スマートフォンにハイスペックは本当に必要か?改めて性能について考える【雑記】

私はメインスマホがGalaxy S20 Ultra、サブスマホはiPhone 11 Pro Max。

メインPCはCore i5のデスクトップPCで、サブPCはMacBook Airという構成です。

PCは並程度のスペックでいいという話を以前書きました。

今回はスマホの場合スペックがどれくらい重要なのか、本当に高性能な必要はあるのかを考えていきたいと思います。



スマホに性能が求められる場面は主にゲーム

スマートフォンって最近は3万円くらいの機種でもそれなりに動くようになってるので、性能が求められるのはゲームくらいなんですよね。

Galaxy S20 Ultraプリコネ1

私はほぼスマホでゲームをしないので性能は全然必要ない…と思ってたんですが、最近プリコネを始めてしまったのでそうも言ってられなくなってきました。

nova5Tだと若干バトル画面の挙動が怪しかったと書いた記憶がありますし、先日レビューしたRedmi Note 9SやReno Aも戦闘はけっこう動きがガタガタしてます。

つまりプリコネのような2Dメインのゲームしか遊ばないとしても、性能は高い方が良いですね。

ただあくまで一部ガタついてる場面があるだけで、遊ぶこと自体はnova5TでもRedmi Note 9Sでも全然できてました。

Redmi Note 9S(6GB・128GB)日本国内モデルが届いた!開封&使用感レビュー|高コスパスマホの実力は?

超快適である必要がないなら、無理に「ゲームのために」ハイスペックを選ぶ必要はないと考えられますね。

あとiPhoneを選ぶのなら、iPhone 7と同じCPUのiPad第7世代で普通にプリコネが動いているので安く売ってる古い機種でも全然OKっぽい。

【実は重要】細かいスクロールなどの快適さが性能に比例

Redmi Note 9Sを何日か使っていて思ったんですが、画面スクロールやボタンタップ時の反応、画面のきれいさなんかはやっぱり高い機種ほど有利です。

私は普段iPhone 11 Pro MaxやGalaxy S20 Ultraを使っているので、正直Redmi Note 9Sの挙動には物足りなさがあります

Reno AやReno3 Aでも同様で、もたつくとどうしてもイライラさせられてしまいますね。

とくにReno3 AはCPU性能がけっこう落ちるので、よくフリーズしたりとストレスが大きめでした。

ゲームをしないとしても、ツイッターやInstagram、ネットサーフィンなどをたくさん使うならハイスペックスマホを選ぶのがおすすめです。

 

カメラ性能、必要なのか?緊急事態宣言が明けた今考えたい

緊急事態宣言も終わりまして、外に出て写真撮っても怒られなくなってきました。(この記事を1ヶ月位かけて書いている間に、また国内情勢悪化してきましたが…)

3ヶ月くらいスマホのカメラほとんど使わないでいて思ったんですが、そもそもスマホで写真って撮る必要あったんでしょうか?

今までなんとなく昼飯とか行った場所の写真撮ってましたが、実はよほど大きな旅行でもない限り写真なんて撮る必要ないわけです。

もちろん、「撮る」という行為は楽しいんですけどね。

そしてスマホで撮った写真をSNSに投稿しても、どんな内容の写真であっても、賞味期限はよほどの人気者でない限り半日もありません。

自分が楽しければ、良いといえば良いんですが。

スマホカメラ、夜景に強かったりめっちゃ広角や望遠がすごかったりする必要って本当にあるんですかね?

それらの機能がないと絶対に困る場面って、ないと思います。

マニアなら1回しか使わなかったとしても楽しければOK、スマホの写真で日銭を稼ぐ方にも性能は高い方が良いですが…

こだわりのない一般の人には、高性能なスマホカメラなんていらないと思う。

家族や友達との思い出の写真も、実際ブレてたり暗くて見えない部分があったりしてもそれ込みで思い出になるんで、実はiPhone 5s〜6くらいの画質があれば十分ですよね。



今年はスマホに金をかけたくない年になる

私も絶賛収入が駄々下がり中ですが、世間の方々もけっこう同じように苦しんでいるんじゃないでしょうか。

というか私なんてただのどうでもいいフリーライターなんでまだ良い方で、近所をちょっと見渡しただけでもたくさんのお店が閉店してます。

そんなわけで、しばらくの間はみんな金も無闇に使えない日本(というか地球全体)。

スマホの購入費用も、なかなかかけづらいです。

5Gはまだまだ不要

この非常事態に日本は5Gが開始されましたが…

5Gスマホは10万オーバーの高額機種ばかりで、プランの月額料金も高い。

そもそもコロナ禍云々以前にエリア狭すぎで、まだ役立てられる人0です…。

おそらくこんな状況じゃ設備を増やすのも大変で、本来の想定よりも普及には時間がかかるんじゃないかと。

あと5Gの速度を活かせる人って、まだまだ少ないと思います。

よほど一般に速度が必要な何かが浸透しない限り、4Gで全く問題ない。



2020年、コロナ禍で選ぶべき「そこそこのスマホ」とは?

というわけで、ここまでの内容を踏まえて考えた「今選ぶべきそこそこ性能・価格系スマホ」が以下の3機種。

・iPhone SE
・Reno A
・Redmi Note 9S

iPhone SE

iPhone SEは以前紹介したとおり、スペックはiPhone 11 Pro Maxと大差なしの5万円iPhoneです。

iPhone SE(2020)をしばらく使った感想レビュー!メリット・デメリットやAndroidとの使用感の違い

iPhone SEにおいて特にすごいカメラ性能とかはないですが、使っててストレスな画質の悪さもなく全然許容範囲の写真は撮れてます。

一般の人にはSEがベストな選択肢であること間違いなしですね。性能も価格を考えるとかなり高くて、ストレスになる部分がないし。

ただ端末デザインが6年くらい前のiPhone6から全然代わり映えしないのはSEの難点。

私はイマイチ満足できず、結局手放して11Pro Maxに乗り換えてしまってたり…。

デザインにこだわりがなければ、その辺は特に問題ないかと。

あとiPhoneは4〜5年くらいアップデートを提供してくれるので、長く同じスマホを使いたい人にも最適。

Reno A

Reno AとReno3 A、どっちがおすすめ?実際に両方買って使い心地を比較してみた

Reno Aは2019年秋登場の最強Androidスマホで、3万円でまぁまぁのゲーム性能+おサイフ、防水性能を備えてます。

あくまでまぁまぁ、ゲームとかたくさんやるならSEや上位のGalaxy等を選んだほうが良いですが。

本体サイズがでかいのとやや見た目が派手なのは要注意ポイントですが、あとはとくに大きな問題点なし。

Redmi Note 9S

Redmi Note 9Sは、「おサイフケータイ機能はいらないからReno Aより価格を安く済ませたい」人におすすめですね。

Redmi Note 9S(6GB・128GB)日本国内モデルが届いた!開封&使用感レビュー|高コスパスマホの実力は?

以上の3機種から、以下の希望に合わせて買う機種を選んでみるのがおすすめです。

・iPhoneユーザーや、5万円で一番快適に・長く使えるスマホを手に入れたい人:iPhone SE
・Androidユーザー・価格重視で、おサイフ・防水機能を活用している人:Reno A
・安さ最重視・おサイフケータイ不要の人:Redmi Note 9S

iPhoneで「5万出すのもしんどいよ!」という人は、8や7を買っても良いかと。

そんなわけで、スマホのスペックの話でした。



電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です