再販されたHGABダンバインを組み立てつつ最低限の塗装もしたので紹介【プラモレビュー】

HGABダンバイン箱

HGABのダンバインが2021年7月に再販されまして、ちょうどすることがなかった私はなんとなく勢いでビルバインとともに入手。

流れでダンバインブームが自分の中で来まして、アニメ本編をBS12の再放送やdアニメストアで見たり、他のROBOT魂やプラモ、関連書籍を買い漁ったりしています。

HGABダンバインは2005年くらい?に作った経験があるんですが、今回15年ぶりくらいにまた作る流れになりました。

なんか当時どっかがぶっ壊れたような記憶があったんですが、今回の再販以前は関節部分のパーツの素材が脆い感じだったらしいです。

HGABダンバインを組み立てつつ塗装する

HGABダンバイン中身

HGとはいえ2000年頃とかなり古いプラモなんですねこれ。

2000年は私がガンプラを作るのに熱中してた2005年頃からすれば全然古くないんですが、2021年基準からするとだいぶ前。クウガとかやってる頃ですよね。

HGABダンバイン素組

で、これがとりあえず組んでみた状態。シールは貼ってない状態です。

組立自体は概ね簡単でした。最近のHGからすると、ゲートの配置がわりと目立つ位置にあったりしてう~むと思う部分もあったりはしましたが。

なんかえらく青いなこのダンバイン。そう思いながらアニメ本編の続き見たらその回はわりと胴体の色こんな感じでしたが、もっと紫がかってる印象強いですよね。

ダンバイン顔無塗装時

今なら100%塗り分けられてるであろう、肩や腰、目のピンク色が無塗装です。シールはあるけども。

額の黄色はまだしも流石にこのピンク部分でシールはないだろうと思ったので、Mr.COLORで塗装してみました。ついでに細かい部分にヤスリがけをして、ゲート跡をある程度目立たなくしています。

HGABダンバイン塗装

若干塗りきれてなかったり塗膜がやたら分厚くなったりザラザラになったりした部分ありますが、細かい部分なのでそんなに目立たないしまぁいいでしょう。(マスターロゴス精神)

HGABダンバイン背面
膝裏のピンク色も塗りました。忘れてたその上の部分は後でシール貼ってます

ちょっと色を足すだけでだいぶ見栄え良くなった気がします。何故か全身の青っぽさも気にならなくなりました。

HGABダンバイン顔
近づいて見たら駄目な目の塗装

とりあえずコレで完成だ!と思ってたら、コクピットの脇の緑色も塗装必要だったんですねこれ。

でもクリアパーツと同じ色味への調整とか無理なので…ここは付属のシールを貼って茶を濁すぞ!

HGABダンバイン完成したので眺めようコーナー

オーラショット

なんかこう~顔が微妙に似てないですよねこのダンバイン。よく言われてますが。

ショウ・ザマ

コクピットにショウ・ザマが乗ってるのはいいんですけど、開閉ギミックがただ蓋外すだけという。1/100の旧キットのが凝ってたぞ。

オーラコンバーター可動

形状ぜんぜん違うじゃんでお馴染みのHGABダンバインのオーラコンバーター。

形状以上に可動範囲の狭さが悩ましい気がする。

HGABダンバイン可動

あんま動かないです。

動かして遊ぶなら、やっぱりROBOT魂が最高ですね。

オーラソード

ROBOT魂ドラムロと。

つーかでかくないかこのダンバイン、1/72のはずでは?

まとめ

塗装中のビルバイン

旧キットビルバイン(1/72)より圧倒的にデカいHGABダンバインである。

というわけで、HGABのダンバインでした。

軟質パーツ邪魔であんま動かないなぁとか顔妙だなぁとかありますが、1,100円くらいで買う分には全然アリです。

ダンバインプラモの再販は結局ビランビーとドラムロの旧キットも買いまして、今回出たやつは制覇しました。あとは10個くらい貯まってるのをどんどん組み立てていくだけです…。

10月にザブングル系が再販されるらしいので、それまでに全部終わらせたい。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です