所有モバイルバッテリーの使用感レビューまとめつつ新製品情報を調べる→AukeyのPB-N83買ってみた【2022年9月編】

手持ちのモバイルバッテリー

カワバンガ!電子レンジマンです。

私はガジェットマニアで外でスマホやタブレットなどを使う機会もそれなりにあるわけですが、それにあたっていざという時のために持っておきたいのがやはりモバイルバッテリーなんですわ。

モバイルバッテリーは充電しておけば、ケーブルを装着することでいつでもどこでも給電が可能。

ということで今回は手持ちのモバイルバッテリーについて振り返りつつ、「なんか最近良いのあるのかなぁ」と調べてみる雑記になります。

手持ちのモバイルバッテリーたちの使用感まとめ

まずは手持ちのモバイルバッテリーの使い心地について。

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000は、プラグが搭載されていて充電器としてもモバイルバッテリーとしても使える優れもの。

これ今Amazonとかに在庫ないみたいなんですが、販売終了しちゃったんですかね?便利さでは圧倒的なのに。

まぁこのAnker PowerCore Fusion 10000、確かに便利なんですが弱点も多い製品であることは間違いない。

良い点としては最大20W出力対応でそこそこ充電スピードが速いし、9700mAhということで容量も大きいです。

私は朝から晩までほぼぶっ通しで動画を撮影することが月1ペースであるわけですが、その際もこいつがあればiPhoneでバッテリー残量を気にせずずっと動画を撮れて大変便利。

USB-AとUSB-Cの端子が1つずつ搭載されてるのも良いですね。

弱点はまず単純にデカくて重いこと。そこそこカバンの中で主張が強い製品です。

形状的にスマホと重ねて使うみたいなことはしづらい。

そして縦に広い形状+重いので、新幹線のコンセントで本体充電したりACアダプター代わりに運用したりする際ちょっと不安定。たまに外れることがあります。

旅行時に役立つけど旅行でやや不便な点も際立つという、悩ましいモバイルバッテリーですねAnker PowerCore Fusion 10000は。

初夏くらいまではこいつを必ず青森に行く際に持ち歩いてたんですが、最近ちょっと考えを変えつつあります。

RAVPower RP-PB186

RAVPower RP-PB186

やらかしてAmazonから締め出されてしまったRAVPowerですが、このモバイルバッテリーはかなり良い製品だと思ってます。

RAVPower RP-PB186は、10000mAhで最大18W対応!と公式サイトに書いてあるがあれ?これ29Wでは?と思い改めて調べてみるとリニューアル版では最大18Wまで減ってるんですね。(USB-Cの仕様違反を指摘してるサイトがあったからその辺を直した結果なのかな?)

えぇ~。じゃあ今から勧めても意味ないじゃん。

サイズがスマホよりコンパクト(厚みは2.5台分くらいあるけど)ながら充電スピードが速くさらに大容量ということで、非常に気に入っております。

最近はAnkerのさっき紹介したやつの代わりにこっちを持ち歩くことが多くなってきてます。

強いて言えば上の画像見れば分かる通り外装が汚れてきたのが難点くらいか。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableもすでに廃盤ですわ。

なんつーか良いものから消えていきますな、モバイルバッテリーって。

こいつは見ての通り、USB-Cのケーブルを内蔵しているのでスマホを重ねて使いやすいのがメリットです。

ただしUSB-C仕様なので、iPhoneには使えません。

AnkerはLightningケーブル搭載のやつも出してた(Anker PowerCore+ 10000 Pro Portable Charger)んですがそれももう販売終了みたいかつ、価格が13,640円。

当時迷ったけど流石に高すぎて断念した覚えがあります。

Appleが今MagSafeのモバイルバッテリーを出してるので、まぁ今AnkerのこれがあったとしてもAppleのやつ買えばいいじゃんにはなるか。

最近気になっているモバイルバッテリー(2022年9月)

