Xperia 1IVを購入したので使用感とかカメラとかをチェック!発熱はやばい。【スマホレビュー】

Xperia 1IV外箱

Xperia 1IVを購入しました!未使用品で148,800円ほどでした。

iPhone 13 Pro Maxからとりあえずメイン機を切り替えつつ、しばらく使ってみております。

定価で19万円くらいするだけあって間違いなく最上級な仕上がりである一方、賛否あるのも納得な感じの部分も。

Xperia 1IVを使ってみた感想をまとめます。

Xperia 1IVの外観をチェック!

Xperia 1IV背面

ブラックとパープルとアイスホワイトが選べる中で、私はau版を購入したのでパープルが選択不可(そもそも市場にドコモ版パープルの在庫もなかった)、アイスホワイトはやや高級感に欠けるかなぁと思いブラックを選択してみました。

サラサラの背面パネルが非常に良い感じです、過去のXperiaってツルツルで傷ついたりしやすそうなのがややイマイチだったんですよね。

Xperia 1IV画面

 

側面も光沢がない仕様になっていて、iPhone 13 Proシリーズとかより落ち着いてて傷とかもつきづらそうな感じはある。

Xperia 1IV前面

画面は例によって21:9の縦長仕様。

めっちゃ縦長なのでゲームアプリとかは基本黒帯が出るぞ!

動画を表示しながらブラウザ見るみたいな使い方には両方の領域を広くできるのでなかなか便利なんです。

Xperia 1IV側面

右側面に音量、電源兼指紋認証センサー、シャッターボタンがあります。

シャッターボタンはざらっとした手触りのやつになってる。

でもカバー付けると感触は失われるぞ!

Xperia 1IV充電端子カメラ

充電端子はUSB-Cで、横にSIMスロットがあります。

Xperia 1IVSIMスロット1

SIMピンなしで簡単に取り外し可能で、表にSIM、

Xperia 1IVSIMスロット2

裏にはmicroSDカードを装着できます。

microSD対応スマホってハイエンドだともうほぼないので、使えるだけでかなり他社より有利となります。

Xperia 1IVイヤホンジャック

スピーカーがかなり高音質なのにイヤホンジャックまでついている。カメラ性能や画面サイズは筆者としてはGalaxy S22 Ultraの方が好みだったりするんですけど、本体仕様の充実という点ではやっぱりXperia 1IVの方が優れているんじゃないかと思います。

Klusoの保護ガラスとラスタバナナの保護ケースを買った

Xperia 1IV付属品

付属品は書類くらいしかないので、カバーや保護ガラスは自分で買いましょう。

Xperia 1IV保護ガラス

保護ガラスはKlusoというメーカー?の、700円くらいでガラス2枚入りのやつを買ってみました。

保護ケースはラスタバナナのTPUソフトケースを選択。

Xperia 1IV保護ケース

クソ高くなって一般向けとは言いづらくなってきたXperia 1IVですが、そうはいってもXperiaなのでケースとか保護ガラスの選択肢はそれなりに多い感じですね。

Xperia 1IVガラス

今回買った保護ガラスはちょっと分厚いのとうっすら傷?汚れ?っぽいのが最初から入ってたのが気になりますが、画面表示への悪影響はないし手触りも良いし、サイズが小さくて画面をちゃんと保護できない!みたいなこともないから私としてはまぁ満足です。700円くらいで安いですし。

家電量販店の保護ガラスとかコレの2倍以上するのにもっと品質悪いやつとか普通にあるので…

位置合わせが微妙にしづらくて、チリが結構入っちゃったのでそのうち貼り直すかも。2枚入りなので失敗しても猶予があるかつ価格が安いのでそこまでダメージもないのがありがたいですな。

Xperia 1IVケース

保護ケースは可もなく不可もなし。

しっかり背面や側面を覆ってくれますが、背面の透明感がイマイチで白っぽくなる。

19万円のスマホに1,000円のケースつけると高級感ぶち壊しですなしかし。

Xperia 1IVカメラ保護

カメラ部分はしっかり少し高くなってます。落としても安心だ!多分!

Xperia 1IVボタン保護

電源ボタンのみ指紋認証の関係で空いている。

Xperia 1IVケース前面

画面側の縁部分は少し高くなってます。

保護ガラスへの干渉はとくにありませんでした。

Xperia 1IVのカメラで色々撮影してみる(技術力なし)

Xperia 1IVカメラ

続いてXperia 1IVのカメラを見ていこう!

