最近見てるアニメ・特撮・ドラマ作品感想2022年6月編|ニチアサとかMCUドラマとか

ネタがない時に度々登場する「最近見てる作品感想」今回もスタートです!!!

特撮編

暴太郎戦隊ドンブラザーズ

ジロウがヤバすぎる。

そもそもメインの5人が近年稀に見る感じの強烈なキャラだったところに、さらにヤバくて本当に仲間に入れて大丈夫か心配になるレベルのやつが入ってくるという手堅い感じ。非常にナイスだと思います。

OP映像で追加される位置のメチャクチャさも彼の現時点でのポジションを象徴している感じで良いです。今後どう他のメンバーと和解していくのか(そもそもできるのか?)、楽しみですね。

仮面ライダーリバイス

声優回〜アルティメットリバイスだかが誕生する辺りまでがマジで手に負えないレベルで最悪だったんですが、毛利さんが脚本を担当しているここ2週間は細かい部分にいくらでも文句をつけられるとはいえ最低限見られるレベルまで持ち堪えていたと思います。

かなり頑張りを感じられて、そこは讃えたい。

特に今週最後の長官とおっさんの会話シーンは、最低限の内容でなんか彼らに対する深みを感じられてナイスでした。令和ライダー史上最大の名シーンな気がする。

さて、元々序盤から常にツッコミどころがたくさんありはしたものの、「去年〜一昨年よりはマシだ(と思いたい)から」という理由で不満を飲み込んで頑張って誉めようとしていたのが完全にここ3ヶ月くらいで決壊してしまったリバイス。

多分けっこう多くの人がこんな感じなんじゃないでしょうか。溜め込んでいた鬱憤が完全に爆発してしまった感じ。

というか誰向けなんですかねこの番組。子供は戦闘員しか出てこないし常に主役陣営が敵に負けてるこれ見てなんか面白いの?

子供ってそんなに女性キャラばっかり一押しされて面白いんだろうか。ストーリーとあんまりこいつら関係ないしな…

話の中心にいるのが本筋のドラマと大して関係ないさくらなのがまずわけわからない。(ウィークエンドが正義化した結果必然的に所属してるさくらに人間関係の矢印集約される感じになっちゃった?)

ジャンヌもなんか戦闘だと最近クソほど役に立たない(というかこいつが弱いせいで朱美さん死んだようなもんだからもう少し反省しろ)からさくらを主役としても見づらい。

唐突に加わった新ライダー2名も雑魚。加入ドラマもテキトー。どうしようもありません。

一輝も基本空気だし、バイスも空気。主役ライダーがここまで空気な作品も珍しいと思います。

大二も正義が暴走した結果長官とギフの僕になるという流れもなんかよくわかりません。

不正しまくってる様子を散々目の当たりにしてるのになんで「正義が暴走して」長官に屈することにしたんだ?ブレーキなしにひたすらに長官に楯突いた結果死んじゃうとかなら納得なんだけど。

「カゲロウを失ったせいで正義が暴走している」という、おそらくカゲロウを再登場させるためだけに用意したであろう根本的な部分がなんか邪魔ですよね。普通にうまくいかなくて心折れちゃった方が納得できるぞ。

五十嵐家の母が大二に対してどうにも無神経な感じなのもすごく嫌なんですけど、これは今後長官と大二のシン・家族愛を描いていくための前振りなんだと思いたい。そういうことならまぁ納得。

とにかくやたら登場人物多い割にほぼ全部のキャラクターが面白くないのがヤバい。一番マシな玉置は今週とかもう画面にすらいなくなっちゃってた。

なんというか群像劇スタイルみたいな感じにするならキャラを立ててもらわないと厳しいな…

強いていえば牛島は両親(血縁関係も家族の交流的な描写もゼロだが)の死によって最低限ドラマを展開できる骨格が生まれたため、今後彼をしっかり描ければなんぼかそこは面白くなるかも。

でも牛島が一番活躍するような状況になっちゃったらいよいよ誰が主役かわからなくなるので、彼はとりあえずオーバーデモンズをヒロミにでも渡しつつ狩崎のパパには退場してもらって指揮官として活躍するのがベストな感じなのか?

