2019年度ベスト食玩フィギュア大賞の発表です!

2019年も食玩のフィギュアを色々買いました。少し早いですが、今年買ってよかったおもちゃ第1位を発表です。

2019年は仮面ライダージオウ&ゼロワンとリュウソウジャー、あとスタートゥインクルプリキュアやウルトラマンタイガも放送されてました。

数ある中から選ばれた、第一位がこれだ!!

仮面ライダービルドの創動ガーディアンです。

2年遅いわって話なんですが、今年だけでこれ10個以上買ってますからね。

電子レンジマン氏的には、文句なしに第一位です。

戦闘員のフィギュア自体は、カッシーンやポーダマン、あとSHODOのショッカー戦闘員なども出てますよね。

なぜここまでガーディアンばかり買うかというと(厳密にはSHODOのも合計20個くらい買ってますが…)、

  • 安い
  • 動く
  • デザインが良い
  • 頑張れば改造して無可動フィギュアの頭を乗っけられる(実践はしてない)
  • シールが少ないから組み立てが楽

この5点が理由。(ちなみに本来の今年の戦闘員枠であるカッシーンは、1個500円でバリエーションもないかつ本編では事実上普通の怪人なので1体しか買わず)

ガーディアン、やたらめったらラインナップされた結果中古ショップや模型屋でよく見かけますし、余ってるから基本的に1つ200〜300円で買えます。

特に北都(あおいの)と西都(赤いの)は見かけやすいです。

しかもガーディアンはよく動きます。

さらに普通の仮面ライダーとかと違って「服を着ている」デザインなので、頑張れば余ってる南光太郎の頭(装着変身のやつ)とかガシャポンのフィギュアの頭も乗っけられます。

個人的にガーディアンのデザインは近年の戦闘員の中で一番好みでもあり、とりあえず見かけたら買ってます。

ロボなのに服を着てるのが未来感あって良いですよね。

貼るシールが少ないのも良い。(アーマー型と緑色のやつ除く)

ポーダマンも3個くらい買ったんですが、ガーディアン以上に安いメリットがあるもののシールが多くて疲れる難点が。

最終的にはガーディアンを50体くらいにして机を埋め尽くすのが目標。

そういえばドルイドンの戦闘員も最近出たと思うので、とりあえず見つけ次第購入予定です。

Denshirangeman

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です