S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーを突然入手!【フィギュアレビュー】

仮面ライダーゼロワンフィギュアーツ箱

私が平成ライダーで一番見た目が好きな主役ライダーが仮面ライダーゼロワンなんですが、フィギュアーツを持ってなかったんですよね。

12月に再販されるんですけど、コレの予約をチャレンジしてみたら見事に撃沈。最近のバンダイフィギュアの購入の厳しさを思い知らされる結果となりました。

で、たまたま最近活用するようになってきた楽天市場見てたらまぁまぁ安い(送料込みで4,700円くらい)ゼロワンのフィギュアーツの在庫があったので、もうこれ買えばいいかということに。

なおBOBEXPOの方でもっと詳細なレビューがあるので、このおもちゃについて詳しく知りたい方はそっちを見てくれ!今回の記事は購入報告みたいなもんです。

フィギュアーツのゼロワンを開封!

ゼロワン付属品

主役ライダーだけ安く売る最近のパターンの代償として付属品が手首のみ。

しかもゼロワンはデザイン的に人気があったので、あんまり新品で売ってるの見かけたことがない印象。

セイバーはこの反省か仕入れる量がおそらくかなり多かったのと、需要がゼロワンほどまでは行かなかったのかブレイズ含めてめっちゃよく見かけますね。

ライジングホッパー前面

仮面ライダーゼロワン、何度見ても秀逸なデザインしてますね。

非常にシンプルな形状で初代ライダーと同じバッタを表現しつつ、カラーリングは今までの主役ライダーになかった黄色+黒という組み合わせで斬新。

まぁ本編のドラマは捻りを加え過ぎた結果ねじ切れちゃった…みたいな感じだったんですが、ライダーのデザインはサブライダー含めシリーズ最高だと思ってます。

アクションシーンも微妙な時は微妙なんですけど、良い時は非常に派手で良かったですよね。1話とかメタルクラスタ登場時とか後半の滅亡迅雷4人VSサウザーとか、あと中盤で迅が復活した時もかなり良かった印象。

ゼロワン背面

フィギュアーツの仮面ライダーって鎧武の何人かを買ったのが最後なんですが、そういえば背中側も塗装あるんでしたね。

RKFとフィギュアーツを並べてみる

そういえばRKFも買ってたじゃんということで、比べてみますか。

↑が前RKFレビューした記事。

RKFとフィギュアーツ比較1

フィギュアーツのが再現度高くて、RKFはちょっと色が沈んでる感じ。(ちょっと上の写真はスマホでフィギュアーツ寄りに色補正されすぎてて、必要以上にRKFがくすんでみえちゃってるかもですが)

RKFも3,000円以下のフィギュアなので全然許容範囲内というかこれでかなり満足してたんですけど、流石フィギュアーツといったところか。

フィギュアーツはベルトも完璧。

RKFとフィギュアーツ比較2

一番差が大きいのは背面。RKFは黒一色なんですよね。

足はまぁいいとして背中くらいは塗ってくれりゃいいのにという。

うーむ、流石フィギュアーツですね。

まとめ

フィギュアーツゼロワン顔

複眼がすげぇ!本物みたい!

ゼロワンのアーツのクオリティには非常に満足なんですが、まぁプレバン限定品が多い関係上今から集めると予算的にキツい+「ゼロワンってOP映像以外で仲間と集まってなんかやってた印象ない(そもそも仲間がいない)し他のライダー並べる必要もないかな」みたいな感じなのでとりあえず買うのはここまでにしときます。

欲を言えば、滅亡迅雷と1型辺りはちょっと欲しいんですけどね。

しかしまぁフィギュアばっかり買ってますね最近、これからゲッターロボ號の超合金魂も来るし大変だ。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です