HDM創絶 仮面ライダー1号&HDX スパイダーを入手したので紹介していくぞ!【フィギュアレビュー】

仮面ライダーシルエット

誰だ?

ということで、HDM創絶 仮面ライダー 哀しみの改造人間編の仮面ライダー1号とHDX仮面ライダーのスパイダーを買ってきたので紹介です。



HDM創絶仮面ライダー1号

HDM1号上半身

通常価格399円の仮面ライダー1号を、ブックオフにおいて350円で入手。クーポン利用で50円。

箱なしだけど未開封でした。

仮面ライダー1号前面

HDM創絶のこの弾は真仮面ライダーがラインナップされてたので当時買っており、当時当たったのはスーパー1でした。

旧1号顔

旧1号や旧2号ってシーンごとに全然違うので「どれが正解だ?」って感じがありますが、この旧1号はかなり理想度が高い色と造形かと。

目はよくマニア本とかカードで使われる写真におけるもっと肌色っぽい色のイメージ強い(FIRSTの1号みたいな)ですが、本編だとたまに赤目だったりもしますよね。

仮面ライダー1号背中

最近のフィギュアだと省略されがちな、背中もバッチリ塗られてるぞ!

仮面ライダー1号側面

初期のライダーは生身が若干見えてるのが良い。

旧1号2

というわけでXライダーと同様出来栄えに満足でした。

アルティメットソリッド 仮面ライダー改の仮面ライダーXを入手!

同じ店にもう1つ見逃せないアイテムが。



HDX仮面ライダー スパイダー

スパイダー上半身

先日ガシャポンフィギュアのスネークとコブラを入手、仮面ライダーTHE FIRST関連食玩・ガシャポンフィギュアコンプリートへの道のりがスタート。

ブックオフに袋未開封のスパイダーが350円で売られていたので、確保してきました。

スパイダー前面

スパイダーはなんというか…変態感が強いかつシンプルでFIRST系怪人の中では地味な感じしますが、指見えてたり怪「人」という意味ではなかなか良いかなと。

頭部に蜘蛛要素を集約させて、身体は黒子的な感じなんでしょうか。

スパイダー背面

FIRST、今見るとあの映像の質感の「当時の邦画」っぽさが地味に良いですよね。

00年代って新しい印象強いですが、今ゴーオンジャーくらいまでの番組や映画見るとめっちゃ映像や音声が時代を感じさせる。

スパイダーと1号

で、HDX仮面ライダーは食玩的なやつなんですが…これ創絶と並べると微妙に小さいんですね。

HG<ミクロマン(SHODO)<HDX<創絶やアルティメットソリッドといったサイズ感でしょうか。

同じサイズでFIRSTとNEXTのキャラを並べたければ、HDXを揃えるしかない感じ。

ライダーフィギュア、多すぎて全容の把握が大変だ…

最近買ったHGデビルマンと仮面ライダーTHE FIRST、NEXTのH.G.C.O.R.E.フィギュア紹介

まとめ

ライダーとスパイダー

というわけで、支払額400円で2つの大型フィギュアをゲット!

まぁ世間的にはフィギュアーツくらいが標準サイズだと思うので、それを踏まえるとどっちも小さめですが。

ウルトラマンやライダーのガシャポン・食玩系フィギュアは今のところそんなに価格が高騰してないので、見かけたらとりあえず買える感じなのがありがたかったり。

クウガ当時に出てた目が透明なアレとかも、売ってれば定価以下とかですからね。



電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です