最近見ている・見ていたアニメ特撮の感想【2021年8月編】

死ぬほどアニメと特撮見てるのに何も書かないで記憶から消えていくのももったいないということで、よくラジオ動画で話をしているわけですが。

9月はどうせ国内状況的に撮影無理だろうということで、とりあえずブログに感想を書いていくぞ!

文章の構成とか何も考えずに、とりとめもなく思ったことを書いていきます。読みづらいけど勘弁してくれよな!

特撮の感想

仮面ライダーセイバーの感想は単体で書いたからそっちを読んでくれ!

機界戦隊ゼンカイジャー

ゼンカイジャーって変わった(狂った)作品として作られてると思うんですが、結果的に今やってる男児向け特撮ヒーロー物で一番手堅い・安定感のある・安心して視聴できる作品になっているのがなんとも。

去年のキラメイジャーと同様非常にしっかりと作られている作品だと感じます。

奇抜な怪人の能力で目を引きつつ、サブキャラクターたちも含めて丁寧に登場人物たちを描写している感じ。(若干ブルーンマジーヌ辺りは賑やかし感強めだけど)

何か文句をつけるとすれば、強いて言えば「怪人の能力でみんな○○になっちゃった」がマンネリ感強くなってきたことくらいですかね?人々が洗脳状態で暴走するパターンなことは大体同じなので。

それもそう思いきや最新回で「怪人とバカンス競技を楽しむ→トジテンドの連中とも和解できる可能性が垣間見える」という新たな展開が出てきたし、隙がない作品です。

あとはスーパーゼンカイオーが微妙な扱いだったのは残念かな…。

ウルトラマントリガー

私は特撮ものが基本的に東宝(ゴジラなど)派で、その流れを汲む円谷のウルトラマンもシリーズとしてかなり好きなわけです。

だから多少微妙でもあんまり文句書かずに褒められる点を褒める感じで行きたいんですけど、褒めるところが特撮映像しかない…。

いや、特撮番組でなおかつウルトラマンなので、特撮シーンのクオリティが高いのはむしろ非常に喜ばしいことなんですが。マジで映画並の高クオリティ映像出てきますからねトリガー。

豪華で派手な特撮シーンとドラマパートの物足りなさの落差がひどくて、その辺のつまらないヒーロー物よりかえって辛いんですよね。

主人公が特定のセリフを連呼するという、なんかゲキレンジャー辺りから増えてきたパターンなのはまぁいいとして。

今のところあんまり彼の内面とかに触れられてないので、「スマイルスマイル」とかやたらに連呼だけされても神山飛羽真的な薄っぺらい雰囲気になっちゃってるんですよね。

主人公のあの感じに疑問を抱いて反発するポジションの奴はちゃんと用意されているんですが、なんか反発したかと思えば音速で和解していくので意味ないという。

序盤はもう少しケンゴ自身を掘り下げたエピソードを多めにして欲しかった感はあるんですが、設定とかキャラクター多すぎてそうもいかないのかな?中盤くらいに期待ですかね。

登場人物多すぎてまんべんなく薄い感じになっちゃってるのが物足りない。GUTSの人数とか若者3人+隊長とメトロンくらいでいいような。(筋トレ隊員と二重人格遠隔操縦士自体はキャラクターとしては好きなんですけども…)

怪獣関連も最近のウルトラマンでちょっと多い「悪の宇宙人が出す手駒」パターンだったり、「とりあえず倒される用に出てきた(あんまりメインストーリーに絡まない)だったりで微妙。ガゾートもデスドラゴもあの程度の扱いじゃもったいなくないか…?

闇の巨人が3人もいて毎回怪獣と別に襲ってくるのも、5話までしか放送していない現時点でだいぶクドいんですが大丈夫でしょうか。個別に見ればキャラクターとしては面白い感じなんですけども。

コレ書いてる次の回が単発の怪獣メインの話っぽいので、そこに期待。

放送当時3歳くらいで非常に好きだったティガの流れを汲む作品ということで期待しすぎずに期待していたんですが、今のところはちょっと不満が多いかなと言う感じでした。

もりもりぼっくん

ついに全話見終えました。もりもりぼっくん。

「風邪を引いた時に見る夢」としか言いようがない作品でしたが、最後はだいぶ物悲しい展開でした。

ロボタックの時に出た総集編ビデオでオチ自体は知ってましたが、けっこう長いこと出ていたサムシングの死はわりと悲しかったですね。

ぼっくんはわりとシビアなエピソードが多かったので、結局何かを犠牲にしないと目的のものは得られないというオチは納得感ありましたが。

番組後半露骨にエロネタ推しになってたのは苦し紛れ感があったもりもりぼっくんですが、総合的には良い作品だったと思います。あまりに特殊な雰囲気の番組すぎて人には勧められないが…!

