ブルトンのソフビとアームド響鬼のフィギュアを買った。

ウルトラマンZが盛り上がってるということで(数ヶ月遅い)、Zにも登場したブルトンのソフビを買ってきました。

ブルトンは初代ウルトラマンに登場した怪獣で、Zで久々に出てきたんですよね。(大怪獣バトルにも出てた気がする)

どちらかというとジャイアントロボとか大鉄人17とか東映の怪獣物で見かけそうな、顔のない怪獣です。(こっちのほうが先ですけど)

この見た目で宇宙人の兵器とかじゃなくて怪獣なのが良いですよね。

ウルトラマンZ、世間の熱が熱すぎて一周して「まだいいか…」になって途中で止まってたんですが。

先日よりティガとセットでの総集編が開始されましたよね。

この手の番組ってソフト化されないし、ダイゴ隊員が出ないという豪快な編集はちゃんと見ておかねば…

ということで見ると、だいたい番組の後半はZの総集編なんですよ。

Z途中で止まってるのにZの中盤以降の映像見せられるとヤバい!!!

ということで今週一気見を始めてまして、止まってたバロッサ星人登場回〜グリーザを倒す回までは今日までに見ました。

すげぇーーーーーー面白いです。Z。

というわけで、退屈持て余して蔓延ってる電子レンジマン氏でした。

セカンドストリートでH.G.C.O.R.E.のアームド響鬼を入手

セカンドストリートって基本ろくなおもちゃ売ってない印象で。

ワンピースのプライズとまばらに10年以内のライダー戦隊おもちゃ、あとガンプラとかボードゲーム系があるみたいな。

そんな中何故か近所のセカンドストリートに、アームド響鬼とギルスが50円で入荷しました。

手元にちょうど50円あったので、今回はアームド響鬼を入手して来ました。

アームド響鬼、なにげにかなりカッコいい最強フォームだと思うんですよ。

響鬼のライダーって全体的にいかにもなヒーロー的デザインじゃないのが特徴なわけですが、アームド響鬼だけ赤と金+鎧付きでいかにもヒーロー的な見た目になってるのが印象的。

背中にビームサーベルみたいに棒背負ってるのも良いですよね。

まぁ作風考えるとこいつだけ妙に奇抜で浮いてる感じはなくもないですけども。

こいつ自体は後半の路線変更とかなくても出てきたんだと思うんですが、その場合展開はどうなってたのかが気になる。

あとアームド響鬼、その手前に響鬼紅という色が同じく赤の中間形態みたいなのがあるせいでせっかくの派手さが1ランク抑えられてしまった感じが。

それはそれとして響鬼紅って当時あんまり興味なかったんですが(色以外とくに変わらないし目の部分が黒になってるのがなんか日和った感あるため)、今見ると良い色してますね。色しか変わってないのも逆に珍しくて良い気がしてきた。

飾る用のフィギュアということで直立、小さめです。

来週ギルス売ってたらまた確保してきます。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です