LinksMate(リンクスメイト)が気になってきた話【格安SIM流浪の旅シリーズ】

格安SIMを色々契約している私ですが、最近気になっているのがLinksMateです。

気になっている理由について、話していきたいと思います。

LinksMateはドコモ回線で速度が速い

私が住んでいる仙台や、よく行く青森、秋田なんかはauやソフトバンクの電波がよろしくない傾向にあります。

ここ数年でだいぶ改善はされたんですが、それでも行く場所によっては普通に圏外になったり、極端に速度が下がったり…。

メインの回線もau回線の格安SIMを使ってますが、実は自宅でもアンテナ1〜2本なんですよね。通信はできているので、大丈夫といえば大丈夫なんですが…。

LinksMateはドコモ回線の格安SIMなので地方に強く、私が住んでいる・よく行く地域でも基本的に問題なく高速でつながります。

ただドコモ回線の格安SIMって、auやソフトバンクと違って「サブブランド」系の速度が速いサービスがあまり多くありません。

結果として現在他の回線の格安SIMを使っているわけですが、LinksMateは速度の速さがウリになっています。

公式サイトに速度の傾向が毎日掲載されていて、それを見た限りでは確かに朝・昼・晩と安定したスピードが出ています。

速度の安定は、調べ物や暇つぶしにとても重要。

今まで一度も契約したことがないLinksMate、徐々に気になってきました。

プリコネのメモリーピースとかがもらえる特典あり

Redmi Note 9Sプリコネクエスト

当サイトやYouTubeラジオ動画の方で度々「プリンセスコネクト!Re:Dive」の話をしていますが、LinksMateは契約しているとプリコネと連携して関連した特典をもらえるとのこと。

毎月もらえる特典は「マナ」や「スキップチケット」など、正直なくてもいいかなレベルなんですが…

10GB以上のプランを契約すると毎月もらえる「スター」を6個貯めるごとに、対象キャラのメモリーピース50個をもらえるとのこと。

ちなみに連携を初めて行った際も、メモリーピース50個をもらえます。

メモリーピースはキャラクターの☆アップや専用武器作成に必須のアイテムで、50個もらえるのはでかい。

安価なスマホ代で快適な速度でプリコネを遊べつつ、メモリーピースももらえてしまう。

これは強いんじゃないか…?

料金的にも魅力あり

LinksMateにおける毎月スターをもらえる最低の通信プラン・10GBの音声通話SIMは月額3,100円(税抜)で、他社と比べてとくに割高な感じはありません。(速度も考慮するとけっこう安い部類)

ゲームの豪華特典をもらえるスターは10GB以上の契約が必須ですが…

100MB〜9GBのプランもあるので、ゲームに飽きたり料金重視だったりするなら小容量プランを選んでもOK。

3GB1,620円(税抜)、1GB1,100円(税抜)など、大体のプランは並程度の料金設定です。(3GBプランは1,600円程度が平均額なので若干高いかも)

月額料金が万単位になるので実用的ではないと思いますが、100GBや1TBなど超大容量プランがあるのも面白いですね。

専用アプリ「MatePhone」で通話料金が30秒10円に

私はほとんど通話しないんですが、たまーに宅配業者とか契約したサービスのサポートセンターに電話を最大10分くらいかけることもあります。

つまりかけ放題を契約する必要はないけど、通話料金を抑えられる環境はあると嬉しい状態です。

LinksMateは「MatePhone」というアプリを使って電話をかければ、通話料金を30秒20円→10円(税抜)に抑えられるとのこと。

月1回もない通話タイミングでもしっかり料金を抑える方法があるのは、大変ありがたいです。

カウントフリーオプションで対象ゲーム等の通信量も90%抑えられる

LinksMateには「カウントフリーオプション」があり、月額500円(税抜)で対象アプリの通信量を90%ほど抑えられるとのこと。

めっちゃたくさんゲームで遊ぶ人とか、対象動画サービスのAbema、U ~NEXTなどを見る人なんかは良いんじゃないかと。

ただ私は10GBあればまず使い切ることがないので、カウントフリーを追加する必要はなさそう。

5Gに対応済み

容量に上限があるのに対応してもどう使うんだって気はしますが、既に5Gオプションが出ているのも凄いです。

おそらく将来的には、他の格安SIMでも使えるようになるんだと思いますが…。

【懸念点】解約時に3,000円の「SIMカード解除事務手数料」が必ずかかる

LinksMateの注意点としては、解約時に手数料3,000円(税抜)が必ずかかってくることが挙げられます。

最低利用期間がないのでいつでも解約できる代わりに、固定で3,000円(税抜)支払う必要があります。

無料で解約できるタイミングがないことには要注意。

契約時に3,000円(税抜)確保しておいた方が良いですね。

まとめ

現在格安SIMを4回線ほど持ってるんですが(ガジェットマニアの宿命)、1つは8月に更新月を迎えるので解約予定。

2つ目も秋頃にはキャンペーン期間が終わって高くなってしまうので、多分解約することになります。

2つの回線の解約に合わせて、LinksMateを1回線導入しようかと検討中。

データSIMで契約して後から音声SIMにプラン変更しても大丈夫みたいなので、一旦データSIMで速度や得点を試してみて、良かったらメイン回線にしちゃうのも良いかもしれませんね。

とりあえずエントリーパッケージがAmazonで300円になってるので、買ってみます。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です