電子レンジマン氏が最近見てるアニメ特撮番組とか映画まとめ|2022年2月編

ネタがないというか天候が悪くて何もやる気起きないので、今日は最近見た番組とか映画の感想を書いていくぞ!

映画編

まずは最近見た映画について。というかMCUの感想になりますね。

スパイダーマン ノーウェイ・ホーム

公開から1ヶ月以上経ちますが、まぁこれの内容については「スパイダーマン好きなら見ないとだめなやつだね」に尽きますね。100点満点中100点だと思います。

エターナルズ

ディズニープラスに今月加入してまして、劇場で見なかったエターナルズを見たぞ。

…う~ん…????????

要素としては面白い部分もチラホラあるんですが、なんか眠いときのDC映画みたいな画面と展開でしたね。

MCUって最近ずっとハズレがなかった印象(基本的に佳作以上)ですが、これは久々に微妙寄りだった気がする。

登場人物が辛気臭いムード漂い過ぎで、なんか盛り上がらないまま2時間半くらいの糞長い上映時間ぼんやり見続けてたら終わったみたいな。

強いて言えばインドの映画スターのおじさんとその秘書のおっさんのコンビとか、料理うまいおっさん辺りは魅力的なキャラだったんですがこいつら両方とも途中で退場しやがった…

死んだり敵になったりしたわけでもないのに退場したやつがいたのはマジで衝撃的、大勢いるんだから全員で危機に立ち向かうもんなんじゃないんか?!

なんつーか捻ったことをしたり最近の映画業界の流れを取り入れたりみたいな余計な要素入れすぎて作品の完成度が下がっちゃったような印象もあり。これはイマイチでしたね。

シャン・チー

エターナルズが微妙だったので「これはどうなんかなぁ」みたいな不安を抱きつつシャン・チーも見ましたが、こっちは完全に面白いときのMCUでしたね。

どうにも一見パッとしないビジュアルの主役陣営2名なわけですが、そもそも劇中でも「パッとしない生活を気ままに楽しむ人たちだが本当は凄いやつだったりすごい才能があったりしました」という話だったので納得。

アクションシーンは派手だしストーリーのスケールも良い感じの大きさだし、今後の活躍にも期待できるしでいいことづくめでしたね。

どうでもいいけど今後はストレンジがかつてのアイアンマン枠くらいのポジションなんですかね、スパイダーマン3もマイティ3もシャン・チーもストレンジ関連の要素入ってきてますし。

最新特撮

仮面ライダーリバイス

惰性で見てる感じのリバイスなんですが、一応ストーリーはずっとどんどん進んでるので去年までよりかはやっぱり面白いですかね…?

「いいからその話しろよ」とか細かい部分にご都合展開チラホラ入ってくるのは微妙ですけども。

あと芸人タイアップ回でその芸人の悪口出まくるのはなんか反応に困りましたね、わざわざゲストで来てもらってる人たち(本人役)に対してのセリフとして「売れてきてあいつらは変わってしまった」みたいなこと普通言うか?!

大和田伸也が撃たれてそのままフェードアウトしたときもですが、忖度なさすぎてもそれはそれでちょっと嫌な感じがしますねこういうのは。

ゼンカイジャー(あとドンブラへの期待と不安について)

ここ1ヶ月くらい1年間通してのストーリー全体における積み重ねのなさが完全に悪い方向に出てたんですが、ステイシー関連(駄菓子屋とかゼンカイとの戦いにおける部分)とゼンカイジャーが人々を守ってるシーンは積極的に描かれてきたので最新回はわりと良かったと思います。

ステイシーがトジテンドにいる理由が「バラシタラを見返したい」以外とくになにもなかったのはなんか登場当初の重苦しい雰囲気からするとあっさりすぎでしたが、最初からこれだけの予定だったんですかね?

