オタクは図書館を活用しよう〜CDもDVDもマニア本も〜

皆さん、図書館に行ってますか?

図書館といえば、

  • 本が小汚いのでなんか触りたくない感じ
  • 一般向けの本ばかりでつまらない

みたいなイメージを持っていてなかなか通わない方も少なくないと思います。

しかしアニメ特撮映画あたりのマニアの方は、行かないのはもったいないです。(自治体に税金も取られてるわけだし)

ツタヤやゲオにないCD・DVD・ビデオがある

図書館、地域によっても傾向は異なりますが、アニメや特撮系のCD・DVDも入荷します。

とりあえず仙台、東京、岐阜では色々入ってきたのをこれまでの人生で確認済み。

知名度がそこそこある作品は図書館で探そう

流石に最新のテレビアニメのDVDやCDが片っ端から入荷することはありませんが、そこそこ知名度がある一般向け作品なら入ることがある

旧作も探してみると色々在庫があって、例えばサクラ大戦のTV版CDや天才バカボンのCD(没主題歌がいっぱい入ってる)なんかは図書館で見かけました。

「ジェッターマルスの主題歌が入ってるCDないかな」と思って調べたら手塚治虫主題歌集があったり。

人気があってマニア向けの作品だと、ガンダム系のCDはけっこう図書館にも入ってきます。(現在AGEとSEEDのを個人的に予約中)

映画や人形劇、児童向け作品のVHSは図書館にあるかも

図書館には視聴覚資料閲覧コーナーがあり、その場やレンタルして自宅で映像作品を楽しめます。

図書館はツタヤだと10年前には撤去されたようなVHSも豊富

30~90年代のメジャーな映画なら、よほど酷い場所でない限り置いてます。(00年代以降は超大作系のDVDが若干ある程度)

古い東宝・東映・大映あたりの邦画は、現代だと埋もれているようなのも監督や題材がメジャーなら置いてある可能性が高い。

ツタヤでレンタルしていない、三国志やプリンプリン物語、平家物語、新八犬伝などのNHK人形劇も図書館向けにDVDが提供されていたり。

そしてネットオークションなどにもなかなか出回らない、90年代くらいまでの児童向けコンテンツのVHSも図書館にならある。

  • バーバパパ世界を回る
  • パットとマット
  • ウィリアムズ ウィッシュ ウェリントンズ
  • 知能アップ
  • ポヨヨンのやつ

これらをおっさんが借りて楽しく見る状況って若干ヤバい気はしますが、DVDが出てない児童向け作品を探しているならとりあえず図書館をチェックしてみてくれ。

図書館にはマニア向けの本も入荷する

アニメは厳しいですが、実写の映像作品関連のマニア向けムックは図書館に入ります。

例えば特撮なら、ゴジラとかウルトラマン系の本がよく入ってくる。

一般向けであればあるほど入ってきやすいので、角川映画とかの解説本も見かけやすいですね。

大学時代は基本的に映画系の本なら全部大学の図書館に行けば借りられましたが、地方に舞い戻った今こういったタイプの本を買わずに読みたい場合は地元の図書館に頼らざるを得ない。

仙台や岐阜では比較的在庫の充実度が高くて、ありがたかったですね。

暇つぶしに雑誌も読もう

カメラや映画、パソコンなんかの雑誌も図書館に入荷します。

私は映像作品マニアとガジェットマニアを兼任しているので、本屋に行かなくても雑誌の新刊を読めるのはありがたい。

あとは楽天マガジンあたりに加入しておけば、雑誌で困ることはないですね。

図書館に行こうぜ!

老人か勉強しに来た学生が多い図書館ですが、図書館はオタク的にも頼りになる存在。

君も暇つぶしに、図書館に行ってみてくれ。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です