クソ高いスマホ買った時点で他の部分の生活費は滅びるし、そもそも猛暑すぎて外にまともに出られないため、あんまり豪華な感じの撮影ができなかったぞ!

まるまつで五目御飯を撮ってみる

Xperia 1IVまるまつ

久々にまるまつに来ました。

まるまつ看板

本当はかなり遠くの中古ショップに行く予定だったんですが、17時過ぎでもクソ暑かったので移動途中でやめたタイミングで近くにあったまるまつに来た感じ。

Xperia 1IV料理

PhotographyProで露出を+1くらいにしつつホワイトバランス調整して撮ってみた。

ちょっと黄色っぽくなりすぎたかな?とも思うけど悪くないとは思う。

iPhone13Pro Max料理1

iPhone 13 Pro Maxでもオートで撮ってみました。

多分マクロモードに自動的になったんですかねiPhone、全体にピントが合ってる。

私感ではどっちが良いということもないかなと。記録写真的な感じではiPhone、うまそうな感じに調整しやすいのは手動設定が豊富なXperia 1IV何じゃないかと思います。

私は写真に関する技術力がないということで、テキトーに撮って満足できるiPhone 13 Pro Maxのカメラはやっぱりありがたいなとも思うが…

Xperia 1IVカメラ料理2

これもXperia 1IVで撮影。ちょっと撮影時に明るくしすぎたのかもしれない。

iPhone料理2

こっちはiPhone 13 Pro Max。

Xperia 1IV蒸しパン

そして蒸しパンをXperia 1IVで撮ってみた。

室内の光量が足りてない+なんかピントがイマイチ合ってないな…!

夜景をとくに設定せず撮ってみる

Xperia 1IV夜景

Xperia 1IVでハードオフを撮影!19万のスマホ買って撮るのが中古ショップの外観ってこれでいいんだろうか…

このハードオフ昔はハードオフとオフハウスのみだったんですが、いつの間にかホビーオフが追加されたんですよね。

iPhone夜景

iPhone 13 Pro Maxでも撮り比べてみた。

照明当たってる部分の白飛びが少ないのはiPhoneの方ですね。あと撮影位置は同じなんですがXperia 1IVの方が広角な感じ?

これとくに設定せずテキトーに撮って比べてる状態なので、Xperia 1IVも多分調節すればもっとハッキリ撮れるんだとは思います。

望遠撮影を検証

Xperia 1IV望遠1倍

7月まだ頭だというのにクソ暑いわけですが、晩飯のナスを買うためにスーパーに行ったのでスタジアムを撮影してみた。

Xperia 1IV超広角

超広角レンズにするとこんな感じ。

Xperia 1IVズーム85mm

続いて光学ズームですが、これが85mm。3.5倍らしい。(この辺の計算がよくわかってない)

Xperia 1IVズーム125mm

これが125mm。5.2倍らしいです。この間の倍率も含め光学ズームで劣化なく撮影できるみたいな感じらしいです。間も撮れば良かったですね…

う~ん…?ズーム用のレンズで撮ってる感はやっぱり強い感じがしますね。なんか鮮やかさに欠けるというか。確かに光学ズームの範囲内での劣化はない感じしますが。

単純に遠くの景色を大きくキレイに撮りたいだけなら、Galaxy S22 Ultraの方が満足度は高いと思います。

Xperia 1IV風景2

川撮ってみた。

Xperia 1IV川ズーム

ズームしてみた。

小物類を撮ってみる

Xperia 1IVメカンダー

先日青森で買ってきたメカンダーロボのガシャポンフィギュアを撮ってみた。

Xperiaって細かいフィギュアの撮影とかあんまり得意じゃない印象だったんですが、かなりキレイに撮れましたねこれ。

というか1IIの時は室内の撮影環境が今以上に微妙だったので、そのせいで本来の実力を発揮できず変に印象悪くなってた感じがしなくもないですけど。

上の写真もテキトーに照明当ててホワイトバランス調整した程度なので、もっとうまい人ならさらにキレイに撮れるはず。

メカンダー背面

いいじゃないですか。

まぁでもマクロモードとかはないので、めっちゃ寄って撮るとかは厳しいと思われます。

小物類を撮ってみる

美少女フィギュアの顔にピント合わせるのがやや他の最新機種より難しい感じがある。

Xperia 1IVはゲーミングスマホ!ゲームしながら調べ物もできる

Xperia 1IVはゲームエンハンサーという機能が搭載されていて、ゲーム画面の録画ができたりゲームプレイ中にそのままブラウザを表示して攻略情報を調べたりみたいなことが可能。