結局この番組って、メインの5人がべつにメインじゃなかったのがちょっと失敗だったと私的には思います。

ゼンカイジャーってツーカイ登場以降は「真ん中で騒いでる奴ら」程度の扱いでしかなかったというか。

変わったポジションのゾックスやステイシーを描くにあたって一応置いてある基準点でも言うべきか?なんかやっぱり5人ひとまとめで雑に扱われてたようなイメージが強いです。

悪い意味で80年代半ば頃までの古い戦隊に戻っちゃってた感じ、毎回の話自体は常に平均点くらい保ってるんですが何も記憶に残らない番組になってしまった印象です。

さて、来月からはドンブラなわけですが…

予告見るとストーリーはけっこう面白そうな雰囲気漂ってるんですけども、プロデューサーが続投なのでまたジオウとかゼンカイみたいなテキトーなやつだろ?という諦めムードはどうしても私の中に漂ってきてしまいます。

ライダーもですけど「期待するだけ無駄」と一回思ってしまうとそこからなかなか抜け出せなくなるので、悩ましいですね。

とりあえず人間5人に戻るみたいなので、ドンブラではもっと戦隊メンバー自体の活躍を見せて欲しいですね。みんなでワチャワチャ騒いでるだけは本当にやめて欲しい。

ワンダヴィジョン

5話まで見ました。

面白いか面白くないかで言えば面白いんですけど、長いですねこれ。

まだここで折り返し地点くらいなんですが、5話くらいで終わる話で良くないか?と今のところは思ってます。今後の展開にとりあえず期待。

YouTube特撮

ミラーマン

一応毎回見てますが…

怪獣のデザインがどんどんつまらなくなっていくし話もなんか「人の話聞けや」みたいなパターン多くてだいぶウンザリはしてます。修行ですね。

ジャンボフェニックスが活躍してるのはいいんだけど、もはやミラーマンより目立ってるぞ。不憫過ぎる。

おもいっきり探偵団覇悪怒組

ついに最終回になってしまいました。

ほとんど再放送もなかったので今回の配信が初見だったんですが、大傑作ですね。

最終回前後篇が非常に良くて、最後にヒロシが出した結論~先生とかとの別れの流れとか秀逸でした。

普通の少年探偵ものと比べて登場人物たちの素行が悪め(やんちゃ)だったり、絶妙に放送当時の現代的な価値観とかが入ってきたりするので1年通して新鮮でしたね。

やっぱり普通のヒーロー物じゃない作品のほうがドラマ部分が濃厚になって面白くなりやすいなぁと思います。

レスキューポリスが面白いのも、毎回怪人倒す必要がないから話の幅広がる結果ですよね多分。

ビーロボカブタック

まぁ放送当時から散々見てるのでアレなんですけど、良いものは何度見ても良いですよね。

今まで行われてきた競技の数々の意義が最終回の急に沸いてきた環境問題~人類が悪という話にぶつけられて雪上ラグビーに至る流れとか、神がかってます。

なんというか毎回の話が面白いだけでなく年間通しての積み重ねがしっかりしているし、ただギャグが面白いだけじゃなく人情的な要素も多くてあらゆる部分で楽しく見られる作品なんですよね。

ジェットマン

これも毎回の話と1年通しての人間関係の変遷が両方面白い。

あのクソ短い放送時間でこれだけ濃密なドラマができたんだから凄いですよね。当時の戦隊。

アニメ

ガンダムSEED DESTINY

今見ているアニメがガンダムSEED DESTINYです。13話まで見ました。

これ、面白いんだろうか…?

今更DESTINYの文句とか言いたくもないんですが、やっぱりなんか微妙にテンションが低いですよねこの番組。

主人公のシン・アスカは、とりあえず13話までだと主人公ではないです。ただのザフトにいるちょっと強いパイロットですね。

序盤は完全にアスランとカガリを主軸としたストーリーが展開されていて、シンは彼らに難癖をつけてくる嫌味な知り合いみたいなポジション。

オーブ内の揉め事がマジで面白くなくて、2年経って成長するどころか退化したように見えるカガリが周りからウザがられて落ち込んだり変な兄ちゃんに言い寄られたりするのを延々見せられるのが苦行。

戦闘シーンもSEED以上に少ないですよね。話の流れの都合でインパルスが全然出てこないからシンの出番も発生しない。

種割れして艦隊を叩き潰すところはかなり面白かったんですけどね。

前作キャラの大半がいる状態で続編作ることによる弊害が出まくってて、Zガンダムがああいう方向になったのも納得です。

あと3クール残ってんのか…しかもオチは当時見てるから知ってる上で見ないといけないので、ちょっと視聴スピードが落ちてます。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。