ROBOT魂 ケンブ(境界戦機の)を2200円で買えたので遊ぶぞ!【フィギュアレビュー】

プラモが死ぬほど模型屋に入荷してるでお馴染みの境界戦機ですが、ROBOT魂のケンブを手に入れました。

これ5000円弱の定価なはずなんですが、新品で2700円くらい、中古で2200円とかで買えます。

2200円ならプラモ買うより安いじゃんということで(プラモも1700円とかに割り引かれてますけど)、買ってみたぞ!

なお境界戦機は一応3話までぼんやり見てるんですが、この段階だと「度々すごいツッコミどころがあるけど全体的には可もなく不可もないどっかで見たようなアニメ」といった印象ですね。

巻き込まれてしまった感を出してるけどやってることは常にテロリスト以外の何者でもない感がある主人公とか日本が破綻してるわりにやけに豪勢な晩飯が出てくるとか、色々と気がかりですが飛ばしすぎてすごい面白いとこまでは行ってないから悩ましいみたいな感じ。今後どうなっていくんでしょうか。

ロボットのデザインはそこそこ魅力的に見える奴も多いんですが、まだ見てるのが3話とはいえあんまりアニメ見て「このロボのプラモ作りたいぞ!」とはならないなんとも言えない感じ。

ROBOT魂のケンブで遊ぶぜ!

というわけでケンブ。

ケンブという名前がまず短すぎるかつ響きもそんなに良くない気がして、しっくりこないんですよねこいつ。

でも「じゃあどんな名前をコレに付けるのよ?」と言われたら形容し難い見た目過ぎてまったく浮かばないので、多分総合的にケンブがベストな名前なんだと思われます。

付属品は普通のROBOT魂系って感じ、ANIME系のエフェクトパーツとかいっぱい付いてるやつに慣れてるとシンプルに見えますね。

というわけでケンブ本体。

こいつ手脚の形状は人間離れした機械的デザインが独特で面白いんですが、鮮やかなカラーリング・スーパーロボット的な胴体・尖ってる肩やつま先といった様々な部分とイマイチ噛み合ってないようにも思います。

かと言って機械とスーパーロボット的なもののどっちかにもっと寄せるとそれはそれでパッとしない気もするし、なかなか難しいですよね。

そしてやっぱり、頭部が凄まじく変わった形と配色なのが悩ましいんですよねケンブ。

平成ライダーみたいな「すごい変!でも見てたらだんだん格好良く見えてきた」を狙ってるんだと思うんですが、その域に達する手前に留まっててギリギリかつメーター最高レベルで格好悪いみたいな惜しいものを感じます。

「荒岩主任とクマが融合合体してどじょうすくいしてる」みたいな佇まいというか…

まぁでも、唯一無二の顔してるとは思います。

すげぇ腹細いロボだな…

この全てがわけわからん感じ自体はけっしてキライになれない、でも十分じゃないみたいな感じですね。私的には。

動かしたり付属品装着したりして遊んでみる

可動範囲が広い関節構造とボールジョイントにより、スタイルのわりになかなかよく動くぞ!ROBOT魂ケンブ!

「ここはどう動かせるんだ?」とか考えながらいじくるのがなかなかに楽しいですね。

手首の交換時に、この肘部分が小さいブロックになってる構造がなかなかに煩わしいのは惜しいですね。

手首はめようとしたら肘がくるくる回っちゃう。

けったいな長い剣も付属。

長いかつシンプルな日本刀的デザインなので、持たせてアクションさせてるとなかなか格好良く見えてきますね。

ほんとすごい手脚してんなこいつ。

片足立ちも頑張ればいけるぞ!

1〜2話では「昔のあんまり武器とかないロボット」的な素手での戦いをしたりもしてましたね。

プリキュアの妖精みたいなのも出てくる子供向けアニメっぽい雰囲気とコードギアス的な舞台設定が食い合わせ悪い境界戦機ですが…(なんかタイトルと舞台設定だけが変に硬派な雰囲気で、他は全体的に緩めですよね)

敵の武器は使えないから相撲の張り手を使おうぜ!みたいな流れはなかなかすごかった。良くも悪くも。

もう少しテンション高い流れだったら愉快だったと思うんですが、わりとさらっと流れていってましたよね。

いっそああいう展開を振り切ってくれればもっと面白くなる感じしますが、今後どうなっていくんでしょうか。一応時間に余裕があれば今後も見ていく予定。

HGイージスガンダムをなんとか入手したんですが、これ変形ギミックが最高に楽しいですね。

背中に武器をマウントできるぞ。

あとこういうシールド剣盾みたいな、最近よく見かける気がするタイプの武装も付属だ。

この盾剣使ってたらわりと胴体がら空きだな。

まとめ

基本淡白に買ったフィギュアを紹介してて画像枚数も少ない当サイトとしては、けっこう画像も多いし楽しんでる雰囲気あったんじゃないでしょうか。

なんか玩具としては触っててなかなか面白いんですよねケンブ。他のロボと色々と形状が違ってて新鮮というか。

だんだん文句言った頭部も味わい深いような気はしてきました。

満足度が高かったので、今後安く売ってるのを見かけたらなんかプラモも買ってみるかも。

と書いてから模型屋に行ってセール品眺めたんですが、セールでもまだ2000円くらいするのでなかなか手を出しづらいぜ…

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. Callistocythere より:

    今どき毎週戦いのあるロボットアニメってだけで見てましたよ。結局2週連続ロボの出ない回がありましたが。
    顔ですが、ただ斬新なだけでなく「全く新しいかっこよさ」に挑戦してる感じがバラタックを思わせて個人的にはかなり好きです。バラタックが出てくるあたり実際かっこいいかはともかく。
    名前については、作中ロボットの総称は「アメイン」で主役たちの3機だけが特に「メイレス」という分類なので、「メイレスケンブ」が名前だと思っています。SEEDにおける「ガンダム」がそんな感じですよね。

    • 電子レンジマン より:

      コメントありがとうございます!

      そういえば、組織に合流したときにセリフでも「メイレスケンブ」と呼ばれてましたね。

      顔は確かに「新しいバラタック」と考えるとアリな気がしてきました。
      敵のメカが基本的に遠隔操縦の無人機なのも、ちょっとシステム的にはバラタックっぽいですよね。(主人公たちは普通に有人機でしたが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。