映像の外部出力もできるみたい。

あとパフォーマンス設定を変更してより快適に動くようにするとか、HISパワーコントロールで充電ケーブル接続時に充電をあえてせずに電力のみ供給してバッテリーを痛めないようにできたりみたいな感じ。

私は遊ぶゲームが主にプリコネとポケモンGOなので全部そんなに使わないだろう…と思ってたんですが、ゲーム中にブラウザ開ける機能はなかなか良かった!

プリコネはキャラ編成をどうするかが全てみたいな感じなので、イベントのボスを手っ取り早く終わらせたい時とかに編成調べたいんですよね。

調べて表示された編成を見ながらキャラを選ぶ、みたいなことができて便利でした。すごいぜ!

なおプリコネとポケモンGOの動作は全く問題ないです。

プリコネは左右に帯があって、そこはタップしても反応がないから若干遊びづらい感じはありました。

Antutuベンチマークテストをしてみたが数値が微妙だった

一応Antutuベンチマークテストもしてみました。

Xperia 1IV Antutu

結果は707860点(V9.4.1)…ってめっちゃ数字悪くないか?!

Galaxy S22 UltraのAntutu結果

Galaxy S22 Ultraは990192点ですからね(V9.3.3)。まぁこいつはこいつでなんかベンチマークテスト以外の性能抑えるみたいな問題起こってたわけですが…

70万点台ってSnapdragon 888で本来出る数字じゃないような。1〜2年くらい前の機種の感じですよね。

まぁ、使っていて性能不足を感じる場面はないので個人的にはどうでもいいといえばいいですが…。

なおベンチマークテストしたらめっちゃ本体熱くなったので、それで調子悪くなってる気もする。

Geekbench5もやってみた

Xperia 1IVGeekBench5

Geekbench 5の結果はシングルコア1131、マルチコア2789とのこと。

Xperia 1IVを使ってみて感じたこと、メリット・デメリットまとめ

最後にXperia 1IVの良かった点と悪かった点をまとめていくぜ!

普通に使っていても発熱がやばい時がある。

Galaxy S22 Ultraはとくに問題なかったんですが、Xperia 1IVは普通に使ってるだけでも発熱が厳しいです。

まず初期設定とかを終えた時点だと、Xperia Z4を思い出す熱さ。

普段ゲームとかをしていても、そこそこ熱くなります。

私はスマホが多少熱を持っても気にしませんが、iPhone 13 Pro Maxで長時間動画撮影をした時レベルの熱さにわりと普通になるのは流石にちょっと厳しいと感じました。

19万円もするんだから流石にもう少し対策をして欲しかった印象。

スピーカーの音質が非常に良いし画面も4K対応で綺麗

Xperia 1IVはスピーカーの音質が良いです。スピーカーの位置が正面側なので音がしっかり届く感じ。

ただ、代償として見る動画のマイク音質が微妙だとそれがそのまま流れてくるのでなんか他のスマホ以上に微妙に聞こえてくるような…?気の所為?

自分の動画見てみたら明らかにスマホのカメラで撮った動画ですみたいな雰囲気になってた。

あと音量が若干iPhoneとかと比べて小さい気がする。

無料で映画見放題+5本を選択して視聴できるBRAVIA COREが激アツ!

BRAVIA CORE

Xperia 1IVやSIMフリー版の1 IIIにはBRAVIA CORE for Xperiaというアプリが入っていて、これが激アツです。

なんとXperia 1IVを買った人は、もれなく大量にある映画を1年間見放題+有料動画的な別枠のも5本ほど見られるんですわ。

なお引き換えで見られる5本は2028年まで視聴可能らしい。

例えばモービウスとかヴェノムの2とか、スパイダーマン ノーウェイ・ホームなんかが引き換えで見られるやつ。

私はちょうどXperia 1IVを買う前の週にモービウスとヴェノム2見ちゃってたのでちょっとショック!

