iPhone SEとGalaxy Note10+でカメラ性能を比較レビュー!【超動メビウスブレイブ】

SE_外箱

突然だけどたまたま行ったスーパーに買い逃してたウルトラマンメビウスブレイブが半額以下で置いてあったので、確保しました。

超動ウルトラマン6開封レビュー|アグル・メビウス・キリエロイド

忘れてたけど、確認したら単にバージョン違いだからスルーしたんじゃなく売ってなかったから買い逃してたんですね。

しかしメビウスブレイブ、後半出番が多かったバーニングブレイブとか最終回のフェニックスブレイブと比べてあんまり覚えてないから書くこと少ないぞ…

というわけで単体でレビューすると内容がかなり薄くなるので、これを使ってiPhone SEとGalaxy Note10+のカメラ比較でもしてみようかと思います。

S20シリーズじゃないのはやや旬過ぎた感あるけどもう売っちゃったし…NoteシリーズではNote10+が最新だからまぁ良いでしょう。

iPhone SE VS Galaxy Note10+!カメラ性能はどうなのか

というわけで、メビウスブレイブをチェックしつつ何枚かSEとNote10+で撮り比べてみました。

照明は左右斜めと上から当ててます。パソコンで確認したらピントズレてたとかはそのまま行きます。(面倒だからピントの合いやすさにも注目してみよう!)

メビウスブレイブ付属品一覧

キリないからこれはiPhone SE(2020)のみで撮影。

武器のエフェクトは付いてないから、必要に応じて拡張セットを買おう。スーパーによっては半額とかで買えるぞ!

本体を正面から撮り比べよう

<iPhone SE(2020)>

SE_前面

iPhone SEは若干暗いというか濃いというかな仕上がりになった。

写り自体はなかなか良いと思う。

<Galaxy Note10+>

(ちょっと角度ズレたな…)

Galaxy Note10+の方がやっぱり写真の出来栄え良い感じする。

室内というあまりスマホにとってありがたくない環境ですが、全体的に明るめに仕上がってますよね。

まぁ価格2倍以上だからNote10+が勝ってないと困るのだが…!

しかしまぁ実際2倍以上出してまでカメラ性能を求めるべきかは、人によって異なってきますね。

SEのカメラも単体で見たりSNSで投稿したりする分には誰も不満に思わないくらいには普通にキレイ。

↑Note10+で撮影

iPhone SE側で撮り忘れたけど、背中は通常版メビウスと同様に色なしです。

ウルトラマン撮る構図って基本的には正面か横だと思うので、実際とくに問題はないかと。



赤いヒーローを並べて撮り比べてみる

<iPhone SE(2020)>

SE_メビウスロボコン

いきなりレビューする商品を脇に置くという問題行動。

ドラゴン社のロボコン、発売当時はパッケージが中国語だったかなせいでパチモンだと思いこんでスルーしてた。

しかしテレビのロボコンの再現をした超合金としては、手足とか顔とか完璧なのだ。

iPhone SEはロボコンとかメビウスブレイブの色が全体的に濃いというか、やや沈んだ感じにはなってる。

<Galaxy Note10+>

Note10+だとやはり少し明るい感じですね。

しかし銀色の足とかがちょっと黄色っぽく見える。

この写真はiPhone SEのが個人的に良い仕上がりになったように思う。



どこまで寄れる?フィギュアバストアップ比較

<iPhone SE(2020)>

iPhoneSEメビウスバストアップ

iPhone SEで寄るのはこのくらいが限界。

そしてちょっと暗くなっちゃいましたね。(気をつけてるけど、小さいフィギュアに寄ろうとするとどうしても照明遮りがちなのもあるかも)

<Galaxy Note10+>

Galaxy Note10+のが寄れる+明るく撮れるな。

まとめ

これはSEで撮ってます

Note10+はやや黄色っぽいけど明るめで見栄え良い傾向、SE(2020)はちょっと暗いけど変な補正かからない印象ですかね。

メビウスはNote10+のが満足だけど、並べて撮ったロボコンは明らかにSEのが自然な色合いになってたと思う。

そして近くに寄れるのはNote10+。ズームレンズもあるし、普通に撮っても寄れる。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です