Fire HD 8(2018)1ヶ月間の使用レビュー|スピーカー音質最高・解像度低し

Fire HD 8の2018年モデル、昨年のサイバーマンデーで8,980円→3980円になっていたため購入してしまいました。

FireHD8の本体

実は以前一度入手したものの、「iPad Pro持ってるからもういいや」と思いボブ(親戚)にあげてしまっていたんですよね。(不要なものは全部ボブ家に送られていく)

買い直そうと思った理由は「安かったから」だけでなく、「8インチタブレット」が必要な場面がたまにあることに気づいたからです。

Fire HD 8を買い直した理由

HD8を買い直した理由は、もっと手軽に動画や本を楽しみたかったから。

私が普段家や仕事で使っているのは、iPad Proの11インチモデルです(この記事も主にそれで書いてる)。

しかし暇な時に気軽に動画を見たり、漫画を読んだりする場面では、11インチサイズが負担になることも。

iPad ProとFire HD8のサイズの違い

↑サイズ差が大きい。

iPad Proの画面は綺麗で見やすいけど、使うにあたって両手やテーブルがガッチリ塞がれる。

そして画面が大きい=視界に入る面積も広いので、「さぁ使うぞ!」という気合が入りすぎた感じになるんですよね。

非常に漠然とした意見になってしまいますが…。

大きい関係上、持ち運ぶ場合は用意するカバンも少し大きくなります。

もっとテキトーに使えるタブレットが欲しい

Fire HD 8なら画面が小さいからそこまで意識せずに使えるので、雑に動画の「ながら視聴」をしやすいです。

膝の上に置いておいて何か流し見しつつスマホでSNSを見たり、FireHD8を持って直接ブラウジングしたり。

サイズが小さいおかげで、小さいカバンの隙間に入れて持ち歩けるのもありがたい。

iPad miniも方向性としてはアリなんですが、高いから「使わせていただく感」はどうしてもFire HD 8より強くなります。
サイバーマンデー価格を考慮すると、iPad miniってFire HD 8の10倍しますし…。

もっとテキトーに使いたいので、今回はFire HD 8を入手しました。

久々にFire HD 8を使ってみて感じたメリット

要約すると、やっぱり手軽に「雑に」使えるのが良いと思いました。

動画を見る分には十分な音質・画質

安いタブレットやスマホって、スピーカーの音が死ぬほど悪かったり画面が汚なかったりでろくなことがない。

しかしFire HD 8は、音質に関しては十分満足できるレベルになってます。

AQUOS系のスマホとか、Fire HD8よりよっぽどスピーカーの音が悪いですからね。

画質は解像度がHD相当で低めですが、動画を見る程度・サブ機としてなら満足できる範囲内。

しっかり情報を快適にチェックしたいならiPad Proを使えばいいので、サブ機としてならこれで十分。

安いから雑に持ち歩いても精神衛生上の問題がない

Fire HD 8は純正ケースが3,000円以上する手強い価格設定。(セール価格を考慮するとほぼケース代=端末代)

純正ケースがやたら高いのはデメリット。

しかし安い機種なので、そもそも高いと感じるならケースなんてつけなければいいんですよね。

どうせ売っても2〜3000円くらいにしかならないので、売らない前提で裸で使ってます。

かなり乱暴にカバンに入れて持ち歩いてますが、意外と傷や汚れはついてないです。

Fire HD 8のデメリット

デメリットはいずれも「大元の価格の安さ」に起因していると考えられるので、全体的に妥協できる範囲ではあります。

画面解像度が低い

HD相当の画質なので、正直2020年の視点で見るとかなり画面が粗いです。

というか4〜5年前でも「キツイな」と感じるレベルですね。

映画のような映像コンテンツを見る分には全然気になりませんが、ブラウジングやコミック閲覧では気になってくるので期待しすぎないようにしましょう。

基本的に動作は重い

1万円以下の機種なので仕方ないですが、性能は低くて動作が重めです。

動画は滞りなく再生できますし、Kindleの本も問題なく読めますが…

ブラウジングや他のアプリを使っている時のもっさりさ加減はなかなかなので、「動画専用」みたいに割り切って使うのが良いですね。

私はiPad Proも持っているので、何かしっかりした作業をしたいときはそっちを使ってます。

micro USB端子が採用されている

2018年でもほとんどのスマホが充電端子をUSB Type-Cに移行していたので、今時裏表の向きがあるmicro USB端子なのはガッカリポイント。

しかし1万円以下の機種なので、やはりやむを得ないでしょう。

Fire HD10は2019年モデルからUSB Type-Cになったので、後継機では仕様変更に期待したいですね。

まとめ

定価の8,980円で今から買うよりは後継機を待った方が良いかもですが、セールで5,000円台以下になってたら2018年モデルもまだまだ買いだと思います。

Fire HD8、これからも活用していくぜ!(完)

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です