おもいっきり探偵団覇悪怒組

数少ない1話も見たことがない東映特撮番組だった覇悪怒組ですが、非常に良いですねこれ。

ぼっくんからカケフだけを引き継ぎ、非常にリアルな子どもたちの世界・空気感と夢が描かれている感じです。

「寺の地下に広めの空間がある」→「仏像の首が落ちてる」→「つまりおそらくは廃仏毀釈の時に倉庫として使われてた空間」→「鉄兜も落ちてたので戦争時も防空壕的に使われてたっぽい」→「ここを秘密基地にしよう」みたいな流れとか、現実の出来事を絡めてそれなりの説得力を出してて面白い。

地球戦隊ファイブマン

番組も後半戦に突入しましたが、面白さ上がってます。

ガロア艦長だけはギャグキャラとして犠牲にされてしまいましたが、けっこうハードなストーリー展開とか特色を毎回出そうとしているロボ戦とか見ごたえはかなりありますね。

秘密戦隊ゴレンジャー

ストーリーは安定してますね。たまにタイアップが露骨すぎて引くレベルのときがありますが。

キレンジャーが2代目になったんですが、大五郎の扱い微妙すぎないか?

たまになんかしたかと思えばやらかす、あとは目立たないみたいな。妙に総司令とかに対して態度がでかいのも印象悪い。

ミドレンジャーの下位互換みたいになっちゃってて世知辛いです。でもそこが多分大五郎の魅力なんだと思う…。

ミラーマン

怪獣と戦う特撮シーンは面白いんですが、ドラマパートはなんか辛気臭くて見ていて辛いときが多いです。

「ひき逃げした相手がインベーダーだったので一安心した男性と恋人の中に亀裂が…」とか「レギュラーの子供の行方不明になっている父親が帰ってきたけど結局顔を合わせず去っていく」とか、ミラーマン以外だとあんまりない展開だと思います。

色々と特撮ヒーロー物も内容を模索している時期だった感じですかね?

ビーロボカブタック

カブタック、面白すぎる。

放送当時死ぬほどハマってたし度々見返してるので自分としては言うまでもないって感じですが、カブタック最高。

なんか全てが丁寧でありつつ勢いもあってキャラクターも魅力的、完璧にうまく行ってる作品ですね。ここまで挙げた中では覇悪怒組にバランス感覚が近いかもしれない。

ビーファイターカブトまでとは全く異なる路線になったわけですが、ここまで完成度が高いと路線変わってても作品そのものには文句出ないですよね。

配信的には直前にもりもりぼっくんが終わったわけですが、ぼっくんとフミヤはあんまり友達って感じじゃない冷めた関係だったこともあって、カブタックの友達感は当時以上に凄く親しみやすくて良く見えますね。

ぼっくんは90年代頃のドラえもん、カブタックはオバQ的な感覚。

改めて序盤を見返してて思ったのは、初期はスーパーチェンジのセリフのタイミングが安定してないですね。CGとかの変形映像中じゃなく前に言ってたり。

あとカブタックが譲くんを呼ぶ時の呼び方が不安定。

アニメ感想

個人的に視聴しているアニメ諸々の感想です。新作全然見てねぇ。

聖戦士ダンバイン

全員地上に追い出される辺りまで見ました。

ショウが地上に出る辺りがめっちゃ面白かったんですが、そこからバイストン・ウェルに戻って地上にまた出るまでの10話分くらいは正直ダルかったですね…。

リムルを救出~リムルが役に立とうとダーナ・オシーで戦う~調子こいてやらかしてぶん殴られる~またドレイク側に戻されるの4話分延々リムルがなんかやらかしてる時期が苦行度高めでした。結局連れ戻されるわりに仲間化の流れ長めだったな…!今後の展開に期待。

