Xperia 1 II向けSpigen製スマホケース リキッド・クリスタルを買ってみた

リキッドクリスタル Xperia 1 II

Xperia 1 IIにはケースが付属しないということで、Spigenのケースを買うことに。

私はSpigenの「シン・フィット」という薄型ケースが好きなんですが、Xperia 1 IIにはないようでした。

頑丈さが特徴の「ラギッド・アーマー」はちょっと分厚くて重く、またスマホの本体デザインが隠れてしまう難点も。

ということで今回Xperia 1 II向けに選んだのは、「リキッド・クリスタル」という透明なケースです。

リキッド・クリスタルのケースをXperia 1 IIに装着!

Xperia 1 IIリキッド・クリスタル装着

早速装着。

縁の部分が少し高くなっていて、落とした時の画面へのダメージを抑えてくれます。

Xperia 1 IIリキッド・クリスタル背面

背面は透明、しっかり本体カラーが分かりますよ。

Xperia 1 IIリキッド・クリスタルボタン類

ボタンもしっかり保護、音量ボタンのカバー部分は上下の間に切れ目が入ってて押しやすくなっているのが嬉しいですね。

Xperia 1 IIリキッド・クリスタルカメラまわり

カメラやイヤホンジャックの周りも空いていて、イヤホンジャックや下部分の充電端子周りは若干余裕を持ってスペースが開けられてます。

太めのケーブルを装着する際も、ケースが干渉しないようにベストな調整がなされているわけですね。

こういった細かい気配りが行われているのは、さすが大手メーカー。

Xperia 1 IIストラップホール

地味にストラップホールも開けられてます。

ストラップをケースに装着すれば、縦長で微妙に不安定なXperia 1 IIをしっかり保持できるぜ!

まとめ

Xperia 1 IIリキッド・クリスタル

(Amazonアウトレットで購入)

というわけでリキッド・クリスタルですが、やはりSpigenのケースはしっかり作られていて良いです。

リキッド・クリスタルは低価格な謎メーカーのケースに近い透明ケースですが、やっぱり保護性能や細かい部分の設計は他のメーカーから一歩抜き出てる印象。

元々細いXperia 1 IIですが、リキッド・クリスタルのケースを着けても細さはあまり失われることなくスリムな印象を保ててます。

手に馴染むし、裸で使うより滑りづらいです。

ただサイド・センスのために指を画面端でタップする動作は、若干ケースが干渉してやりづらくなった気がしなくもないです。

もっと薄い、iPhone等で展開されてるシン・フィットのようなケースがあれば尚よかったかな…

でもまぁ、透明な結果本体カラーが見えなくならないメリットもあるし、総合的には良いケースですね。やっぱり。

スマホケースは今後も、Spigenのを使っていきたい。

Xperia 1 IIのケースってあんまり家電量販店に売ってないので、ネットでSpigenのケースを買って使ってみてはどうでしょうか。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です