装動仮面ライダーゼロワン AI5.5のライズホッパーを買ってみた

装動仮面ライダーゼロワンで買ってなかったバイク、ライズホッパーがたまたま安く売ってたので買ってみました。

ライズホッパー、本編で「宇宙から送って戻すの大変だから気軽に呼ぶな」と説教されてから全然出なくなっちゃいましたね。

バイクにあまり乗らない平成ライダー自体は今まで多かったですが、令和のゼロワンもかなり乗ってない印象。(乗ってるシーンの印象も薄い)

組み立てとシールはかんたん

ライズホッパー_付属品

ジオウのバイクもこんな感じでしたが、前と後ろとハンドルを付けてシール貼れば完成です。

ライズホッパーを見てみる

ライズホッパー_本体1

うん、大部分は塗装済みだしシールも貼りやすい部分がほとんどで良い感じでした。(と言いながら後ろのシール破けたけどね…)

ライズホッパー_本体2

半額の300円くらいで買ったんだけど、フィギュア乗せられるサイズで300円台なら最高ですな。

定価の650円(税抜)でも、バイク自体が大きいからとくに損な感じはないですが。

ちなみにAI5.5はバイクと3箱完成のブレイキングマンモスで構成されてるんだけど、色々な店を見た限りではバイクのが余ってる印象。

3箱完成のマンモスはまとめて買うから意外に余らない感じなのかな?

走れハイウェイどこまでも

ライズホッパー_ゼロワン

ゼロワン乗せてみた。

どうしてもうまく乗れないから角度でごまかしてるけどごまかしきれてない。

ライズホッパー_ゼロワン前

結局こういう風に手前に置いておくのが一番な感じはある。

そんなわけでライズホッパーでした。

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です