中古ショップで買ってきたガシャポンフィギュア紹介|2020年10月25日編

10月25日ガシャポン

万代多賀城店に足を運んだところ、けっこう安くガシャポンフィギュアをいっぱい売ってたので確保してきました。

一緒に先日紹介したマグネットアクションの龍騎も買ってますが、あれはガシャポンじゃないということで記事を分けてます。



HGウルトラマン12 にせウルトラマン

にせウルトラマン顔

なにげににせウルトラマンのグッズ手に入れたの初かもしれない。

にせウルトラマン前面

可動とかは一切なし、足を閉じたポーズなので台座を用意しないとかなり立たせづらいのが難点ですね。

代わりにフィギュアとしての出来はかなり良い感じします。

超動のビルの間に立たせたりすれば見栄え良さそう。

にせウルトラマン背中

1997年発売の古いガシャポンということで、背中もバッチリ塗り分けられてますね。小さめのフィギュアなので企業ロゴが主張強いですけど。

HGウルトラマン15 ウルトラマン80

ウルトラマン80顔

レンタルビデオがあまり店に置いてなかったので希少価値高い印象があるウルトラマン80です。なお今回買ったウルトラマンは全員単体だと50円で、3体セットで100円でした。

今もレンタルDVD置いてる店少ないので、ややレアな感じしますよね。毎週YouTubeで配信してますが。

ウルトラマン80前面

足とか手とか腰回りのシワの寄り方が良い感じですが、こんなポーズしてたか?

と思って検索かけてみたんですが、これ本来は右手がもっと上に上がっていて「いくぞー」的なポーズのフィギュアなんですね。

ウルトラマン80背面

妙に腕が下がった状態で取り付けられ、23年くらい経った結果癒着してゲンコツ落としてるみたいなポーズになってしまったようです。

直したいけど固くて外そうとしたらもげる可能性大なので、うちの80はこういうポーズということにしておきます。

変なポーズになっててバランス崩れてるのか、自立しない…

HGウルトラマン16 アストラ

アストラ顔

レオが売ってないのでかなり迷ったんですが、そのうち手に入るだろうということでとりあえずアストラ確保しておきました。

アストラ前面

HGのガシャポンフィギュアって新しくなるほど入手困難なイメージですが…(90年代はガシャポンブームで流通量多いため、むしろ新しいものより市場に出回ってる的なことだと思います)

このアストラは古い弾のやつなので、セットで並べられるであろうレオもまだ見かけやすいのではないかと。

アストラ背中

考えてみるとアストラ登場回ってババルウ星人の前後篇しか見たことないな…

現代だと省略されそうな背中とかもちゃんと塗られてるぞ。赤いので企業名も目立たない。



HG仮面ライダー3 サラセニアン

サラセニアン顔

旧1号の時期の怪人はまとめて専用の弾として出たこともあるみたいなので、どちらかは不明ですが…サラセニアンです。

サラセニアン前面

こいつ本編の初登場回だと喋らないし人を地面に引き込んで拉致するみたいな技を使ってきてけっこう恐かったんですが、このフィギュアは性格悪い金持ちみたいな顔してて楽しげですね。

サラセニアン背面

色がいっぱいあって豪華だな…

あと怪人って怪獣と比べるとシンプルな装備のやつが多い印象ですが、サラセニアンは背中にもツタみたいなのがいっぱいあって派手ですね。

HG仮面ライダー5 トカゲロン

トカゲロン顔

旧1号時代の最後の怪人、トカゲロンです。

こいつの話は再生怪人がまとめて出てくるうえにビデオだと1巻に入ってるので、比較的印象深いです。

東映系のヒーロー物はビデオに入ってる話数がバラバラなので、ビデオ世代だと「順番に見る」という概念あんまりなかったですよね。

デンジマンに至っては1話~3話を収録してるのが2巻だし。(ただし私の生活圏内だとデンジマンはビデオ屋に一切置いてなくて、中学生時代にカワチで突然売られてたレンタル落ちの2巻を入手したのみだったりしますが)

トカゲロン前面

こいつもサラセニアンもショッカーベルトがないわけですが、トカゲロンに関しては知らない人だと仮面ライダーの怪人だとわかんないレベルで怪獣感強いデザインですよね。

色々大人の事情があったみたいですが。

しかしこのフィギュアと比べて、実際の着ぐるみはもっとひょろっとしてて人っぽさ強かった印象。

トカゲロン背面

表面の質感が良い感じです。

怪人のフィギュアって怪獣と比べると表面がサラサラしてて、ベタつかないやつ多い印象。

ウルトラマンとかの怪獣フィギュアは、ある程度サラサラした質感のペギラとかも含めてけっこうベタベタしてますが。

トカゲロン顔2

ところで今回は久々にミラーレスカメラを出してきたんですが、ホワイトバランスの設定がちょっと失敗した感あるもののやっぱりスマホより良い感じにはなりますね。

マニュアルフォーカスでピントを狙って合わせられますし、絞り優先オート使えばピントが合う範囲も変えられます。(上の写真はF値小さめで撮ったので顔以外ボケてますね)

下の集合写真もスマホだと高確率で大部分がぼやけた感じになりますし、やっぱりちゃんとした機材も時折使ったほうが良いか…

まとめ

ガシャポンフィギュア一覧

ということで、今回使った金額は総額385円。龍騎も込みで。

385円じゃ新品だと装動の半分すら買えないわけで、やはりガシャポンの中古フィギュアは気軽にたくさん買えて楽しいぜ…。

11月も多々買いの季節~新品食玩フィギュア何を買う?

そして11月のフィギュア購入予定ですが、まずファイヤーダグオンのスーパーミニプラは予約済みかつ金もしっかり確保済みなので、確実に入手します。

ダグオンは中学生時代に熱狂してたので、流石に最優先で手に入れざるを得ません。

SHODO-Oの仮面ライダー4弾も、かでんフレンズで散財した後で出る可能性が高くかなり難儀ですが不要なキャラがないので、全部買うかと。

ところでSHODOも装動も、最近1つの弾に含めるキャラ多めな傾向あるような。

だぶついて店に余るやつが減ったのは良いことだと思うんですが、出たらすぐ買わないと入手できなくなるのがマジで辛い。とくにこの前のブレイズはメインライダーなのに1アソートでヤバかった。

なおSHODO-O5のゲンムはアクションゲーマーとゾンビの前期版と後期版がそれぞれ同じ弾に入って全7種類になるみたいですが、あれは一部違いのバリエーション的な感じなのでまぁ良いです。

私は全部買うのキツいので、多分どっちも敵時代の方を買って完了パターンになると思います。あえてフィギュアで持つなら敵時代の方が見た目好みかなと。

あと装動の仮面ライダーセイバー2弾も来月ですかね。

エスパーダはメイン格なので、多分買うと思います。他は…SHODOとかが多いのでいいかな…(番組自体にあまり乗ってないので優先順位低い)

11月は超動もあるんですよね。

メフィラス星人は必須として、あとはヒカリもウルトラ兄弟なので買わざるを得ないでしょう。

アグルV2も店から無くなる前に確保しておきたい。

こんだけたくさん出るということで、予算的に厳しいので装動鎧武は泣く泣くスルーです。食玩、大量に出る月と全然出ない月があってしんどい時は本当にしんどいですわ…

既にゲネシス系がプレバンに行ってるし、揃えるとだいぶ金額ヤバそうなのでSHODOで鎧武出るまで待ちましょう。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です