なんかもうこの番組もだいぶ嫌になってきちゃったので、さっさと新ライダーに移行して欲しい…けど3年連続で滅びた時点でどうせ来年もダメだろう。今度こそ1話切りかな!(結局文句言いながらまた一年見てしまうフラグ)

ロキ(シーズン1)

MCUは特撮ヒーローのカテゴリーでいいですよね?

エンドゲームくらいまでは「もはや日本の特撮の時代は終わり、これからは海外ですわ」みたいな気分でしたが、最近は正直あんまり変わんないかな…と思いつつあります。

シリーズが大量に増えまくってて1つの市場として完全に定着しちゃったみたいな感じなんでやむを得ないけど、なんか横のつながりが増えまくったこともあって出てくる作品の「既存のファン向け」度が高まってきちゃったというか。

で、そんな中ディズニープラスにまた入ったのでロキのシーズン1を見たんですけど…

これは…ロキのファン向けの作品なのか…?

つまんないとまでは言わないですけど、ロキというキャラクターから想定されるお話とあまりにもかけ離れていて、ロキが主役である必要性をあんまり感じなかったですね。

ファンタジー的なキャラクターのロキで専門用語がやたら出てくる&マイティたちアスガルド系のキャラも話にほぼ絡んでこないSFドラマをわざわざ見たいか?

ただでさえマルチバースの発生によって今までの壮大な戦いがなんか茶番っぽくなってきてるのに、タイムパトロール隊という概念まで登場してしまった結果完全にスケールがダウンし切ってしまったような感じも。

しかもそこそこ長い時間をかけて全話見終えたらそこまでが導入で、なんも解決しないというか全部リセットされた感じで事態が悪化したままシーズン2に続くという。ええ〜〜〜〜〜〜

まぁでも、海外ドラマってそういうもんではあるか。

ちょっとぐったりしたので数日置いて現在ファルコン&ウィンターソルジャーを見始めましたが、これは今の所「キャプテン・アメリカ系のいつものMCU作品」って感じでそこそこ楽しめてます。王道的な話の方が見やすいですね。

じゃあまん探偵団魔隣組

まぁまぁおもしろいとは思ってるけどマジで感想がない。

浦沢脚本回の変な絵面はインパクトあるんだけど、覇悪怒組みたいな心に残る印象的な回がないですな。

ジゴマにこれといって目的がない結果、番組自体もフワッとしたまま後半に突入してますね。

せっかくタロウという独自のキャラクターがいるのに全然出てこないし。出番少なすぎないか?!なんか事情があったんでしょうか。

宇宙刑事ギャバン

その後ずっと同じような路線の作品が続いただけあって、非常に面白いです。

アクションしかしない回もあれば重めのドラマが展開される回もあったりでバラエティに富んでる。

アクションシーンが本当に凄い。昭和仮面ライダーの「やたら危ない場所で撮影」からさらに進んで、アクションや演出ももかなり動きがスピーディーになって見応え抜群。

そろそろこういうアクションをひたすら追求するタイプの特撮ヒーローもまた見たいなぁと思うんですが、まぁ危なすぎるしコレをやれる俳優の人も少ないだろうから難しいのかも。

あと、意外にこの時点だとレーザーブレードのBGMかからないですね。挿入歌に合わせてギャバンダイナミックで締める回が多い感じ。

アニメ

銀河漂流バイファム

今のところ今期最大の鬱アニメ。人死にすぎ。

現時点だと登場人物はバーツとケンツが好きです。バーツは声もジンライで格好良い。

ロボットがあんまり出てこないし出てきてもやられ役という斬新な導入、どうなん?!とは思うけどお話は非常に面白い。

ディルファムのおもちゃ欲しいけどプラモがちょっと中古相場高いな…

機甲界ガリアン

まぁ、普通ですかね今のところは。

可もなく不可もない、ファンタジー系ロボットアニメといった印象。今後に期待。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。