SHODO仮面ライダーVS3 百目タイタンを入手したので紹介!

新年一発目のフィギュアレビューは、年末に買った百目タイタンのSHODOです。

購入価格は880円。定価を考えるとちょっと高いですが、再販される見込みもないし一応シークレットなのでまぁ300円程度のプレミアなら許容範囲。



百目タイタンの外観

百目タイタンは、一回ストロンガーに倒されたタイタンが復活した姿です。

一つ目タイタン時代はなんかこう…もう一声な感じでしたが、百目タイタンとして蘇ってからはジェネラルシャドウがいる結果「ストロンガー倒せれば何やってもいい」的な方向でキャラが立ってて良かったです。

タイタンとシャドウの争い(シャドウを呼び寄せた首領本人はわりとタイタン派)がストロンガー中期の面白さみたいなとこありますよね。

手首が付属。

このSHODOシリーズってキャラごとに手首の数が違うので、揃ってんのか揃ってないのかわからなくなりやすい。

タイタンで遊ぼうコーナー

一つ目タイタンはなんかのっぺりした顔ですごく不気味なんですが、目がいっぱい増えた百目タイタンはむしろあんま怖くないですよね。

あとこのフィギュアでは頭部以外一つ目と同じですが、本編だともっと違う衣装も着てたような。

謎西部劇回とか、ストロンガーの中盤(怪談シリーズ終わった辺りから)って「とりあえずテンプレ展開しつつ毎回1つなにか見せ場を作ろう」みたいな作風で見ててあんまり飽きなかったです。

怪談シリーズまでの退屈さはヤバかったが…

というわけで、おそらくこれでSHODOの怪人フィギュアはコンプリートしたかと。

ザンジオー、ガラガランダ、グリラスワーム、タイタン、タイガーロイドでたしか全部でしたよね。

まとめ

ワッハッハ!作るぞ恐怖の国を

ということで百目タイタンでした。

可動範囲がスーツの関係であんまりなのがタイタンの難点なんですが、そもそも可動フィギュアが出ることが稀なキャラなので多くは望むまい。

SHODO-Xでデルザー軍団とか旧1号の怪人出したら売れるんじゃないかと思うんですが、どうでしょうかバンダイの方々。プレバン限定でめっちゃ高くなりそうだけど。



電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です