HGハインドリーを入手したのでパチ組み【機動戦士ガンダム 水星の魔女プラモレビュー】

HGハインドリー箱

水星の魔女のガンプラ最新作ということで、ハインドリーが発売!

前回のザウォートに引き続きあんまり印象に残ってない…というよりも、こいつそもそも本編には出てきてないらしいんですよね派生機は出てるとはいえ。

つまり30MMみたいなオリジナルロボットとしてしか今のところ遊びがいがないプラモなんですけど、これが組み立ててみると非常に良かったです。

HGハインドリーをパチ組みして遊ぼう

HGハインドリー前面

というわけでこれがHGハインドリーです。

要するにギャン辺りの路線の機体ですな。

ミカエリスとかと同じグラスレー社の機体ということで、多分2クール目では敵量産機みたいな感じで活躍するんじゃないのかな?知らんけど。

HGハインドリー背面

正直なところこれ発送されるタイミングでは「こんなそもそも本編にすら出てきてないようなやつ予約した意味あったかな…」みたいな気分にはなってました。

HGハインドリー顔

しかし、いざ届いて組み立ててみるとこれけっこう格好良いですよね…。

盾が両手に付いてて大馬神みたいなのがまず良い。背中のデカい飛ぶ用のやつみたいなのも派手。

色も適度な地味さがありつつ顔とか肩の紫色が良いアクセントとなっていて格好良い。

HGハインドリー盾

左腕の盾を手前とかに引き出すことが可能。

HGハインドリー武装

そしてこの槍とガンとシールドが一体化した左腕の武装がすげぇ面白い。(ランタンシールド)

HGハインドリー可動範囲

プラモとしてはなかなか可動範囲が広い。

あと組み立てがかなり簡単で、1時間かからないくらいで終わります。

強いて言えばトサカの白い部分がシールなので非常に貼りづらいんですが、これはちょっと先端塗るだけでかんたんに見栄え良くできる感じなのでまぁ問題ないと思います。

HGハインドリーポーズ

謎機体だから勝手に想像して遊ぶ感じにはなる。

HGハインドリー可動

足が悪の機体っぽい形状ですね。

まとめ

HGハインドリー顔

というわけでハインドリーでした。こいつのことはよくわからんけど可動フィギュアとしてはなかなか気に入りました。

水星の魔女のプラモは流石に最新作だけあって再販も多く、万が一発売時に買い逃しても追いつきやすいのがありがたいですね。

とはいえアニメ未登場のハインドリーすら発売日の夜にはとりあえず青森の模型屋から消えてたので、やっぱり発売直後に欲しければ予約するか発売日朝に行くのがベストって感じだけど。

そういえばバトローグのソシャゲのやつとかの頃は最新作でも全然手に入らなかったし大して再販もしないまま闇の彼方に消えていったけどアレ何だったんですかね。

次は来月のルブリスウル→ソーン→エアリアル改修型ということで、いずれも本編に出てきてるやつだけど正直現段階だとなんか飛んで戦ってた新しいブーステッドマン枠みたいなの2名の機体+人間叩きつぶしマシーンということで正直それほど気分乗らないなこいつらも…!

ルブリス系は特徴的な体型なので実物を手にとって動かしてみたら楽しいパターンかも。

ガンプラ以外だと今月は30MSの新作が出るので、そいつらも楽しみ。予約済みなので月曜くらいには届くのかな。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です