まぁヴェノムはともかくモービウスは1回見ればいい感じだが…

ゴーストバスターズとスパイダーマンは引き替えておこうと思います。

見放題枠のはまぁNetflixとかにもあるようなのが多いですが、追加料金なしで数十本の映画を楽しめるのはマジですごいと思います。

なんちゃらかんちゃらハリウッドは見たかった+スパイダーバースも映画館で見て面白かったのでまた見られるのは良いですね。

片っ端から見ていけば、クソ高いXperia 1IVの本体価格の元を取れるぞ!

結構見落としそうな特典ですが、これからXperia 1IVやSIMフリー版1 IIIを買う人は覚えておいて忘れず活用しましょう!

キャリア版でもeSIMによるDSDV対応の素晴らしさ!

Galaxyはまだキャリア版でデュアルSIM運用ができませんが、Xperia 1IVはついにキャリア版でも普通に通常のnanoSIM+eSIMで使えるようになりました。

先日起こったauの通信障害にも、私はauのSIM+LINEMOのeSIMでau側が使用不可能な状態に対処できました。

まぁ、au側のSMSが使えないので一部サービスのログインとかに支障出まくりましたけどね…。

というかauが非常に厳しい、メイン回線としてUQ mobileを使うかどうかはこれからちょっと考えないといけない気はしてきました。

でもauでんきと組み合わせれば990円で3GBかつ高速なのはやっぱり魅力的なんだよな…!

Xperia 1IV、軽い!

最近使っているスマホがiPhone 13 Pro MaxとかGalaxy S22 Ultraなので、Xperia 1IVの重量187gはマジで軽いなと感じました。

まぁ一昔前からするとこれでも重めではあるんですが、やっぱり他の200g超えスマホと比べればずっしり感が全然ないです。

ただ縦長なので、持ちやすさでいうとやっぱりやや厳しさはある。上の方に指が届かない。

なお片手モードというiPhoneみたいな機能がありまして、すぐに画面を下にスライドできるのでまぁ上端とかのボタンはそれで押せます。

そもそも最近のスマホは縦長なので、各社のアプリ側もできるだけメニュー系のボタンを下に置いてくれればいいのにね(通知バーの出し方もそろそろなんとかしたほうがいい気がする)というのはともかくありがたい配慮。

Xperia 1IVのバッテリーの持ちはやや微妙

Xperia 1IVはそこそこ使って1日くらいは充電が持ちますが、1日以上は無理ですね。

iPhone 13 Pro Maxならあんまり使わなければ2〜3日は余裕ですが、Xperia 1IVは2日は厳しいんじゃないかと。

iPhone 13 Pro Maxの電池持ちが良すぎるせいで必要以上に他の機種が微妙に見えてる気もしますけど…。

まぁ電池持たなすぎてマジありえない!みたいなことはないです。

Xperia 1IVは30分で50%充電できる急速充電対応

Xperia 1IVの充電スピードはそこそこ速いですね。仕様上は30分あれば50%充電できるらしい。

Xperia 1IV充電開始

11時26分時点で残量20%、ここからXperia 1IVの充電を開始してみました。

GalaxyのUSB-C急速充電器使用です。この充電器は45W対応ですが、Xperia 1IVは30Wが最大のようですね。

Xperia 1IV充電完了

12時53分、約90分でバッテリー残量が100%になりました。完了まであと9分と書いてありますが100%にはなってます。なにこれ?

なお99%にはこの10分前くらいになってました。

まとめ

というわけで、Xperia 1IVを衝動買いしてしまいました。衝動買いする価格帯じゃないが…

去年はXperia 1IIIやPRO-Iを買わなかったということで、久々の大型Xperiaを触れて満足です。

Xperiaはかなり機能が満載、今回全然紹介しきれてないと思います。なんか設定アプリとか眺めてたら「こんな機能あるんかい」みたいになることが多い。

BRAVIA COREあたりは見逃してたらマジで勿体無い機能なので、購入時に公式サイト眺めて発見して良かった〜と思った。

Xperia 1IVはメインスマホとして使っているので、またなんか思ったことがあったら書いていく予定。

流石に定価で買うのは割高な感じがどうしてもしてしまいますが、未使用品や中古品で14万円台以下で買えるならけっこう満足できると思います。探してみよう!

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。