スターウォーズ エピソード9「スカイウォーカーの夜明け」感想【映画レビュー】

前作「最後のジェダイ」を公開初日に見たので、せっかくだから初日に行って見てきました。

先に自分のスターウォーズに関する思い入れを説明しておくと、「本筋の映画は全部見たけど4以外そんなに興味ない」くらいの感じです。

つまり細かい設定とかキャラクターに対する思い入れがかなり薄いので、世間では評判が悪かった8もそこそこ楽しめたレベル。

なお若干のネタバレありでお届けするので、まだ見てない人は注意。

荒れ果てた土地に木を植えた感じの作品

冒頭のあらすじテロップで、いきなり全ての黒幕がパルパティーンだったことが明かされたのは衝撃でしたね。

2年前の映画なので100%内容を覚えてるわけではないので間違ってたら申し訳ないんですが、7~8にパルパティーンが復活してる前振りとか一切なかったと思う。

しかしおそらく8を見た人なら、この急展開にはむしろ納得がいくのではないでしょうか。

8で本来の黒幕だったと思われるスノークがあっさり退場したので、物語の締めくくりにふさわしい強敵を新しく出すならもうパルパティーンを復活させるくらいしか道が残ってません。

個人的には敵も味方もろくな戦力がない状態のまま展開される9も見てみたかったですが、やっぱりパルパティーンを出した方が盛り上がるでしょう。

こんな感じで、エピソード9は「7で種を植えたら8で焼け野原になったから無理やり新しく用意した木を植えて補った」みたいな展開が多かった印象。

ローズの出番が激減

ローズ、不評だったからかエピソード2のジャージャービンクスと同様出番が激減。

しかもフィンとの関係がかなり有耶無耶になってて、もはや不憫。

とはいえ必要最低限の出番は確保されていたので、このキャラが好きな人もそこまで不満には思わないくらいのバランスは取れてましたね。

個人的には8ラストの盛大なやらかしシーン以外はそこまで嫌いでもなかったので、存在自体を抹消されなかったのは嬉しかったです。

忙しい人向け的慌ただしさ

先週のゼロワンを見て「展開が忙しすぎる」とか個人的に文句を言ってましたが、エピソード9も似たような感じでした。

なんかテレビシリーズがあるうえで抜粋した総集編映画を見せられてるような感じで、1作跨いで回収しそうな前振りを数分後にすぐ回収していく慌ただしさ。

おそらく8で積み重ねた要素がほとんどなかったため、大団円を迎えるにあたって描かなければいけない要素が多すぎたせいかと。

8のカジノ星のシーン全部削って、今作でもけっこう長く描かれたレイとベンのお互いの苦悩展開を向こうに回してればちょうど良かったような気がする。

とはいえ結果的に一旦落ち着いて退屈するようなシーンも発生しなかったので、この詰め込み具合がアリかナシかで言えばアリだと思う。

スノークについて触れられたのは良かった

あまりにも急に退場したので「なんだったんだこいつ」としか言いようがなくなっていたスノークの明確な正体が明かされたのは良かったですね。

「パルパティーンが操ってたもの」という正体だったことになったことで、結果的にパルパティーンが黒幕だったという流れがなんの問題もない感じになりましたし。

しかし全体的にパルパティーン関連が「後から追加した」ようにしか見えないので、実際そうだった場合本来の彼の正体がなんだったのかは気になる。

映画館のCMが長すぎ

書きたいことは大体書いたので最後に余談ですが、映画館で予告編前に15分くらいCM流すのをやめて欲しい。

経営の都合的な事情があるんだろうけど、「金を払って映画を見にきてるのに関係ない映像を長々と見せられる」感じとかそのせいでトイレに行きたくなるまでのタイムリミットが無駄に近づく感じが辛い。

場所によっても分数はけっこう異なってきますが、今回の映画館はCM+予告編で30分くらいかかってましたからね。

あと館内のジュース自販機が一律250円という地獄のような価格なのも、ちょっとどうかと思った。

こういう細かいストレスが、客足を遠のかせる結果に繋がる気がするがどうだろう。

まとめ

全力で立て直しに向かっていく感じが、7~8を見たものとしてはなかなか楽しめました。

とはいえここに書かなかった展開も含めて急な部分が多過ぎて、流石にどうかと思ったのもまた事実。

とりあえずまだ見てない人は、8まで見たなら9も見た方が良いと思います。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です