ダウンジャケットのポケットの金具が尖っててスマホの画面やカメラ傷つけそうで恐い|100均のベルトで挟むポーチで解決だ!

ダウンジャケットのファスナー

冬はみなさん厚着すると思うんですが、ジャンパー…もといダウンジャケットとかのポケットに手袋とかスマホを入れますよね。

私が最近着ているダウンジャケットは非情に暖かいのでナイスなんですけど、やたらにポケットのファスナー部分が尖っていることが問題です。ヴェノムの歯みたいな感じです。

まず単純にポケットに手を入れる時にめっちゃ手のひらとか甲に突き刺さって痛いんですよ。

そしてもう1つ、スマホを出し入れする時にこのファスナーの金具に画面やカメラレンズが当たると傷ついてしまう可能性が高いんですよね。

恐ろしいことに確認してみるとけっこう実際に保護フィルム傷ついてるんですよね。もちろん画面側には保護フィルムとか貼ってるので多分本体へのダメージはないんですけど…

カメラレンズ側は流石にガードしてないので、同じように当たったらけっこうヤバそう。

これはもう、ポケットにスマホ入れないほうが良いんじゃないか…?

しかしカバンに入れるのもちょっと遠くなりすぎて出し入れが手間なので、ベルトに通して腰に下げられるポーチを100円ショップで買ってみた

セリアやダイソーだったかのベルト装着用ポーチにスマホを入れてみる

100円ショップのポーチ

というわけでこれが100円ショップのポーチです。

向かって右側は確実にセリアで売ってたやつですね、大曲のイオンモールで買ったので確認してみたらセリアだった。

左側はダイソーだったかな?

ポーチの裏側

 

裏側にこんな感じで、ベルトに通せる用の紐的なやつが付いてます。

あとどっかにかける用のプラスチックパーツみたいなのもありますね。

私がメインスマホにしているのはけっこうサイズが大きいGalaxy S22 Ultraなので、コイツが入れば他のスマホもだいたい全部しっかり収納できると考えられます。

Galaxy S22 Ultraをポーチに入れてみる

ダイソーのポーチ

ダイソーだったかのポーチというか収納ケース?は、一応Galaxy S22 Ultraでも入るもののちょっとだけ上がはみ出しました。

マジックテープで固定はできますけど、自転車走行中とかは足の動きでマジックテープ剥がれて飛んでいく危険性がちょっとありますな。

ただしこのケースはポケットが付いていて、ここにティッシュとかカード類とかの細かいものを入れておけるメリットもあります。

ポーチにiPhone 14 Proを入れる

またGalaxy S22 Ultraがクソデカいから収まりきらないのであって、普通サイズであるiPhone 14 Proなら普通にしっかり入りました。

セリアのポーチ

セリアのポーチはGalaxy S22 Ultraでもらくらく収納可能なサイズ感。

ただしポケットがなかったり、こっちのポーチもこれはこれでファスナー=ジャンパーの程じゃないけど尖った金属ついてたりするのは難点ではあります。

でもこれファスナーがスマホに当たりづらいように内部に不織布的な覆いが大きめに用意されてるので、多分大丈夫ですけどね。

まとめ

というわけで、たまにこういったポーチ類をズボンのベルトに挟むことでスマホを安全に持ち運ぼうとしております。

弱点としては腰回りがちょっとかさばるのと、気になる人は腰になんか作業用ポーチみたいなのぶら下げてるのが格好悪いんじゃないかみたいに感じることはあるかもしれませんね。

ジャンパーのポケットが広いなら、コレに入れてからスマホをポケットに入れても良いのかも。

ダイソーの小物入れ

ただし完全にポケットに入れて使うのであれば、ダイソーとかに売ってる普通のスマホ入れられる小物ポーチの方が良いかも。(コレ系はGalaxy S22 Ultraだと入り切らない傾向にあるのが難点ですけども)

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です