せっかくビルバイン出てきたのに戦況がやたら悪いまま→焦りで暴走した結果「強い機体1機あったところでどうにもならねぇんだよ!」みたいにじじいたちにブチ切れられるくだりもなんか…そりゃおっしゃる通りなんだけど、新メカ出て盛り上がりかけた気分がまた盛り下がった感はありました。

機甲戦記ドラグナー

HI-METAL Rのドラグナーを集めることにした(D1買ったタイミングでD3がとっくの昔に予約が開始されたどころか終了していることに気づいてしまったが…)ので、本編を見てます。D3は発売時にどっかで仕入れます。プレ値だろうけどまぁ仕方ない

ドラグナーはスパロボAを小~中学生の時にやってたのでそれで印象に残ってます。

1話だけ昔見たので2話から…と思いきや、2話も見たことがある事実に3話の予告で気づくという。(視聴中は初見回だと思ってたのに)

これガンダムのリメイク的な流れだったと思いますが、まんまデニムとジーンみたいな展開あったりほんとにそんな感じですね。主人公たちの陽気な雰囲気によって別物になってますけど。

∀ガンダム

DVDの3巻まで見ました。4巻も借りてきてます。

昔映画の1だけ見たことがあるんですが、面白いですね∀ガンダム。いきなり戦争が始まってるんじゃなく、徐々に事態が悪化していく形式なのでドラマ部分の見ごたえがあるというか。

今のところローラの牛と墓参り回がとくに良かった。

戦闘シーンもガンダムハンマーやビームサーベルなどの武装が徐々に小出しで出てくるので、毎回見応えあり。毎回必ず戦いがあるわけではない分、戦った時は盛り上がりますね。

巨神ゴーグ

2話まで見ました。スーパーミニプラを今更買ったので、本編見ようという流れ。

情報としては知ってたけどゴーグがマジで全く出てこねえ!たしか4話くらいまで出てきませんよね。

未来少年コナンとか、あの辺の良質なNHK子供アニメのロボ版を作りたいんだろうなという印象。

ラブライブ!スーパースター!!

放送休止がやたら多い以外不満点なし。というか、私が見たラブライブのアニメで一番面白い気がする(虹なんとかは未見なので除く)。

登場人物が5人という常識的な人数になった結果か、慌ただしさがなくなって全体的にドラマ部分が丁寧ですね。

目標に向かって日々前向きに努力する主人公たちを応援したいと思える、良い青春アニメです。

…今気づいたけどここまで全部サンライズだ…!

まとめ

というわけで、外にもあんまり出られないご時世なので今年も延々アニメ特撮視聴です。

毎週見る本数が多すぎる中でビデオも見てるので、なかなかですね。

ライダーがリタイアしかけてるので、した場合は今後本数少し減りますが。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. Callistocythere より:

    覇悪怒組 OPEDの粘土人形が気持ち悪くて小さい頃嫌いだった気がします(この点は今も好きではない)が、なかなか良さげですね。
    個人的に浦沢義男の理不尽な世界観は苦手なので、これくらいの方が安心して見られます。

    カブタック 一番特撮見てなかった頃で、BFKの後番組の情報を全く知らずに初回を見て「なんだこりゃあ」となってしばらく。
    後半なんとなく見始めたらハマった作品です。これとギンガマンにこっちの世界に引き戻された感があります。楽しみです。

    ドラグナー メタルダーと並んで私のものの好みの根幹になっている作品です。
    ドラグナーが好きというより「好きとはドラグナーにどれだけ近いかで測れる」って感じです。駄目な所も含めて。

    最新作の方は・・・リバイスが駄目だと本当に何もなくなるくらいの状況。ダイの大冒険は面白いけど、これ最新作と言えるのか?

    • 電子レンジマン より:

      コメントありがとうございます!

      あの粘土細工レリーフみたいなやつは、私も昔トトメスとかの再放送を見ていてちょっと怖かった記憶があります。
      ドラグナーは今ダンバインに続いてハマってまして、フィギュアを色々集めたりちょっとプラモを買ってみたりしてます。

      最新作は特撮が全体的にその場の話題性のみ重視といった印象で、何も残らない感じなのがちょっと辛いですね。
      最悪ストーリー部分がつまらないのには目をつぶるとしても、販促も全体的に微妙で見ていておもちゃが欲しくならないのが悩ましいです。

      ダイの大冒険は数年前に漫画で序盤を見てけっこう面白かったので、いずれ原作なりアニメにもっと手を出してみたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です