ここまで紹介してきた手持ちのモバイルバッテリー、まさかの全部販売終了済み。

ガジェットに関してはできるだけ最先端を行きたい私としては、この現状はあまりよろしくない気がする…!まぁ全部便利に使えてるので困ってないのは事実なんだけど。

ということで、なんか良いモバイルバッテリーがないか探してみました。

MagSafeバッテリーパック

まずiPhone向けのMagSafeバッテリーパック。

価格が14,780円とクソ高いのが難点なんですが、MagSafeで固定できるモバイルバッテリーというのはなかなか面白い。

Lightningケーブルを使って最大15Wのワイヤレス充電器として使うこともできるらしい。

ただしこいつコンパクトな製品なので、フル充電は無理っぽいんですよね。

例えばiPhone 13 Proの場合、最大60%ほどバッテリー持ちが長くなるとのこと。う~ん…?

デザインは面白いんだけどクソ高い割にそんなに便利でもないという、悩ましい製品なのです。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)

Ankerが同じようなMagSafe対応モバイルバッテリーを出してまして、こいつは7,990円とApple純正品より安い。

出力は7.5Wとあんまり速くないしちょっと分厚いですが、10,000mAhで容量が大きいかつUSB-Cでの入出力ができるメリットも。

まぁ買うならこっちのほうが良いだろうな…。

Anker 511 Power Bank

形状が格好良い。ブルーのカラーもキレイ。

最大20W出力でスピードも速いです。

充電プラグ搭載で単体で充電可能、充電器としても使えるとのこと。至れり尽くせりだな。

前のFusionなんとかシリーズはとにかくゴロンとしててかさばってたので、コンパクトサイズにまとめてきたのはなかなか素晴らしい。まさに進化を感じさせますね。

ただしこのAnker 511 Power Bankは5,000mAhなので最近のスマホだとフル充電無理そう。

そして縦長の形状なので、おそらく新幹線の車内のコンセントでこいつ使えません。アレ位置がかなり下なので…。

このコンセプトは維持しつつもう少し技術が発展して大容量+コンパクトさが高まってくれればかなり良いものになりそう。

iWALK モバイルバッテリー 超小型 iPhone 4500mAh

iWalkはiPhoneとかに直接装着できる端子が本体に内蔵されてるコンパクトなモバイルバッテリーです。

旧バージョン持ってたんですが、ちょっと容量少なかったんですよね。3300mAhとのこと。

iWalk

これ。

最新版は4,500mAhとのことで、使い勝手上がってそう。

コネクター内臓なので、多分車載ラジオ動画撮る時にケーブルとかかさばらないのもナイスだ。買っちゃおうかなこれ。

…まぁでも、これ付けるとまぁまぁ持ってて重くなるし普通に継ぎ足し充電用として3300mAhの方使い続ければいい気もしてきた…

Aukey PB-N83進化版

AukeyもAmazonからは亡きものにされてしまっているので情報をしっかり自分で調査しないと見逃してしまいますが、ヤマダ電機とか行くとけっこう良さげなモバイルバッテリー出してるんですよね。

このPB-N83は20W出力対応で重量が最近のスマホより軽い174g、クレジットカードよりも小さいサイズです。厚みは3cmありますけどね。

…というかめっちゃ欲しいなこれ。良いじゃん。サイズ小さいからカバンとかの中にテキトーに入れて置いてもじゃまにならないじゃん。

充電スピード速いから何でも充電できるじゃん。パソコンも多分残量減るの遅らせるくらいはできるんじゃないか…?

と思い調べてみると、楽天市場に2,000円送料無料のアウトレット品があったので買っちゃった~い!

まとめ

色々調べてみたけどあんまり面白いモバイルバッテリーって新登場してきてないですね。

出てきてても高いというか。

今回はAukeyのモバイルバッテリーを2,000円で購入。10,000mAhかつ20W出力対応のコンパクトモバイルバッテリーが2,000円なら安いわ。

届いたら使ってみてレビューも書きたいと思います。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。