S.H.フィギュアーツのウルトラマン(シン・ウルトラマン)を入手!【フィギュアレビュー】

シン・ウルトラマン箱

そういえば発売日だなと思い模型屋に行ったら普通に在庫あったので、シン・ウルトラマンのフィギュアーツを買ってきました。

シン・ウルトラマン箱裏面

箱が珍しくおもちゃ見えてる側が裏側になっています。一般売りを意識した的な?

S.H.フィギュアーツ シン・ウルトラマンを開封!

シン・ウルトラマン付属品

フィギュアーツのシン・ウルトラマン、付属品が手首しかありません。そのわりに価格が5,000円オーバーということで割高感があると言われてるのをよく見ますけど、まぁ確かにそうですね。

この値段ならスペシウム光線のエフェクトくらい付けてくれりゃいいのにと思いますけど、そもそもこいつスペシウム光線撃つのか不明だから実際何も付けようがないですよね。

ボツ技のシルバーヨードを使うとしたら、それ関連の開いた口とかエフェクト付いてたら完全ネタバレになりますよね。

というか、ここまで何も付いてないということは、多分ウルトラマンの戦い関連の斬新な展開はあるんでしょう。多分公開後に、そういう本編再現系のセットとかが出るんじゃないかと。

シン・ウルトラマン前面
スマホカメラだとウルトラマンの顔にピント合わせるの難しいです

さて、これがシン・ウルトラマンに出てくるらしいウルトラマンの本体なわけですが。

結局特報映像で立ち上がってるのと突っ立ってるイメージボードみたいなやつしかこいつの情報ないので、どうやって遊べばいいのかは公開まで謎です。

シン・ウルトラマン顔

覗き穴がないのがシン・ウルトラマンの顔の特徴なわけですが、正直フィギュアだとこの辺普通のウルトラマンでも省略されてたりするので、あんまり「いつもと違う顔だ!」的な感じはなかったりしますね。

シン・ウルトラマン立ちポーズ

こんな感じで立ってたと思いますが、このポーズ再現してる完璧な出来のソフビがあるので、このポーズで立たせるならソフビでいいという。結局公開はいつだシンゴママ…(シンゴママは当ブログにおけるシン・ウルトラマンの略称です)

シン・ウルトラマン背面

背面は膝の関節がちょっと目立つかつ、この膝部分がおもちゃ感強くて微妙です。他のウルトラマンのアーツもこうなんですかね?

ウルトラアクションフィギュアやソフビと並べてみる

シン・ウルトラマンフィギュア3体

なんだかんだでソフビとウルトラアクションフィギュアに続いて3体目となるシン・ウルトラマン関連フィギュア。

シン・ゴジラは映画絶賛したものの当時一切グッズ買わなかったんですが、シン・ウルトラマンはアレと比べてあまり極端なデザイン変更がなくて入り込みやすいこともあってか、公開前から色々買ってしまってます。カラータイマーないけど実質普通のウルトラマンと思い込んで遊ぶことも出来ますし。

シン・ウルトラマン関連フィギュア背面

ウルトラアクションフィギュアは赤が鮮やかでちょっと既存の映像や画像とイメージ違う色合い、背中のネジも目立ちますが、腹に分割線がないのはいい感じ。

あと可動範囲が狭い代わりにフィギュアーツより動かしやすいです。フィギュアーツは関節の微調整とかがすごく面倒くさい…。

ソフビは腹にちょっと目立つ分割があるものの、安くて例の画像にもよく似てます。飾る用ならベストかと。

フィギュアーツは可動範囲が増えて色はソフビ寄り、目がクリアでキレイ、ネジもないけど可動の関係で全体的に分割は目立つし値段も高いね、みたいな感じですかね。

一長一短で決定版はコレ!と言いづらい。

ちなみに今後マフェックスとかからも色々出るんだったと思いますが、流石にフィギュアーツあれば高額系商品はもういいかなとは思ってます。

ただしメタコレは安いから買うかも。超動も出たら買います。

映画公開前だからよくわからんけどシン・ウルトラマンで遊びたい

シン・ウルトラマン登場

シン・ゴジラがあった関係上今までのイメージから離れたウルトラマンの活躍が描かれる可能性は大いにあるので、なんとも遊びづらい公開前のフィギュアーツシン・ウルトラマンです。

シン・ウルトラマンアクション

公開日も未定なので、動かして遊びながら「来年くらいには見られるのかなぁ」的な思いを馳せるしかありません。

シン・ウルトラマンとガボラ

ソフビでガボラとネロンガが発売済みなわけですが、そもそもこいつらってウルトラマンと戦うのかもまだ謎ですからね。

シン・ウルトラマンとガボラ2

なんか冒頭5分くらいで「最近怪獣が出るようになってきましたね」的な感じで資料映像出てくるだけの可能性だって全然あるという。

ガボラとシン・ウルトラマン

タグが邪魔

シン・ウルトラマンとキカイダー01

ロボット怪獣と戦うウルトラマンの図

まとめ

シン・ウルトラマン

というわけで、シン・ウルトラマンのフィギュアーツでした。

フィギュアとしてはよく動くし色・質感・造形も良い感じです。映画公開後は需要がおそらく急激に高まるので、迷ってる人は今のうちに確保しておいたほうが良いとは思います。ネットでも普通に定価以下とかで買えるし。

いかんせん本編が公開前なのでどう遊んでいいのかはすごい悩むのはアレですが…。

あとウルトラマン系のフィギュアーツって初めて触ったんですが、普通に直立させるのとかもけっこう難しいですねこれ。

レオとかエース欲しいんだけどこの辺集めだすとすごい大変なので、今回だけ例外としつつ基本的には超動とHGのガシャポンを中心にウルトラマンのフィギュアを今後も集めていく予定。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です