シン・ウルトラマンを見た感想【映画レビュー、ネタバレ含むので注意】

シン・ウルトラマン、見てきたぞ!

公開翌日の5月14日に青森に行きまして、映画館へ行ってきました。

ということでせっかくだから、感想をちょっと書きます。

動画でもレビューをやったので、合わせて見てくれよな!

なおネタバレ全開なので、まだ見てない人は見てから続きを読んでくれ!

シン・ウルトラマン、どうだった?

上の動画見るとめっちゃ辛口だった電子レンジマン氏ですが、総合的には非常に楽しかったです。

冒頭のウルトラQパートでテンションがノーウェイホームの旧スパイダーマン連中登場時くらい上がりまして、その後もネロンガ~ガボラ辺りの「ちょっとシン・ゴジラっぽいウルトラマン」みたいな展開と豪華な怪獣特撮映像に大満足。

1戦目のディアクティブモードは人間と合体してないからかめっちゃあっさり倒す塩試合を展開→2戦目のガボラでは人間と合体しているということで人間味が増した試合が展開という流れも良かったですね。

この時点でも思ったより普通のウルトラマンっぽい内容というかリアリティラインというかでやや拍子抜けしましたが、目新しさがなかなかに感じられましたね。

BGMが旧作のままなのも良し。

ザラブ星人登場以降の展開は動画でも言ったんだけど個人的にはちょっと微妙。

それぞれストーリー自体は悪くないしザラブとメフィラスの戦闘映像は良かった(ガボラまでよりCGのクオリティ露骨に下がっていった感あったけど)ものの、怪獣じゃない敵が連続で出てきて似たような人類への挑戦をしてくる流れがやや退屈だった印象。

ザラブとメフィラスはどちらも見た目・戦闘内容共に魅力的な敵ではあったんですが、どっちか1人にしてもう1~2匹怪獣との戦いを多く見たかったですね。

レッドキングとかアボラス・バニラとか、テレスドンみたいな。

ドラマパートはやや難ありな印象

人間ドラマパートについてですが、これも正直中盤~後半にかけて物足りなさはあった印象ですね。

前半の令和版科特隊の自衛隊と連携した作戦指揮シーンなんかは良い感じだったんですが。

なんか、バディバディ言ったりしてチームの仲を強調する割にその辺の描写が薄めなのが私としてはいまいちでした。

というか本編内でも実際口で言ってるだけで、主人公のマンは独断専行多すぎなキャラという扱いなんですけども…

あと政治家とかの人間の愚かさばっかり強調されてるシーンが多いので、人間が好きになったことへの納得感がちょっと弱かった印象があります。

そしてメフィラス星人のネットに上がってる画像全部消す能力とかはちょっと現実離れしすぎててやりすぎだった気もする。(わりと愉快なシーンではあったけど)

ここチャレンジでやったやつだ!みたいな映画だと感じた

これは私がウルトラマンを20年近く追い続けてるのが悪いといえば悪いんですが…

本作ってシン・ゴジラみたいな「見たことのない内容のまったく新しい作品」ではなく「旧ウルトラマンのリメイク」っぽい内容なんですよね。

現代版ウルトラマンリメイクとしては既にネクサスの時の「ULTRAMAN」があるわけなんですが、正直あっちのほうが新鮮味はありました。

created by Rinker
バンダイビジュアル

シンウ前半は新しさと旧作踏襲部分の塩梅が良かったと思うんですが、後半はちょっと見覚えあるシーンが増えすぎて「ここチャレンジでやったところだ!スラスラ解ける!」みたいに感じてしまったんですよね。

それはそれで面白いんですけど、原作再現じゃなくてまったく知らないウルトラマンを見たかったので正直物足りなかった…。

一応ベーターシステムとかゼットン関連とかに独自要素は出てきますけど、私としてはそんなに盛り上がらず。

ゼットンだけは明確にイマイチ。

他の怪獣・星人とかゾーフィには満足(ゾーフィはネタの拾い方がだいぶ悪い意味でオタクっぽい気もしたけど)なんですが、ゼットンは本当にイマイチでした。

ゼットンって普通の怪獣と見せかけて何故か何の攻撃も効かない(そして顔がないから表情もわからない)のが怖いわけで、あんな巨大な兵器みたいなのだったらそりゃ勝てないに決まってるじゃんと思ってしまいます。

まぁゼットンという名前な時点で観客の99%は勝てないことがわかるので、仮にデザインやサイズのアレンジが少なくても旧ウルトラマンほどの危機感は出ないかもだけど。

ラストバトルもとくにどつきあう派手さもなければ普通にウルトラマンが作戦を実行する関係で人間が頑張った感じが出るわけでもないという微妙な内容で、カタルシスなし。

とりあえず見て良かった。

前半がピークで徐々に盛り下がっていく感じだったのが構成に難ありな印象でしたが、前半が最高に面白かったので個人的には満足。

点数的にはやっぱり65点くらいかも。

なんというか、あんまり星人ばっかり出てくるなら「それならシン・ウルトラセブンやれば?」みたいに感じてしまうのが惜しかったですね。

怪獣との戦いをもっと見たかった…。

感想も書いてるうちに文句が多くなってくるという映画の流れを体現した感じになってしまったんだけど、とにかくネロンガ~ガボラ辺りがかなり面白かったので私としては満足です。(人に勧めるかは微妙かも)

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。