートレートモードみたいなやつ)を撮る時に被写体(写す人なりものなり)との距離を測って良い感じに表現するためにあるやつです。

モノクロレンズは色の表現力を高めるようみたいな感じだったかと。

私としては、こいつらが搭載されている意義を感じたことがあんまりないのでなんとも言い難いです。多分知らないところで彼らが頑張ってくれているんだと思いますが。

5~6年位前のスマホだと「被写界深度センサーがないスマホはポートレートモードが使えないから背景をぼかせない」みたいな印象でしたけども、最近のスマホって普通に標準レンズで撮ればそれだけでかなり背景ボケますよね。

スマホ選びで重視すべきレンズはどれか?超広角・望遠・マクロ

iPhone 13 Pro電源ボタン

というわけで、ここからは私が思うスマホ選びにおいて重視すべきレンズの種類について書いていきます。

標準の広角レンズは必須だけどどのスマホにも付いてるから問題なし

RGフォールディングレイザー対装甲ナイフ

標準レンズはどのスマホにも付いてるので、まぁ気にすることはないでしょう。

外の動物とかを撮るなら望遠レンズがおすすめ

Pixel 6 Proのズーム写真
Pixel 6 Proで撮影した白鳥の群れ(遠すぎてあんまりハッキリ写せなかった)

めっちゃ遠くにいる鳥とか、近づくとどっかに行く猫とかを撮りたいならズームレンズ搭載のスマホがおすすめです。

より遠くを撮りたいなら、光学ズームやデジタルズームの倍率が高い機種がおすすめ。

例えばiPhone 13 Proは光学3倍ズーム・デジタルズームは最大15倍となっております。

ただし望遠性能が高いほど本体価格も上がっていくので、どこまでできればOKかも重要になってくるかと。

あと、50倍とか100倍ズームは実用的とは言い難いのであんまり気にしなくていいです。ちょっとスマホ動かすと映る範囲が大きくズレるから撮影もしづらいし。

せいぜい20倍ズームくらいまでをキレイに撮れる機種を探すのがおすすめ。

小物とか花とかを撮るならマクロ対応のスマホがおすすめだがあまり優先する必要はないかも

OPPO Find X3 Proマクロ

小さいフィギュアの顔とか花とかを大きく写したい場合は、マクロレンズ搭載などマクロ対応の機種が基本的にはおすすめとなります。

OPPO Find X3 Proとか、さっき紹介したiPhone 13 Proとかですね。

OPPO Find X3 Proは顕微鏡レンズ搭載で、もはや肉眼で見えないものまで写せるけどその昨日はとくに役に立つ場面なかったのであんまり気にしなくていいかも。

インパルスガンダムRG顔
Pixel 6 Proの2倍ズーム

ただし、実のところデジタルズームでもわりとキレイに撮れるんですよね小物類とかって。

上のインパルスガンダムはPixel 6 Proの2倍ズーム(光学は4倍なのでおそらく2倍はただのデジタルズームですよね)で撮ってますが、全然キレイですよね。

ということで、マクロレンズやマクロ撮影機能は「あるとより便利だけどなくてもあんまり困らない」くらいのポジションだと思います。

あと、2~4万円くらいのスマホのマクロレンズは「これいる?」レベルで微妙なのもたまにあるのでちょっと注意が必要だったり。ただ寄れるだけで変な色になったり、画素数が200万画素とかで小さすぎるせいか写りがしょぼかったりみたいな。

個人的にはそんなに必須とも思えないけど人気は高いっぽい超広角レンズ

超広角レンズ、私は本当に使わないのでべつにいらないと思ってるんですが、YouTuberの人の動画とかを見ると何よりも必要扱いされてることが多いんですよね。

ここまで解説した内容が理由だと思います、マクロ撮影や望遠撮影は標準レンズでもある程度補えるけど、広い範囲を写せる超広角レンズの機能は補えないんですよね。

超広角レンズがない場合、同じ範囲を写したければ自分が後ろに下がるしかなくて、場所によってはそれ以上後ろに下がれないこともあるわけです。

撮影しながら後退りするのは危険だし、確かに超広角レンズはあったほうが便利だと思われます。

だからiPhoneも11以降低価格モデルで超広角レンズは必ず付けてるんでしょう。

でも、駅とかお城みたいなのを撮る人やみんなで遊びに行って記念に集合写真撮ろうぜみたいな人でない限りは、わりと超広角レンズも使わないんじゃないかとは思います。

あとは手元での作業や自撮り動画などを撮影したいYouTuberの人とか?

まぁ私の好みはともかく、十分なカメラ機能を求めるなら、標準レンズ+超広角レンズを搭載している機種を選ぶのがおすすめです。

望遠とかマクロは、スマホカメラを活用する人がそれぞれお好みで搭載機種を選べばOK。

モノクロレンズとかは気にする必要なし

モノクロレンズとか被写界深度センサー用レンズは、別についてなくてもいいです。

まぁついててもいいんですけど、付いてることで凄い恩恵を受けられるかは謎。

10万円とかの機種なら多分役立ってるんだと思いますが、2~3万円くらいのスマホだったら「とりあえず付けておくことでトリプルレンズとか4眼とか言い張る用」みたいな印象。

まとめ

というわけで、スマホカメラに関する雑談的な内容でした。

S21 Ultraズーム4

私は秋~冬にかけて鳥(サギとか白鳥とかキジとか)を撮って遊ぶことが多いので、ズーム性能は重視することが多いです。

マクロも重視してますが、いまメインで使ってるPixel 6 Proはマクロ機能なしなのでデジタルズーム2倍でなんとかしてますね。

君も普段のスマホカメラの用途を踏まえて、ベストなレンズが搭載された機種を選ぼう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。