Surface Pro XユーザーによるSurface Pro7レビュー

実は先日、Surface Pro7がセールだったのでちょっと買って使ってました。

Surface Pro Xを持っているのにあえて買うという決断に至ったものの、やはりXが良いねということですでに手放しは決定済み。

今回はSurface Pro 7をしばらく使い、Surface Pro Xと比べてみた感想レビューです。

Surface Pro 7の外観をかんたんにチェック

Surface Pro7外箱

今回はビックカメラのタイプカバーセットを購入していました。

Surface Pro7一式

こんな感じで、大きな外箱に市販の本体とタイプカバーがそのまま入ってました。

Surface Pro7本体

Surface Pro 7本体はほぼPro Xと同じように見えますが、実はけっこうボタンとかの配置が違ってたりする。

まず画面比率もおそらくPro 7のが縦が長めですよね。

個人的にはWordとか使う機会が多いので、Pro Xのが使いやすい。

Surface Pro 7背面

背面とかほぼ同じですが…

Surface Pro 7イヤホンジャック

イヤホンジャックがあったり、

Surface Pro 7端子

通常サイズのUSB端子とUSB Type-Cポートが1つずつだったり。

個人的にはSSDもカメラケーブルも全部USB Type-Cに統一してるので、標準サイズはあんまりいらないです。

Surface Pro 7ボタン

ボタンは全部本体上部にある。

Pro Xは電源ボタンが右側面、音量ボタンは左側面にあるんですよね。

どちらの仕様が良いかはなんとも言えない…!



Surface Pro 7をPro Xとともに使ってみた感想

というわけで行ってみましょう。

64bit専用ソフト、案外使わなかったね…。

基本的にSurface Pro7とPro Xのどちらを買うか迷っている人は、Pro 7を選んだほうが安心ではあると思います。

Pro Xは動画編集ソフトの多くが使えなかったり、他のソフトもゲームとか動かないやつがちらほらあったりするので。

ただし私の場合は、意外と「64bitのソフトを使う!」という場面自体なかったんですよね。

そんな場面があると思ってあえてPro 7も買ってみたんですが、なかった…!

強いて言えば日本語変換ソフトのGoogle日本語入力は、Pro XだとEdgeで使えないもののPro 7なら大丈夫で便利だったりしましたが…。

動画編集ソフトも一応この前Power Directorの最新版(64bitのみ対応)買おうかと思ったんですが、「1台でしか使えない」ことを知り、自宅のデスクトップで使えないと面倒だな…と思って結局買うのをやめたり。

Pro 7とPro Xの動作の違いはあまり感じなかった(どっちも快適)

おそらくARMのCPU搭載のPro Xより普通のCore i5搭載のPro 7の方が動作は快適なんだと思いますが、私の用途(GoogleドキュメントとスプレッドシートとAviUTL)はそんなに変わらず。

Edgeはどちらも快適に動きますし、ChromeもPro Xは32bit版だったりしますが、どちらも普通にちゃんと動いてます。

動画編集なんかはAviUtl使ってる限りではどっちも重めという点は変わらないので、「Pro 7のが快適だな!」とはならなかったです。

Pro 7はバッテリーの減りがより早い

正直Surface Pro Xも思ったよりは普通にバッテリー減る印象(MacBook Airとそんなに変わらない)ですが、Pro 7は明らかに減りが早めですね。

Pro Xより1.5倍くらいのペースで減っていく感じ。

朝から晩まで使うなら、Pro Xのが確実ですね。

またどっちもUSB Type-Cで充電できるので、不安ならモバイルバッテリー持っていけば良い感じ。

Wi-Fi接続が面倒くさい

Surface Pro X、SIMカードを入れて常時LTE接続できるんですよね…。

今回買ったPro 7はWi-Fiモデルなので、外で使う場合はWi-Fiスポットに接続したり、スマホでテザリングしたりする必要あり

Surface Pro Xの快適さに慣れると、どうしてもWi-Fi接続はめんどうくせぇな…と思ってしまう。

充電端子の位置の違いにより充電しやすい店が分かれる

Surface Pro Xは左側面、Surface Pro 7 は右側面にUSB Type-C端子があるので、USB Type-Cで充電する場合店(コンセントの位置)によってどちらが充電しやすいかは変わってきます。

私が行く店の場合けっこう右側にコンセントがあるケースが多いので、Surface Pro Xだとケーブルの位置が悪くて引っ張られる感じになることがしばしばあります。

Surface Pro 7 だと右からケーブルを出すので余裕があることが多い。

Pro Xが薄すぎてちょっと分厚く感じる

Surface Pro 7 は以前のSurface Proシリーズと同じような形なので分厚さを感じてしまいますが、Surface Pro Xは極薄。

楽に持ち運べるのはやはり、Surface Pro Xですね。




Pro 7はSurfaceペンが電池式

Surface Pro 7 はSurfaceペンに単6電池を入れる必要があって、電池の入手や取り換えが面倒。

Surface Pro Xはタイプカバーに搭載しつつ充電できてしまうので、ペンの取り扱いが超ラク。

あとSurface Pro Xのペンはボタンが出っ張ってるので押しやすいぞ。(Pro 7のは平らなので押しづらいのだ)

まとめ:ボクはPro Xで頑張ります

2週間程度使って「やっぱSurface Pro Xだけでいいや」という結論に至ったので、手放すことに。

どちらも良い製品ではあるんですが、Pro Xの今までと違う最先端さを体験してしまうと、ちょっとPro 7は古さを感じてしまいますね。

64bit対応アプリを頻繁に活用しているならPro 7を選んだほうが絶対安心ですが、とくに問題なさそうなら薄くてLTE対応で軽いPro Xのが絶対満足できると思う。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です