Surface Pro Xで動画編集~純正ビデオエディターで頑張る~

カワバンガ!電子レンジマンです。

YouTubeに投稿する動画は基本的にiPadかスマホで編集していますが、せっかく合計20万弱するSurface Pro Xを買ったからには使って動画編集ができれば嬉しいわけです。

しかしとりあえずAdobe製品は動かず(契約してないのでどっちにしろ動かないんですが)、めぼしいソフトもざっと調べた限りでは見つからず…。

Aviutlは32bitなので試そうと思いながらふとスタート画面を眺めていたら…

Windows10純正ビデオエディター

あるじゃないですか。純正動画編集アプリ。

というわけで、どのくらい使えるのか試してみました。

Windows10のビデオエディターは動画の結合・分割ができる

ビデオエディター_動画結合

ビデオエディターはかつての「Windowsムービーメーカー」から大幅に機能を省いて使いづらくしたようなソフトで、とりあえず動画ファイルを複数用意して結合できます。

上の「プロジェクトライブラリ」に動画をペーストして、下のストーリーボードにドラッグ&ドロップすればOK。

反対に分割も可能。

ビデオエディター_動画分割

分割したい位置で「分割」ボタンを押すと↑の確定画面が出るので、「完了」を押せば分割されます。

一部分だけトリミングすることも可能です。

トリミング

超シンプルなので、この辺の操作はすぐ慣れると思う。

タイトルやテロップの導入ができる

動画の冒頭にタイトル画面を入れられる

動画タイトル

はい、動画の頭にタイトル画面を入れられます。

一応色々なバリエーションがあるんですが…まぁ全部ショボいのは間違いない。

フォントとかとくに変えられませんし。

タイトル色編集

タイトル画面の背景は変えられます。

動画内にテロップを入れる

字幕テロップはさすがに入れられます。(フォント変更はおそらく不可能)

ビデオエディターフォント

下のシークバーで表示時間を調整可能。

タイトル画面と同様に表示の演出を変えられたり、表示位置を調整したりはできます。

映像のモーションや速度、フィルターを変更

映像を揺らしたり、一部分を拡大したりできます。

モーション

ほんとに最低限のバリエーションですね。

写真を表示するときとかには良いかも。

映像にフィルターをかけて白黒とかにすることもできます。

映像フィルター種類が少ない。

スローモーションとか早送りにしたいときは、「速度」タブから調整しよう。

映像速度調整

あと画面を16:9や4:3にしたり、縦向きの映像にしたりもできました。

画面比率変更

他には「テーマ」という項目があった。

テーマ設定

自動で良い感じに映像とか音楽を調整してくれるっぽい。

スライドショー動画とか作る時ならよさそうですね。

音楽素材の導入

音楽は標準でいくつか入っているものを付けられるみたい。

BGM選択

そして音楽素材を持っている場合は、「カスタムオーディオ」項目からインポートすることも可能。

音楽素材

アフレコとかは別のソフトで行ってね、という潔い仕様。

昔のムービーメーカーではソフト単体でできてなかった?

感想:必要最低限のことができれば良い人向け

せめて動画の繋ぎをクロスフェード的な感じで自然にする機能くらいは欲しかった。(見逃してるだけだったらすいません、コメントで教えてください)

本当に必要最低限の編集しかできないので、単体ですべての編集を終わらせるのは厳しめ。

Surface Pro X用動画編集アプリ探しの旅が始まる…。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です