インターネット料金を削減!スマホと光回線をできるだけ安く使うべくベストな契約先を調査してみた

internet

昨今の国内事情により収入が大幅減だったり、単純に固定出費を抑えたかったりといった理由で、インターネット代をできる限り抑えたい。

そんな考えを持つ読者の方々のため、今回は月額料金が安いスマホ回線と自宅用のインターネット回線の契約先を検討してみます。

なお今回は、「自宅では固定回線、外ではスマホの回線を使う」という条件を設定します。

ネットは今や必須のサービスであり、スマホの回線に1本化するのは無理があるという判断です。

この記事に行き着くような方であれば、おそらくけっこう動画見たり音楽聞いたりと、ネットを使いこなしてるでしょう。

パソコンとかゲーム機で通信する時に、わざわざスマホからテザリングONにするのとか面倒くさいですよね…。

また動画とかゲームを速度制限を機にせず楽しもうとすると、スマホの回線に絞る場合結局高い大容量プランを契約することになり、スマホ+光回線とあまり金額が変わらなくなってしまう(下手すりゃ割高)んですよ。

スマホの回線単体だと、速度制限に悩まされやすいのも面倒です。

「そこそこの容量のスマホプラン+制限無しで使える光回線」といった組み合わせで使う前提で、契約先を検討していきます。

【スマホ編】格安SIMを契約だ!ベストな申込先はUQ mobile

条件別のおすすめの選択肢をいっぱい書くのも良いんですが、今回は1つに絞りたいと思います。

スマホの契約先でベストなのは、UQ mobileでした。

私のメイン回線であり、当サイトではけっこう頻繁に勧めているので「またか…」となってしまうかもですが、やっぱりベストなのはUQ mobile。

理由を説明していきます。

UQ mobileは小容量・大容量のどちらにも対応できる、切り替えも可

UQ mobileは2種類の料金プランを主に展開しています。

通信量 月額料金(税抜)
スマホプランS 3GB、速度制限後は128kbps 1,980円
スマホプランR 10GB+1Mbps使い放題 2,980円

他社だともっと小容量なプランがあることもありますが…、個人的に1〜2GBといったプランはあまり選択しないほうが良いと思ってます。

なんか「今動画見ると速度制限かかっちゃうからやめよう」的な、耐えないといけない場面が増えるんですよね。

スマホプランSのように3GBあればSNSとネットを見る分には十分、たまに程度なら動画を見ても、1ヶ月は余裕で耐えられます。

私は前身のおしゃべりプランSを使ってますが、3GBの容量を使い切ったことがないです。

またスマホプランRなら10GBのボリューム+制限後も1Mbpsは出るので、SNSや画質抑えめの動画程度なら常に見られるのが強い。

私のようなガジェットマニアにも、スマホプランRならテザリングを使って外で複数の機器を運用しやすくて良い感じですね。

私は普段、年に2回程度固定回線がない親戚の家に1週間位滞在するんですが…(今年は無理でしたが)

スマホプランRならけっこう余裕があるので、一時的な固定回線代わりにも活躍できそうです。

スマホプランSとRはいつでもWebから切り替えて翌月より反映させられるので、使い方に合わせてチェンジできるのもよし。

au回線なので対応エリアがそこそこ広い、速度も速い

UQ mobileはau回線を使っています。

私の見解では、スマホの回線はドコモ>au>ソフトバンクの順番に繋がりやすいです。

場所によってどれが繋がりやすいかはもちろん変わるんですが、地方民としては一番安定するのはドコモ、次いでauですね。(ソフトバンクは今でもちょっと不安定な場面がある)

最上位ではないとはいえau回線も十分繋がりやすく、私は満足できてます。

通信速度も、UQ mobileは昼や夜になっても速度は特に下がらず、快適に通信できていて良いですね。

UQ mobileより安い格安SIMは色々あるんですが…

UQ mobileと同等以上の快適さを得られてUQ mobileより安い選択肢は、この5年くらいで様々なサービスを試した限りでは、見つからなかったです。

【光回線編】ぷらら光が安かった

光回線って、後から料金が上がったりなど面倒なのも多いんですよね。

また「超安いけど聞いたことないぞこの会社?」みたいなケースも。

「シンプルな料金プランで難しい条件なし、一定以上メジャーな会社の提供」という前提を踏まえて比較して、見つかったのがぷらら光です。

ぷらら光は月額料金が安い

ぷらら光は、最大4,800円(税抜)という安価な料金設定です。

月額料金(税抜)
戸建住宅 4,800円
マンション 3,600円

さらに事務手数料無料。

別途かかるのは工事費、戸建住宅は18,000円(税抜)、集合住宅は15,000円(税抜)という比較的安価な設定です。(30回分割払い)

2020年9月時点では、新規申し込みのみで35,000円のキャッシュバックももらえます。

固定回線は導入時に高額な出費が発生しがちですが、ぷらら光なら安く抑えられるのが嬉しいですね。

IPv6対応で速度も速い

v6エクスプレスというオプションサービスがあり、回線混雑を避けて通信できるのもぷらら光の良い点ですね。

せっかく固定回線を契約しても遅かったら台無しですが、ぷらら光なら高速通信ができる条件が整っています。

さらにぷらら光では、高速通信ができるv6エクスプレス対応Wi-Fiルーターが無料でレンタル可能です。

高速通信のための余計な費用は、かからないわけですね。

レンタルルーターにもし不満でも、申込みでもらったキャッシュバックで自分の好みに合うルーターを購入すれば良いですし。

まとめ

というわけで今回検討してみた結果、スマホはUQ mobile、固定回線はぷらら光が良いんじゃないか?という結論に。

とくにセット割とかは受けられませんが…、どちらも基本料金自体が安いので、問題はないでしょう。

スマホ代と自宅のネット代を抑えて、生活を豊かにしてみてください。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です