UQ mobileに乗り換えつつau CertifiedのiPhone 11 128GBモデルを買ってみた!状態は綺麗なのか?【中古スマホレビュー】

au CertifiedのiPhone 11外箱

iPhone 11のイエローが見た目良い感じなのでカメラ代わり的な感じで欲しいなぁと思っていて、しかし中古相場は5万円台くらい。

iPhoneとはちえ流石に2019年のスマホに5万はなぁと思っていたら、UQ mobileのオンラインショップにiPhone 11がありました!

ただし2022年6月時点で新品のiPhone 11はUQモバイルオンラオンショップでの取り扱いが終了済みで、au Certifiedという要するに中古のiPhoneのラインナップになりますが。

auの認定中古品とのこと。

要するに返却プログラムとかで返ってきたやつをまた売りに出してる的な?

UQ iPhone11価格

UQ mobileにおけるau Certified版iPhone 11の価格は他社からの乗り換えと月額550円の増量オプションII加入を条件に25,800円になります。安い!!

ちなみに64GBでいいなら18,000円しかかかりません。さらに安いが7,800円で容量2倍ならまぁ私は大容量を選びますかね…。

私はauでんきユーザーなので、UQ mobileの回線料金も事務手数料+くりこしプランS+5Gの3GB月額990円ほどと安価。しばらく使ってもそこまで負担になりません。

この値段ならアリだな!ということで、手持ちの回線をUQ mobileに乗り換えつつiPhone 11のau Certified版を購入してみました。

UQ mobile段ボール

ちなみにこんな段ボールに入って届きました。

au CertifiedのiPhone 11、状態はキレイなの?外観レビュー

au CertifiedのiPhone 11箱と本体

木曜日の23時頃に契約申し込みをUQ mobileオンラインショップから行い、土曜日にヤマト運輸で端末とSIMが発送され、日曜日に受け取ることができました。

流石に翌日に即発送とはいかなかったものの、2日程度で届いたので十分早いです。

UQSIM同梱品

端末とSIMカード以外はSIMピンとチラシ、そしてUQ mobileの設定マニュアル冊子が付属してましたよ。

au CertifiedのiPhone 11背面

さて、これがUQ mobileのiPhone 11本体で、今回はイエローの128GBを入手しました。

au CertifiedのiPhone 11カメラ

当時購入したiPhone XRのイエローはもっと鮮やかで派手な色合いでしたが、今回のiPhone 11は白っぽい薄い色合い。黒白金銀青以外のスマホってなかなかないので新鮮です。

au CertifiedのiPhone 11背面フレーム

iPhone 11背面のガラスは意外にもほとんど目立つ傷などはなし、強いて言えばシール跡みたいなのが若干あったんですが多分拭けば取れるかなと。

au CertifiedのiPhone 11フレーム2

フレーム部分も見てみましょう。

au CertifiedのiPhone 11傷

はい、フレームと背面パネルの隙間にちょっと汚れが溜まってたり、僅かに欠けとか傷とかがあったりしますね。

au CertifiedのiPhone 11傷2

うむ、ちらほら細かい傷はありますねau Certified。やはりあくまで中古品ではあるようです。でもフレームの傷は全然許容範囲内かな。

au CertifiedのiPhone 11傷汚れ

この隙間の汚れとかは多分拭けば取れると思うんですが、清掃とかはとくにせずに売ってるんですかね。だから安いのか?

au CertifiedのiPhone 11傷4

なるほど、これがau Certifiedか。

au Certified iPhone 11前面

画面の方も見てみます。ぱっと見はかなり綺麗。多分保護ガラスとか使っていたんでしょう。

iPhone11の中古の画面側汚れ

やはり画面側も隙間に若干汚れが。拭いてくれれば届いた時の満足感段違いだと思うんですけども…

iPhone 11画面上部汚れ

上のスピーカー部分もちょっと汚れてますね。

まぁほぼ綺麗ではあるということで、価格の安さを考えればまぁアリかなと。本来の+22,000円でこの状態だとちょっと清掃されてなさ加減に対しての不満度上がりますが。

中古iPhone 11のバッテリー最大容量

気になるau CertifiedのiPhone 11バッテリー最大容量は83%。う〜〜〜む…?けっこう消耗してますな。

引用:UQ mobileオンラインショップ(https://shop.uqmobile.jp/shop/aucertified/)

80%以上のものが販売されてると公式オンラインショップに書かれてますが、ほんとにその範囲内かつそこそこ状態良ければオールOKみたいな感じなんですかね。なるほど。

まぁiPhoneのバッテリーはどこでも変えられるので、本体価格も2万円台だったことを考えればまぁここは受け入れるしかないですな。

あと30日間の無料保証があるのはありがたい、万が一なんか思わぬ不具合があっても交換してもらえます。

UQ mobileへ乗り換えた時の回線切り替え手続きについて

今回は他社からUQ mobileに乗り換えました。

SIMが届いてからの回線切り替えの流れについても、ついでに見ていきましょうか。

UQ mobileのオンラインショップを開きます。

注文後の流れのページより注文履歴に移動。

今回は乗り換えなので上のボタンから注文番号入力へ。

パスワードは契約時に設定したやつ。

注文番号は申し込みメールに書かれてます。

回線を切り替えるボタンを押します。

ここで乗り換えの電話番号も入力。

入力したら「通話可能にする」をタップ!

押したら音速でSIMの切り替えが開始されました。

1分程度で乗り換え前のSIMが利用不可能に。新しいSIMも使えるようになりました。

あとは届いているSIMカードをnanoSIMサイズにカットして…

iPhone 11に入れます。

ただSIMを入れただけだとなんか通信がうまくいかなかったので、最後にWi-Fiに接続してUQ mobileの設定ページからプロファイルをインストールして完了。

乗り換え手続きの設定はかんたん、冊子のマニュアルも付属してるのでオンラインでの乗り換えも手軽ですよ。

まとめ

というわけで、UQ mobileに回線を乗り換えつつau CertifiedのiPhone 11・128GBモデルを入手してみました。

イエローのモデルは非常に色が良い感じ、本体の状態もちょっと清掃すればあとは全然許容できるレベルの状態なので25,800円ならアリかなと。まぁバッテリーの最大容量はハズレ寄りでしたが…

とりあえずとにかく安くiPhone 11を購入したいなら、UQ mobileでau Certifiedの認定中古品を買うのもありだと思います。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。