青森で買ってきたコマンダーミクロマンのリミテッドエディションを開封して遊ぼう

先日青森に行ってきまして、色々買ってきました。

我ながらわけわからんラインナップですねこれ。ガンダムSEED関連が多いけども。

目玉はフレームアームズ・ガールのフレズヴェルクのビキニアーマーのやつですが、なにげに小物類で掘り出し物がちらほら。

330円だった三味線屋の勇次フィギュアとかクーポン利用によりブックオフで400円くらいで買えたダイラガーのプラモとか。

そして今回紹介するのはこいつだ!

850円くらいだったコマンダーミクロマン!

しかも限定カラーのやつ、ワンフェス限定品でネット検索するとサバイブとか言われてるけどパッケージに名前見当たらず。

まぁ一緒に売ってた普通カラーのが正直欲しかったんですが、値段が倍くらい違ってたんですよね。限定のこっちのが安いという。

容赦なく開封・箱は処分して遊んでいくぞ。

コマンダーミクロマンで遊ぶ。

ミクロマン200Xはだいたい買ってるんですけど、2003のミクロフォースは実は中々手に入れる機会がなかったんですよ。

まぁたまに売ってはいるんだけどやや高くて。

コマンダーミクロマンはいかにも昭和のミクロマンを現代に蘇らせたみたいな佇まいが最高。

このおっさん的な雰囲気。

このリミテッドエディション版は赤じゃなくて緑かつ顔が黒いのでさらに渋いぞ。

銀色はけっこう反射が怖いので、黒っぽいメッキは地味に嬉しい。

こいつ色的に人形劇でν電子レンジマンとして使ってもいい気がしてきた。

武装のシンプルさもよい。

2004年以降の本格展開したミクロマンは武装がどんどん派手になってなんかやや迷走感もありましたが、ミクロフォースは地に足ついてて格好良い。

付属の武器をマウントできるのも素晴らしいですね。

シャアと戦え!

「認めたくないものだな…」

ところで、今週のリバイスで2022年にもなって「親父にもぶたれたことないのに!」を堂々と言ってたのはちょっと戦慄しましたよね。

2008年のゴーオンジャーでやってたガンダムネタすら今それやる?的な感じだったのに14年経ってもまだ擦るんかいみたいな。

拳銃かっこいい。

私が装動でないSHODOとかGIジョー好きな理由が並べるとわかりますよね。

まとめ

やっぱミクロマンが一番遊んでて楽しいな。

今年中にミクロフォース4体揃えられたら嬉しいけどニンジャ以外あんまり見かけないんですよね。

明日からフレズヴェルクも組み立てたいと思います。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。