Galaxy Tab S8+を売却しつつiPad Air第4世代からiPad Pro11インチの第3世代に買い替えた【タブレット雑談】

Galaxy Tab S8+を購入して1ヶ月くらい経ったわけですが、まぁーーーーーー定着しませんでしたね…。

良いか悪いかで言えばとても良いタブレットなんですが、購入当初に感じた通りやっぱり生活に馴染まず。

ということで、今回はGalaxy Tab S8+を手放した理由と最近の手持ちタブレットの変遷についてまとめていくぞ!

Galaxy Tab S8+、使いづらかった…。

Galaxy Tab S8+は12.4インチ画面でかなりデカいAndroidタブレットなんですが、まぁ結局デカすぎて持て余しました。

私はベッドで壁にもたれ布団をかけつつタブレットを上げた膝の上に置いて動画とか電子書籍を眺めることが多いんですが、この姿勢だと画面の全体が見えません。

縦にしても横にしてもなんかデカくて収まりが悪いというか、一般人が雑にコンテンツを楽しむ用のタブレットとしてはちょっとデカすぎますねやっぱり。

一番困ったのがキーボード、Gboardを使ってたんですがまず始めの3週間くらいは横に変に長い形状のフリックキーボードが使いづらい。

その辺でアップデートが入ったようで、GboardのフリックキーボードがiPadのフリックキーボードみたいな正方形っぽい形状に変わったんですがなんかこれも変に小さくて目的の文字をちゃんと打てない

文字を打ったら上の段の文字が入力されるみたいな感じ。

結局これが決め手になって匙を投げる結果となりました。

あとTwitterアプリがスマホ表示でやたら画像とかデカくて使い買って最悪なのも難点。

Galaxy Tab S8+が悪いというよりは、まずサイズが私の用途に単純に合わなかった(大きすぎた)+Androidタブレットの環境があまり整備されてないが故の難点が組み合わさった結果イマイチみたいな感じですな。

というか今月多分予約特典のキーボードが届くんだけど、もう本体無いぞ…!仕方ないからどっかに売ると思うけど。

Galaxy Tab S8+の良かった点を元に、iPad Air4からPro11第3世代への買い替えを決める。

音質の良いスピーカーと綺麗で滑らかにスクロールする画面はめっちゃ良かったんですよね。Galaxy Tab S8+。

Galaxy Tab S8+の後にiPad Airを触ると、流石に画面のリフレッシュレート60Hz(ですよね?)は見劣りがすごくなってしまった…。

スピーカーはまぁべつにiPad Airでも十分良い音に感じますけど、なんかそろそろiPadをアップグレードさせたい気分に。

で、iPadの新型っていつ出るんだろうと思って調べたら秋頃っぽい?となると待つにしては長い。

とりあえず後から新しいの出たらその時に買い替えも検討しつつ、ひとまず第3世代の11インチProでも買うか…という感じに。

iPad Pro11インチ第3世代箱

Galaxy Tab S8+を売ったらちょうどじゃんぱらでiPad Pro11インチの第3世代(256GB)を買えるくらいの金額になったので、音速で店に行って買ってきたぜ!

電源ボタン横にのみ小さい傷があるけどあとは美品のAランク品だ!

まとめ

というわけで、Galaxy Tab S8+は合わなくて手放してしまいました。

サイズも合わなかったけどそれ以上にこのタブレットの問題というよりもっと根本的にOSとアプリが使いづらい感じだったんで、一概に他のタブへ買い換えればいいというわけでもなさそう。それはそれとしてXiaomi Pad 5欲しいけど。

iPad Pro11インチを使い始めたので、しばらく経ったら使用感レビューを書いていきたいと思います。

最近はメインスマホもiPhoneになり、パソコン以外はアップル信者化しつつあります。まぁGalaxy S22 Ultraもバリバリ使ってるし、AndroidはやっぱりiPhoneより個人的に好みではあるんですけども。

Gboardがまだなんか精度怪しいものの明らかにタブレットに最適化する進化を始めてるし、他のTwitterアプリとかもAndroidタブレットで使いやすくなる進化が徐々に行われていくことに期待したい。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。