スーパーミニプラの無敵ロボ トライダーG7を買ったので組み立ててみた【プラモレビュー】

スーパーミニプラトライダーG7箱

YouTubeでトライダーG7の配信が始まったということで、駿河屋で1,000円くらい安くなってたスーパーミニプラのトライダーG7を買ってみました。

トライダーG7は序盤何話かをレンタルDVDで見たことがあるのと新スーパーロボット大戦にいたのを覚えてる程度なのであまり詳しくないのですが、配信で追っていければなと。

スーパーミニプラ最高傑作とか言われていることもあるトライダーG7なんですが、実際に作ってみると確かにそうかもしれんな…と感じました。

スーパーミニプラのトライダーG7を組み立てて遊ぼう

スーパーミニプラトライダーG7前面

というわけで組み立てました。概ね2時間くらいで完成してます。

3箱での価格相場は通常5,500円くらい、サイズはスーパーミニプラのザンボット3とかに近いけっこう大きめのサイズです。

スーパーミニプラトライダーG7背面

脚だけでガンプラのHG系の高めのやつくらいの金額になるので最初「割高では…?」と思ったんですが、全部セットで5,000円台と考えると妥当な金額かなと。

金にうるさいと評判の私が妥当だと思った理由としては、このスーパーミニプラのトライダーG7ってシールがないんですよね。

普通ならシール処理されるであろう胴体の鳥マークや目がちゃんと塗装処理されていて色分けが完璧、サイズもスーパーミニプラとしては大きめの部類なので、これならアリです。

とはいえやっぱり脚だけとか頭+武器だけみたいな1箱単位で見ると物足りなさはありますが…。

スーパーミニプラだけあって、ランナーのゲートの配置も非常に親切。極力目立たない位置に配置されていて、接着剤など使わなくてもちょっとパーツが合わさる部分をやする程度で合わせ目も全然目立たなくなるかと。(私は面倒なのでやってませんが…)

トライダーG7顔

顔パーツは口を閉じている状態と開いている状態をかんたんに差し替えられます。

こういうプラモの差し替えパーツってピン折りがちですが、そうならないようにちゃんとうまく作られているのが素晴らしい。トライダーの顔は塗装処理されてますが、無理やり引っ張った結果塗装はがれるみたいな心配もないです。

そしてここまでの写真では見栄え用の小さめな頭部を使ってましたが、ちゃんと変形可能かつ頭部として使える頭部も用意されています。

トライダーG7変形頭部

変形の都合もあってちょっとデカいんですが、造形自体はしっかりしてるのでコレでも全然アリだと思います。

各種変形

トライダーホーク

トライダー・ホーク。

トライダー・マリン

トライダー・マリン。

トライダー・モビル

トライダー・モビル。

パッと見全部同じに見えますが、後ろの白部分とかタイヤ有無とか角部分とかが違う。

こんなギミック知らんと思ったらそもそも本編にはマリンしか出ないらしい。(バンダイ公式サイト情報)

トライダー・コスミック

トライダー・コスミック。

スーパーミニプラの変形ってパーツ外れやすくてダルいみたいな印象があったんですが、トライダーはけっこうしっかり変形できて面白いですね。

トライダー・イーグル

トライダー・イーグル。

その他武器

トライダージャベリン

トライダー・ジャベリン。

トライダー・セイバー

トライダー・セイバー。

バードアタック

バードアタック時の鳥がない胸部も付属。

まとめ

トライダーG7

いずれ買おうと思ってたらちょうどYouTubeで配信が始まるという。

妥協感がなくて全体的にしっかりとした仕上がり、確かにスーパーミニプラの最高傑作なのかもしれん。(全部買ったわけではないのでアレですが…)

スーパーミニプラの展開としては古めな巨神ゴーグも最近買ったので、作ったらそちらも紹介予定です。

スーパーミニプラ→SMPはファイバードがもうすぐ発売、予約済みなので今から楽しみであります。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です