伝説巨神イデオン アニメスケール ザンザ・ルブを作った【プラモレビュー】

今日紹介するのは1/1700のザンザ・ルブです。

アニメスケールはいわゆる箱スケール=箱のサイズが共通でプラモそのもののスケールはめちゃくちゃなやつです。

イデオンのプラモは後に1/600でだいたい全部のメカが出てるので、スケールが合わないアニメスケールはあんまり人気がないのか基本どこ行っても安いんですよね。

ザンザ・ルブはクソデカい重機動メカで、1/600のプラモもネットで情報見た限りではヤバいサイズ。1/1700のアニメスケールのが置き場的な意味でも都合良かったり。

というわけでサクッと作成、一応塗装も全体でしてみました。

ジグ・マックは先にピンク色塗ってから隙間を黒で塗ろうとして失敗したので、ザンザ・ルブは黒塗ってから赤塗りました。

白いランナーなので白部分は本来そのままにしたかったんですが、古いプラモなこともあって全体的に薄汚かったりシミがあったりしたので全部塗りました。

水性ホビーカラー(10年以上前に買ったリニューアル前のやつ)の白で塗ったんですが、何度も重ね塗りしてなんとか…といったところ。

特大ボトルのうすめ液とMr.カラーのメーカーが出してる筆洗う用ボトルみたいなやつを買ったので、洗浄で当分困らないためそろそろラッカー塗料の白買おうと思います。

さて、このザンザ・ルブは手足が動くし首?も回るので、スケール以外にとくに悪いところはないですね。

イデオンとかギラン・ドウは造形にやや物足りなさがありましたが、ジグ・マックやザンザ・ルブは非常に良い感じ。

アニメスケールのイデプラはあとギド・マックと3つのギラン・ドウが手元にあり、あと1/600のドグ・マックってたしかほぼアニメスケールと共通ですが、それも持ってます。

今月は直近で入手した1/48ダンバイン、逆転王、1/600ガルボ・ジック、1/600ギド・マックを作らないといけないので、アニメスケールに手を出せるのは当分先になりそうですけども…。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です