SwitchEasyのiPhone 13 mini用0.35mmケースを買ってみた【スマホケースレビュー】

SwitchEasyのiPhoneケース外箱

最近Frost Airだかいう薄くて軽いiPhoneケースが流行っているという話をYouTubeで目にしまして、せっかくiPhoneを最近よく使ってるんだから私も買おうかと思ったものの価格が3,000円近い。

流石に予算的に厳しいよ!と思いながら似たようなケースを探してみたところ、見つけたのが今回紹介するSwitchEasyのUltra Slim Phone Caseです。

先日購入…というか2年間実質23円レンタルしたiPhone 13 mini用を買ってみたぞ!

iPhone 13 miniはとにかくコンパクトなiPhoneということで、せっかくだからケースも薄くして徹底的にコンパクトにしてみたいところ。

Amazonで買いましたが、思ったよりもだいぶ立派な箱に入ってて驚きました。なんか家電量販店とかでも取り扱ってたりするっぽいので、よくある謎海外メーカー製ケースと違って気合が入ってます。

SwitchEasyのiPhone 13 mini用ケースを装着して使ってみた

SwitchEasyケース本体

これがSwitchEasyのケース本体。うっすら背面右下にロゴがありますが、まぁこのくらいなら目立たないし良いでしょう。

かつてないレベルで薄くて、これは期待できそう。

SwitchEasyケースiPhone 13 mini装着時

私が購入したiPhone 13 miniはPRODUCT(RED)なので、今回購入したブラックカラーとの相性が心配でしたがまぁ悪くはないですね。

わずかに赤さがあるけどほぼ黒くらいの絶妙なカラーリング。

SwitchEasyケース装着時前面

ケースの縁がほとんど出っぱってないためか、先日購入した百均の前面保護ガラスとの干渉はありません。

SwitchEasy、本当に薄い膜で覆ってるだけみたいな感じなので落とした時ヤバそうだから保護ガラスとかは貼っておいた方が良いと思います。

SwitchEasyケースカメラ部分

アウトカメラレンズだけはけっこうしっかりガードしてくれています。これで背面から落ちた時のカメラへのダメージは大丈夫!

でも多分背面から落ちたら背面ガラスは割れる可能性高いので、落とさないようにgoBeltとかスマホリングをつけておいた方が良いと思われます。

SwitchEasy電源ボタン

電源ボタン部分は別パーツみたいになっていて、かなり押しやすいです。

SwitchEasy音量ボタン

音量ボタン部分も同様。ホールドスイッチ部分は穴が空いてます。

SwitchEasy充電端子

充電端子部分はこんな感じ。分厚いケーブルだと刺さりづらいかも。

SwitchEasyのiPhone 13 mini用ケースを使ってみた感想

SwitchEasyのiPhoneケース、薄さ・軽さは間違いなしですね。私が使ってきたケースの中では過去最高に軽くて薄いです。

iPhoneを裸で使ったことって今までとくにないですが、使ってたらこんな感覚なのかなぁみたいに思ったり。

私がiPhone 4s〜5時代に使ってたケースは、そういえば手前に蓋が開いて背面にSuica入れられるフリップケースみたいなやつでした。

あの頃はiPhoneも電子マネー非対応でしたね。(脱線)

ボタン類がしっかり押しやすいように作られてるのも嬉しいポイント。

薄いけど使いづらい!とかだとイマイチですからね。

値段も1,500円程度とそこまで高くないので、購入ハードルが低いのも嬉しいところ。ForstAirの半額です。

ただし、ちょっとイマイチな点もちらほらあります。

ケースの縁部分が若干尖っている感じで、持った時の手触りがあまり良くないと思いました。

装着時にケースがきつくて、割れそうな恐さも。外す時も割れそうで恐いですねこれ。

あとはまぁ百均のケースでも別に分厚くて重いってわけではないので、ここまでの薄さを求める必要があるかどうかは各々で判断しようって感じですかね。

とにかく薄い分落とした時にそれほどガードしてくれるとは思えないので、しっかりiPhoneを落下時の衝撃などから守りたいなら他のケースの方が良いでしょう。

とりあえず今後もしばらく使ってみて、また何かあったら書きます。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。