Galaxy S22 Ultra用のSpigen製軽量薄型ケース(シン・フィット)を買ったので装着【スマホケースレビュー】

Galaxy S22 Ultra用シン・フィット箱

Galaxy S22 Ultraを買い直したということで、心機一転のために新しいケースを買おうという感じに。

久しぶりに、Galaxy用のシン・フィットでも買ってみようかと。

シン・フィットはSpigenが出しているケースのシリーズで、とにかく薄くて軽いのが魅力です。

ただしカラーが基本的に黒一色とかなので、本体カラーが魅力的なスマホだとそこがほぼ見えなくなるのが弱点。

本体カラー重視のため、発売当時はウルトラ・ハイブリッドというケースや、PCduoduoの激安透明ケースを選んでたりしました。

流石にバーガンディカラーのGalaxy S22 Ultraの本体カラーはだいぶ味わったしそろそろ黒一色でもいいかって感じになったので、今回久々にシン・フィットを買ってみました。

Galaxy S22 Ultra用のシン・フィットケースを装着してみた

Galaxy S22 Ultraのシン・フィット本体

というわけでこれがシン・フィットのケース。

Spigenのロゴマークみたいなのがある以外は黒一色でシンプル。

Galaxy S22 Ultraケース装着

というわけでサクッと装着。

比較的柔らかいケースなので着脱はしやすいです。

向かって右下がくぼんでるように見えるのは、Sペンを取り出すために空いてるからです。

Galaxy S22 Ultra端子部分

この通り。

指でちゃんと押してペンを取り出しやすいようになってるわけです。

充電端子周りも広めに空いているので、太めのケーブルもそこそこ装着しやすいのではないかと。

Galaxy S22 Ultraカメラ周りシン・フィット

カメラ周りはわずかに高くなってます。

レンズとフラッシュライト部分以外完全に覆われてますねそして。雑にざっくりくりぬかれてるわけではないという。

Galaxy S22 Ultraボタンシン・フィット

ボタンはガードされつつ脇部分が切り抜かれてて押しやすくなっています。

Galaxy S22 Ultraシン・フィット前面

画面側も少し端が高くなっていて、落下時のダメージをある程度回避できるようになっています。素晴らしいね。

シン・フィットの使用感まとめ

流石に安定感のあるケースですね。必要以上に重くも分厚くもならないので良い感じ。ボタンも押しやすいし。

背面がサラサラしていますが、握ったときはけっこうグリップ感があるというか滑りづらい印象。

強いて言えば上の音量ボタンの画像を見ればわかるんですが、側面が二重構造みたいになってる結果その断面がややさわり心地良くないのは微妙かも。昔はこうじゃなかったような…?(iPhoneの12だか13の時のやつ辺りから二重構造推しになってた気がする)

あとまぁデカい本体なので、これ使うにあたっては合わせてgoBelt装着したほうが良いですね。圧倒的に保持のしやすさが違います。

ということで、しばらくはこのシン・フィットのケースを装着してGalaxy S22 Ultraを使っていくぞ。おそらくS23Ultraの時代が来るまでこのままだと思われます。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です