Mi note 10のAmazonアウトレット品を購入!傷・汚れはある?

Xiaomiが2019年末に国内に参入、1発目に発売したのがMi note 10とMi note 10 Proです。

1億画素で写真の一部を切り取ってもキレイ!と聞いて気になっていたんですが、58,080円と高額で手が出ませんでした。

しかしたまたま先日Amazonを覗いてみると、なんとMi note 10が1万円安い47,626円で販売されている

Minote10

Amazonアウトレットという、外箱に傷がつくなどしてそのまま売れなくなった在庫を割安で販売しているものでした。

箱や本体がどの程度の状態か心配はありますが、定価より1万円以上安いので流石に買うしかないでしょう。

ちなみに購入時点でアウトレット在庫には「良い」と「非常に良い」があり、購入したのは「良い」というランクが低いものです。

というわけで注文の翌日にMi note 10が届いたので、アウトレット品の本体外観をレビューしていきます。

詳しい使用感レビューやカメラ作例は明日以降検証・作成予定。

無印とProの違いは?Mi note 10(無印)を選んだ理由

アウトレット品が販売されていたから購入したMi note 10無印ですが、元々欲しいのはProでなく無印でした。

Proと無印の違いは以下にまとめたとおり。

Mi note 10 Mi note 10 Pro
販売価格 58,080円 71,280円
メインカメラのレンズ 7枚 8枚
メモリ 6GB 8GB
ストレージ容量 128GB 256GB

本体デザインとか、表に記載してない部分は全部同じです。

メインスマホとしてGalaxy Note10+を持っている以上、メモリやストレージ容量は下位モデルの無印でまったく問題なし。

メインカメラのレンズ枚数の違いにより、上位モデルのほうが僅かにキレイな写真を撮れるっぽいです。

しかし様々なレビュー動画や記事を見させていただいた限りでは誤差の範囲だったので、なら安い無印で良いかなと。

無印でも、1億画素のカメラ撮影ができるのは変わりませんし。

つまり先人たちの様々な調査があったから「無印でいいや」という結論に至っていたわけです。

いち早くレビューしてくださっているレビュアーの方々、大変ありがたいです。

なお発売前に購入を決めていた場合は、おそらく「とりあえず高い方が良いだろう」とProを買ってたと思います。(安物買いの銭失いを恐れるやつ)

Mi note 10を開封!アウトレット品の外観は?

アウトレット品がゆうパックで届きました!

Minote10外箱

見てのとおり、一見普通にビニールで梱包されてる感じ。

Minote10ビニール

横を見るとAmazonアウトレットの表記が。

つまりこのビニールは、Amazonアウトレットでチェック後に貼られたものということですね。

そういえば、以前Boseのイヤホンを買ったときも同じような梱包でした。

Amazonアウトレットの検品済みのシール

横には検品済みのシールが貼られてました。

そんなこんなでビニールを剥がしました。

アウトレット品で多少傷があるということでしたが…

確かに、外箱に何かにぶつかった跡はありますね。

しかしこの程度の小さい跡なら、中古ショップやメルカリでも価格は落ちないでしょう。

わずかな凹みで1万円値引きになるなら、最高としか言いようがないですよね。

Minote10本体背面

本体はとくに傷など見受けられません。

本体前面

画面部分も無傷です。

唯一外箱以外で「おや?」と思ったのは、中の書類。

Minote10の書類

なんかクシャッとしてます。

しかしこれも本体ではなく付属のどうでもいい紙なので、やっぱり何も問題ない気が。

まとめ

AmazonアウトレットのMi note 10、状態は箱と説明書に凹み・折れがある程度でした。

ほぼ新品と言って差し支えないレベルなのに1万円オフで買えたので、大満足です。

定期的にアウトレット在庫が出品されているので、Mi note 10シリーズを安く手に入れたい方は覗いてみてください。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です