品薄が解消されつつあるボトルマンのコーラマルを買ってみたのでレビューするの巻

コーラマル外箱

ボトルマンは昨年発売されたビーダマンの最新版みたいなやつなんですが、とにかく品薄でしたよね。

私は発表時点で「安く見かけたら1個くらいは欲しいかな」くらいの印象だったんですが、あまりに転売されてるからちょっと引いてしまってしばらくスルーでした。

最近徐々にジャスコで見かけるようになってきたので、コーラマルかアクアスポーツの通常版を見かけたら買おうと思い三週間くらい経った本日、ついにジャスコでコーラマルを入手です。

コーラマルを組み立てる

ボトルマン袋

そういえばベイブレードとか昔のビーダマンもそうだったんですが、ボトルマンって組み立て式なんですね。

といっても本当に簡単なパーツはめ込みだけで完成、5分もあれば組めます。

コーラマル前面
シールは目以外貼ってない状態

まぁほんとにオーソドックスなやつですね、コーラマル。

思ったより落ち着いた色してるな…と思いました。シールほぼ貼ってないせいかも。

コーラマルのサイズ

昔のスーパービーダマンとおそらく同じ大きさです。

コーラマル背面

ちょっと驚いたのが背面の仕様。がらんどうです。

コーラマルのスロット

考えてみたらそりゃそうですよね。ボトルキャップってでかいし、このくらい余裕ないと入れられませんわ。

ビーダマンと比べると内部がスカスカだからか収まりが微妙に悪くて、「装填されてる感」が薄い印象。

ちなみにキャップは1つしか入れられません。上の画像でも見えてますが、上部に出っ張ったパーツがあるので。

ボトルマンのキャップ

キャップは頭につけるのと撃つのの2つが付属してます。あとは市販のジュースのを使うか、売ってるのをまず見かけない硬式キャップを使おう。

実際に撃ってみた。とりあえずテキトーに撃っても3mくらいは飛びますね。

かなり押し込むバーがキツイです。絶対いずれぶっ壊れるぞこれ。

しかしその押し込んでギチギチ音が鳴っていく感覚が心地良い、これは楽しいですね。

おそらく何体も買うとかはないですが、とりあえず1体持っておいてよかった。

まとめ

というわけで、あのボトルマンを買ってみたよというお話でした。

ちなみにシールを貼ってみたんですが、足のシールは位置が窮屈すぎて組み立て後に貼るの無理です。(失敗したから上半身のみにシールがある状態になってます)

組み立て前に貼った方が良いですねこれ。

なおボトルマンの売り場ですが、レジ前とかに特設コーナーがあるか雑にベイブレードとかダイの大冒険みたいな男児向けおもちゃコーナーの隅にある傾向にあります。

品薄すぎてまともなコーナーがないのが基本みたいになってるのが、なかなか悩ましいですね。下手すりゃ売ってても見逃します。

ちなみにAmazonでは、たまにコーラマルGOLDが入荷しているのは見かけます。プレ値で買うほどのものでもないと思うし、気長に在庫が潤沢になるのを待つのも手。(というか1,000円しないおもちゃを1,300円とかで売ってちゃんと儲かってるのか?転売している人は)

電子レンジマン

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. Callistocythere より:

    ボトルマンのロゴって飲料というよりは洗剤のそれに見えるの私だけなんでしょうか。どうでもいいですけど。

    • 電子レンジマン より:

      コメントありがとうございます!
      たしかにロゴが洗剤(アタック)っぽいですよね。

      箱も飲み物っぽい雰囲気を醸し出そうとしてる形状っぽいんですが、結果としてお店で目立たなくて探しづらい問題が起こってる感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です